ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田生命J1リーグ 試合日程・結果
JリーグYBCルヴァンカップ 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
2017キャンプレポート
トップチームスローガン
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンシート
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込みについて
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
2017新規スクール生募集
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
VAMOS Webプレビュー
ダウンロードコンテンツ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
ショップ公式ブログ
応援番組
「ファンパーク」トップ
クイックリンク
リーグ戦試合日程・結果
トップチーム
チケット購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
クラブハウス・練習場
グッズ
会員コンテンツ
ARDIJA NOW TWITTER INSTAGRAM YOUTUBE vimeo

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田生命J1リーグ > 第15節
明治安田生命J1
第15節
 
2017 6/17(土) 19:00
デンカS
アルビレックス新潟
新潟
大宮アルディージャ
大宮
60'山崎 亮平
27'江坂 任
33'江坂 任
TV放送DAZN

アウェイで残留争いの直接対決に勝利

 譲れない一戦だ。6月第2週のブレイクを挟んで2週間ぶりに臨む試合は、明治安田J1第15節・新潟とのアウェイゲーム。勝点8で並ぶ最下位の新潟との対戦は、残留争いの直接対決と言える。伊藤監督の就任以来、ルヴァンカップ・磐田戦を数的不利の状況で勝ち、リーグ戦でも鳥栖戦で先制される展開から引分けに持ち込むなど勝負強さを見せているだけに、勢いを落とすことなく勝ち切りたい試合だ。

 しかし、シーズン半ばで監督交代に踏み切り、浮上のきっかけをつかもうとしているのは相手も同じ。容易な展開にはならなかった。開始12秒でシュートを打たれるスタートから、アーリークロスなどで攻め込まれる序盤となった。ただ、次第にパスワークが機能し始め、球際で激しい攻防を見せながらもペースを手繰り寄せていった。

 横谷が「ペースをつかむのに少し時間が掛かったけど、10分過ぎからは最終ラインからも前線にボールが収まるようになり、ボールを動かせるようになった。ある程度は狙い通りの展開にできた」と振り返ったように、少しずつ攻撃の場面が増えていった。なかなかシュートまで持ち込めずにいたが、チームは焦れていなかった。

 27分、左サイドで押し込むと、和田からパスを受けた江坂がクロスを送るモーションを止めて斜め後ろへパス。大山が放ったスルーパスに、動き直した江坂が抜け出し、左足のシュートで先制ゴールを奪った。利き足ではなかったものの、「思い切りの良いシュートがあまりなかったし、両足に自信を持っているので、振り切って良かった」という江坂の一撃は、試合の流れを大きく動かした。

 33分には、高山の縦パスをインターセプトした相手DFがコントロールミス。そのボールを奪った江坂が正面からミドルシュートを突き刺して追加点と、理想的な展開に持ち込んだ。

 ただ、2点差は最も危険なスコアと言われる。追うチームが1点を奪えば、優位にあるはずのチームがたちまち大きなプレッシャーを受けるからだ。後半が始まると、新潟は守備のプレスを強め、攻撃もパワープレーを仕掛けてきた。

 攻め込まれる場面が増えて61分に失点すると、やはり試合の流れは相手のものに。だが伊藤監督は、63分に清水、68分にマテウスを投入し、苦しい時間帯を積極的な交代策で持ちこたえる。残り5分のところでは山越を投入して5バックへ変更し、どうにかリードを守り切った。

 「後半は、守備のときにセカンドボールが気になって前に出にくくなった。ショートパスばかりで攻めるのでなく一度、相手を裏返して高い位置から守備をする形も織り交ぜた方が良かったかもしれない。ただ、この状況なので、反省点は出たけど、しっかり守って勝点3を取れたことは前向きにとらえたい」。2点差を生かし切れずに苦しんだため、試合の流れをコントロールする部分で課題が残ったが、大山は手ごたえを感じながら改善策をイメージしていた。

 次戦は中2日で天皇杯の初戦を迎え、そこからさらに中3日で、広島とのアウェイゲームが待っている。広島も下位に低迷しており、残留争いの直接対決だ。負けられない試合が続く。今は、まず勝つことが肝心。もちろん完勝が理想だが、勝ちながら修正していけるのは前向きな状況だ。まずは目下の目標である残留ラインへの浮上まで、立ち止まることなく突き進みたい。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

伊藤彰監督会見コメント

「遠くまで、多くのファン・サポーターの皆さまが応援に来てくださりうれしく思いますし、勝点3をプレゼントできたことはすごく良かったと思います。

 前半は自分たちのペースでゲームをコントロールすることができ、2点を取ることができました。後半に入る際に、2-0というスコアは一番危ないので気を引き締めてゲームに入ろうと話をしていましたが、パワープレーで押し込まれている中で失点してしまい、その後バタバタしてしまったところはこれから改善していかないといけません。

 それでも最後に山越をはじめ、交代で入った選手がしっかりと締めてくれたことは、今後につながる一つの材料かなと思います」

選手コメント

MF7 江坂 任 (#7任)
「良い流れの中で、良い崩しができ、1点目が取れました。2点目は相手のミスもありましたが、思い切って振り抜いたのが良かったです。少しショートバウンドになるようなイメージで蹴り、良いコースにいってくれました。今日は自分にボールが入った際に、バラくん、繁くん、啓輔が良いサポートをしてくれました。ファン・サポーターの皆さんには、遠いところまでたくさん応援に来ていただいているし、苦しい中でも応援してくれて一緒に戦ってもらっているので、この後も一緒に勝点を積み上げていければと思います」

DF13 渡部 大輔 (#13渡部)
「相手の左サイドの外国籍選手に特長があったと思いますし、攻め残った彼を使ってのカウンターがあるので、気をつけながらプレーしていました。前半は良いテンポ、良い距離感でボールを回し、相手のスキをうかがいながらプレーできました。また、今日はチャンスで決め切ることができましたし、セットプレーから失点しなかったことも良かったです。90分を通して、前半の戦いができるよう取り組んでいきたいです」

MF15 大山 啓輔 (#15大山)
「後半は僕の上をボールが行ったり来たりして、あまり役に立てませんでしたが、久しぶりの先発でしたし、90分間ピッチに立つことができて素直にうれしいです。前半は得点も奪え、試合運びも良かったですが、課題は後半にあったと思います。あまりつなげませんでしたし、相手がシンプルに放り込んできたこともあり、あまり押し上げられませんでした。それでも、今日は失点を1に抑えて勝点3を取れたことが収穫だと思います」

Twitter

#新潟_大宮

Instagram@omiya.ardija

#新潟_大宮