ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

今野浩喜の「タダのファン目線記」

メイン画像


突撃インタビューシリーズ 今野浩喜 vs グラウンドキーパー


今野さんがタダのファン目線でクラブスタッフに逆取材を敢行! 今回の取材したのはアルディージャ練習場の芝生を管理している勝矢さん。いつもの部屋を飛び出して、練習場からスタートしました。

初体験

今野「緊張しますね」

勝矢「はい。普段は芝しか見ていないので……」

今野「十分じゃないですか」

勝矢「これが芝刈り機です。刃は研磨してきたところなので、指で触ると指が切れます。2つの刃が回って芝を刈る感じです」

今野「長さ調整は?」

勝矢「ローラーの高さを変えると刃の間に出る芝の長さが変わるので、1mm単位で刈り高を変えています」

今野「イチミリ!」

勝矢「今日は25mmに設定しています」

今野「免許は?」

勝矢「特に要りません。乗ってみますか?」

今野「え〜。恐すぎるよ。そんな簡単には……。車だってオートマ限定ですよ。うわっ、これはクッションがすごいわっ。言葉じゃ伝わらないだろうけど……、すごいわっ」

勝矢「変えられますよ」

今野「初めて乗ったとき、クッションすごっって思わなかった?」

勝矢「(笑)。いや、そんなに。エンジンかけます」

今野「暴走する可能性あるよ。あああぁ……、恐い恐い!」
(このあと、室内に移動してインタビュー開始)
今野浩喜コラム2

芝生が好きな女子高生

今野「どうも今野です。始まりました」

勝矢「勝矢です」

今野「失礼ですけど、おいくつですか?」

勝矢「29歳です」

今野「何歳から、この仕事を?」

勝矢「22歳で大学を卒業して、そのまま会社に入りました」

今野「この仕事に興味を持ったのは?」

勝矢「高校3年の頃です」

今野「女子高生がグラウンドキーパー……。タピオカでしょ。女子高生は」

勝矢「私の時代は、まだ……」

今野「今だったらタピオカキーパー? になるんでしょうけど(笑)」

勝矢「あははは……」

今野「どうやって知ったんですか?」

勝矢「グラウンドキーパーという名前は知らなかったんですが、高校生のときサッカーをやっていたし、芝生にも興味があったので。造園屋さんになりたかったんです。庭師とか格好いいなって」

今野「すごいな。自分の歴史ですね」

勝矢「そうですね(笑)」

今野「でも、もっと職人感を出した方が……」

勝矢「うちの会社は着ないんですよ。危ない現場もあるので、日本の造園屋さんって長袖長ズボンが基本ですけど。上着は襟付き。私からしたらあんまり格好よくないというか、だけど、うちの会社は何て言うんですかね」

今野「スポーティーな?」

勝矢「それがいいなと思いました」

今野「でもね、ねじり鉢巻きとか」

勝矢「昔ながらの?」

今野「1回してもらいたいですね。すごみが違いますからね」

勝矢「基本的に、あんまり目立っちゃいけないんで(笑)」

今野「あははは……。目立っちゃいけないんですか?」

勝矢「ダメじゃないですか。目立とうと思ったことないですけど(笑)」

今野「職人さんだって、目立とうとしてあの格好しているわけじゃないですけどね」

勝矢「ねじり鉢巻きは……見たことないですね(笑)」

今野「やっていいと思いますよ」

勝矢「1回社長に話を持っていってみます」
今野浩喜コラム3

思ってたのと違う

今野「今日、話を聞くのは50歳以上の若干白髪の人だろうと想像していたので、年齢を聞いて驚きました。見た目、大学生じゃないですか」

勝矢「20歳くらいに見られますね。いまだに」

今野「俺の年齢、知ってます?」

勝矢「すみません」

今野「いくつくらいに見えます?」

勝矢「35歳くらい?」

今野「もうすぐ41歳なんですけど……、遠からず近からず(笑)」

勝矢「すみません。中途半端でした(笑)」

今野「若くは見えているけど、ずば抜けては若くない(笑)」

勝矢「昔からテレビで見ている印象があるので……20代じゃないかな、と」

今野「クイズの出し方として、そんなに若いわけないですもんね。ただ、あまりに本気に当ててきたから(笑)」

勝矢「すみません。空気読めなくて」

今野「いや、読まなくていいんですよ。芝さえ読んでもらえれば」

勝矢「あははは……」

今野「この仕事、何から始めるんですか?」

勝矢「先輩のサポートです。黒いバケットを開けて芝を取って、掃除をする。芝生を一面刈ると90Lの袋が5袋とか、多いときは10袋になります」

今野「へぇ……、重いですよね」

勝矢「重いです」

今野「芝生は2種類生やしているんですか?」

勝矢「夏芝が一面ベースにあって、そこに冬芝の種を蒔いて、2毛作みたいな感じですね」

今野「同じ芝じゃないんですね」

勝矢「そうですね。関東は夏芝と冬芝の2種類でやっているところが多いですね」

今野「へぇ……」

勝矢「最初に夏芝を張って、秋に冬芝の種を蒔くんです。そうすると夏芝の間から冬芝の芽が出てくる。それで、夏芝自体は11月くらいには茶色くなるので、そのままだと冬場茶色くなっちゃうんで、緑色を保つように冬芝の種を蒔くんです」

