ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田生命J1リーグ 試合日程・結果
JリーグYBCルヴァンカップ 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
2017キャンプレポート
トップチームスローガン
過去のトップチーム
シーズンデータ
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンシート
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込みについて
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカークリニック
サッカーキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
2017新規スクール生募集
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカークリニック
サッカーキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
VAMOS Webプレビュー
ダウンロードコンテンツ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
ショップ公式ブログ
応援番組
「ファンパーク」トップ
クイックリンク
リーグ戦試合日程・結果
トップチーム
チケット購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
クラブハウス・練習場
グッズ
会員コンテンツ
ARDIJA NOW TWITTER INSTAGRAM YOUTUBE vimeo

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > ホームタウン

清水勇人さいたま市長、さいたま市議会 表敬訪問実施レポート

 2月17日(金)、森正志 代表取締役社長、渋谷洋樹 監督、塩田仁史 選手が、清水勇人 さいたま市長とさいたま市議会を表敬訪問し、2017シーズンの開幕に向けてのご挨拶を行いました。

 まず、市長室を訪問し、清水市長にお迎えいただきました。森社長より「昨シーズンはホームゲームに平均11,800人を超える方にご来場いただきました。リーグ戦ではホーム17試合のうち8試合でチケットが販売予定枚数終了となり、ほぼ満員のスタジアムで選手たちはプレーすることができました。上位に定着できるように、今シーズンも良い試合を見せていきたいと思います」と、お伝えしました。

 続いて渋谷監督より、「始動から大きなケガもなく、来週の開幕へ向けて選手たちは良くやってくれています。選手の入れ替わりはありましたが、誰が出てもプレーのイメージが共有できるチーム作りをしています。昨シーズンまでとは違った形を見せつつ、粘り強く、あわてずに戦いたいと思います」と、チーム作りのお話をさせていただきました。

 そして、最後に塩田選手より、「昨シーズンはしり上がりに調子を上げて勝点を積み上げていくことができ、すごく良いシーズンを送ることができました。今シーズンはもっと上を目指して頑張っていきたいと思います。また、さいたま市には日本一のダービーがありますから、今年は勝利できるように自信を持って臨みたいです」と、意気込みをお伝えしました。

 その後、さいたま市議会議員の皆さまを訪問しました。桶本大輔 さいたま市議会議長をはじめ、さいたま市スポーツ振興議員連盟の皆さま(熊谷裕人 さいたま市スポーツ振興議員連盟副会長、上三信彰 さいたま市スポーツ振興議員連盟副会長)にお迎えいただき、激励のお言葉をいただきました。

■清水市長のコメント
「過去最高だった昨シーズンの結果を考えると目標が控えめな気がしますが、着実に成長していっていただければと思います。失点が少なく、負け試合が少ないのは、“渋谷イズム”が浸透してきたからではないでしょうか。結果が出たことで自信をつけているでしょうし、優勝争いができる力がついてきていると思いますので、ぜひ頑張ってもらいたいと思います」

■桶本議長のコメント
「様々な場面で大宮アルディージャのことが話題に挙がり、さいたま市はサッカーのまちであると日々、実感しています。開幕戦は昨年末に天皇杯で敗れた相手ですし、ぜひ勝利してもらいたいと期待しています。我々も一生懸命に応援していきますので、ぜひ頑張ってください」

関連ニュース

関連タグ