ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

今野浩喜の「タダのファン目線記」

メイン画像


突撃インタビューシリーズ 今野浩喜 vs 運営担当


今野さんがタダのファン目線でアルディージャの関係者に逆取材! 今回は運営担当の原木壮輔さんをお迎えしました。話はなぜか途中からそれて、今野さんの最近の趣味に……。


コロナ禍の運営事情

今野「どうも。原木さんって、何度もお会いしてますよね」

原木「そうですね」

今野「何のときでしたっけ?」

原木「確か最初は2014年くらいのファンフェスティバルですかね」

今野「あ〜、スタジアムでゲームをやったり……。そこで司会をしたときですね」

原木「その横で、ちょこちょこやっていました」

今野「ああいうイベントは……、難しいですね」

原木「(笑)。そうですね。やるたびに難しさを感じています」

今野「360度にお客さんがいると、もう、どこを見ていいのか分からなくなる」

原木「それでいて大型ビジョン用のカメラはあるし、目の前にお客さんはいるし」

今野「選手たちは、そのあたりを意識しないで好き勝手やりますからね」

原木「そこが、いいところでもあると思うんですけどね」

今野「すごく振り回された記憶があります」

原木「大変失礼いたしました」

今野「いえいえ(笑)。原木さんは普段、何をされているんですか?」

原木「仕事としては運営担当でして、試合の中でも競技の運営、セキュリティー、皆さんが安心・安全に試合を観戦できるようなスタジアム運営などですね」

今野「セキュリティーというのは、最近では熱を測ったりとかですか?」

原木「そうですね。感染症予防の対策として入館時の検温、手指の消毒などをJリーグのガイドラインに沿いながら、クラブ独自の対策も取り入れて進めています」

今野「独自の対策もプラスしてやっているということですか?」

原木「やはり、何万人も入る大きなスタジアムとでは、入場ゲートの数や大きさ、通路の幅等が違ってくるので、スタジアムの特性に沿った対応をセレクトして、皆さんにご理解いただきながら進めているというのが現状です」

今野「横浜FMの5,000人と大宮の5,000人じゃ、全然違いますものね」

原木「そうなんですよ。70,000人に対してと、15,000人に対してとでは、対応もかなり違ってくると思います」

今野「試合のとき、熱っていうのは、どのように測っているんですか?」

原木「現在はJリーグからサーモメーターを提供されていまして、カメラが37.5度以上を感知した場所は赤く色づくことになっています。それを各ゲートのレーンごとに設置して、その前をお客さまに通っていただいて検温しています」

今野「俺も通っているスポーツクラブで同じように検温したんですけど、38度9分とかね。とんでもない犯罪を犯したかのような音が鳴りましたね。すごく暑い日だったんですけど、どうやら後ろの柱の温度まで測っていたようで……」

原木「ははは……。確かに最初はいろいろありましたが、検温する側も検温される側も、いい意味で慣れてきたというか。検温も消毒もスタンダートになってきていて、いわゆる『ニューノーマル』な状態になってきていると感じています」

今野「いろいろなお店に行って最初に消毒をして、明らかに何もしていないのに、次また消毒液を見ると、ついやっちゃいますものね」

原木「そうなんですよ! やっておかないと、という感じがあります」

今野「手から酔っぱらうんじゃないかってくらいね(笑)」

原木「あははは……」


暇が過ぎてのDIY

今野「それにしても、コロナはなかなか収まりませんね。最近は暇すぎて、昨日なんかDIYをしましたよ」

原木「Do It Yourselfですか。何を作ったんですか?」

今野「収納ボックスに色を塗りました。迷彩カラーを。一昨日1回ハケでやって、昨日、乾いたのを見て触ったら塗料がボロボロボロッと剥がれたので、あらためて塗料を密着させる素材を最初に吹きかけて、そこからスプレーでやりました」