今野「これまで、何か失敗したことあります?」

勝矢「ありますね。肥料の選択とか」

今野「肥料の選択って結構、後引く間違いになりそうですね……」

勝矢「そうですね。タイミングと種類と量を間違えると、思った方向と180度違う方向に行っちゃうこともありますね。でも、そこで正解は分からない。去年やって大丈夫だからと言って同じやり方をすると、ダメなこともある。気温も天候も違うから」

今野「危ういですね。芝って」

勝矢「だから何十年やっても、失敗し続けないと分からないと思います。その年その年の取り巻く環境とか天候に左右されるので。あとは監督が代わったりすると……」

今野「えぇ、練習の仕方で肥料の量を変えたりするんですか?」

勝矢「そういうこともあります。サブグラウンドばっかりを使う監督もいるので」

今野「言った方がいいんじゃないですか監督に。『芝に関わってくるので、もうちょっと場所を変えてやるなり。ずっとやるなら先に言ってくれ』と(笑)」

勝矢「こういうリスクがあるとお伝えするなど、チームの方とはコミュニケーションは取っています」


ジェネレーションギャップ

今野「ところで、生まれたときにJリーグがあったわけですか?」

勝矢「いや、まだ……」

今野「でもすごいですよ。物心ついたときにはプロサッカーがあるわけですから」

勝矢「そうですね」

今野「日本にサッカーは『キャプテン翼』しかなかったですから。だいたい、芝生でやるスポーツがなかったですよ。良かったですね」

勝矢「そうですね。この時代に生まれて(笑)」

今野「だから、瑞穂でのストイコビッチのリフティングとか、今後起きないでしょうね」

勝矢「すみません。ちょっと分からないです(笑)」

今野「えぇ!? 分からないんですか。みんな知ってますよ」

勝矢「そうですか。じゃ、今日You Tubeで(笑)」

今野「あははは……。雨でグラウンドに水が溜まるとドリブルできないじゃないですか。それでストイコビッチはリフティングで、だいぶ進んでいったんですよ。見てください」

勝矢「分かりました」

今野「革靴のゴールは見ました?」

勝矢「見ました、見ました。監督のときのですよね」

今野「あれもすごいですよね」

勝矢「よかった、ひとつ知ってて(笑)」
今野浩喜コラム4

イライラはしません

今野「ご家族はどういう構成ですか?」

勝矢「父と母と姉です」

今野「グラウンドキーパーの家族っていうのは、どういう……。やっぱり、例えば選手の家族は試合を見に来るわけじゃないですか。試合を見に来たことは?」

勝矢「ないです」

今野「えっ!」

勝矢「グラウンドキーパーになってからはないですね」

今野「一目、見たくないですかね」

勝矢「スタジアムを管理していたとき、少しテレビに映ったときに電話はきました」

今野「選手どけよっ、みたいな。娘が見えない(笑)。対戦相手に合わせて、芝の長さを変えてくれって監督がいると聞きますが、それはあるんですか?」

勝矢「言われたことはありますね。次は長めだから、できたら長めがいいなって」

今野「短めはできますけど、長めは急にはムリですよね」

勝矢「そうですね。芝を刈らないくらいで」

今野「そんなに違うもんですかね、芝の長さで」

勝矢「違うみたいですね。あとは芝の種類とか。ボールの走り方が違うらしいです」

今野「ボールが止まるとか?」

勝矢「長いとそうなのかもしれないですね。雨だと滑るとか」

今野「イライラしないですか?」

勝矢「しないですね(笑)」

今野「なんでもいいからやれって思いませんか?」

勝矢「いや……」

今野「だって、役者が『舞台の高さを3mm上げてくれ』とは言わないでしょ」

勝矢「言わないですね。でも、違うんじゃないですかね。私には分からないですけど」

今野「何か要望はないですか?」

勝矢「要望ですか。芝の状態を見て、その都度相談はさせてもらっています。提案して、最終的に決めるのはチームの皆さんですけど」

今野「優しいですね」

勝矢「厳しい方がいいですか?」

今野「要望が通らないこともありますよね」

勝矢「でも毎回毎回、逆のことをしてくるわけじゃないので……」

今野「それは良かったです。文句はないですか?」

勝矢「大丈夫です。勝ってもらえれば何よりです」

今野「それですよね、結果が出ればね。最近のチームくらいだったらいいですか」

勝矢「そうですね。うれしいです」

今野「何か言い足りないことはないですか? サインは書きますよ。そもそも、俺のこと知ってますか?」

勝矢「はい」

今野「知らないで頼む人がいますからね。どう思いますか?」

勝矢「失礼ですね」

今野「最近すごかったのが、『お金を貸す人』って言われた」

勝矢「え?」

今野「例のCMを見たんでしょうね」

勝矢「あぁ、そういうことか(笑)」

今野「じゃ最後、お仕事頑張ってください」

勝矢「ありがとうございます」

今野「芝刈り機の刃に気をつけてください」

勝矢「わかりました(笑)」

今野浩喜コラム5

インタビュアー:今野浩喜
構成:粕川哲男