原木「ほ〜」

今野「一度持ってきますね……(迷彩カラーの収納ボックスを披露!)」

今野浩喜コラム2

原木「おぉ! すごいですね。うちのトップチームのユニフォームを入れたいくらい」

今野「いいでしょ」

原木「何時間くらいかかったんですか?」

今野「どうだろ、5時間くらいかな」

原木「職人さんですね(笑)」

今野「塗装は乾くのを待つのが鬱陶しくて、迷彩だからいいかと適当にやりましたけどね。でも、だいぶいいですよね?」

原木「味がありますね。で、何を入れるんですか?」

今野「えっと、これは缶ストーブですね」

今野浩喜コラム3

原木「アウトドアで使うやつですか」

今野「そうですそうです。あとは、こういうコンロとか」

原木「キャンプとかよく行くんですか?」

今野「いや、1回も行ったことないです」

原木「何で持ってるんですかっ!」

今野「何でしょうね。来月くらいに本格的な4駆の車が納車される予定なので、いずれ行きたいなと思って……」

原木「あははは……」

今野「あの〜、この前の(9月9日・明治安田J2第18節)FC琉球戦はすごかったですね」

原木「……すごいと言っていいのか、分かりませんけど」

今野「ずっと見てたんですけど、まるで(2014年ワールドカップの)ドイツ対ブラジルを見ているかのような」

原木「あれ? あれ? って場面が続いて、それが全て良くない方向へ行って、相手に勢いを与えてしまった感じです」

今野「ああいった試合の後、チームの雰囲気はどんな感じになるんですか?」

原木「やはり、結果が出ないと重い空気になりますね。みんな結果を真摯に受け止めて、自己反省をするし、話し合いもするので」

今野「あれくらいの負け方だと、俺ならヘラヘラしちゃいそうですね」

原木「突き抜けちゃう気持ちは分かります。もちろんヘラヘラはできないですけど、私も試合後に一生懸命動いて、片づけを頑張りました」

今野「あははは……。大宮は、定期的に大敗する傾向がありますよね」

原木「……」

今野「何かが、全て悪い方向に噛み合っちゃうんですかね」

原木「まぁスポーツの世界では、それこそブラジルがあの点差(1-7)でドイツに敗れることもあるわけで、何が起きても不思議ではないんですけどね」


最後の締めもDIY

今野「原木さんは、チームの勝ち負けに対して自分の責任を感じるものですか?」

原木「感じちゃいますね。ピッチで僕が試合をするわけではないですが、競技運営という領域の中で、11対11の90分の試合を成立させるための準備をいろいろとしているので。スムーズに試合に入るための環境作りとか、時間のコントロールとか」

今野「なるほど」

原木「結果が全てと言われたらそれまでですけど、みんないい結果を求めて準備して、いい結果を期待して応援してくれているので、結果が出なかったとき、その全員が悔しさを含めて責任を感じるのは、自然なことかと思います」

今野「俺なんか全然関係ないけど、チームの人たちはそういう思いなんですね。ところで原木さん、ご家族は?」

原木「妻、娘3人。それで先週からワンちゃん1匹です」

今野「犬って、種類はなんですか?」

原木「ミニチュアダックスフントです」

今野「名前は?」

原木「ロニーくんです」

今野「何でロニーなんですか?」

原木「その子が6月21日生まれだったんです」

今野「は〜。娘さんたちの名前も、みんな生まれた日に、ちなんでいるんですか?」

原木「いや、そういうわけでもなく……。名前が似ているので時々呼び間違えます」

今野「娘さんたちの年齢は?」

原木「一番上が11歳、小学5年生。2番目が3年生で、8歳。一番下が年中さんで、今年5歳になります」

今野「娘さんばっかりなんですね」

原木「はい。だから、ワンちゃんは男の子をお迎えすることにしました」

今野「娘さんをサッカー選手にしたいという思いは?」

原木「全くないですね」

今野「サッカーに興味もない感じですか?」

原木「いや、最近は結果に興味を持つようになってきました。アルディージャの存在も、僕の仕事も理解してくれていて、試合も見てくれているようです。琉球戦後には、11歳の娘から『失敗は成功のもと』という一言のLINEが届いて、励まされました」

今野「最近、なかなか成功しないですけどね」

原木「……はい、頑張ります」

今野「そろそろお時間ですかね」

原木「あぁ、1時間もしゃべっていたんですね」

今野「中盤15分くらいは、俺のDIYの話でしたけどね」

原木「刺激を受けました」

今野「あとは、1週間くらい前にはスケボーをDIYでテーブルにしました」

原木「え!? 足をくっつけてですか」

今野「そうです。最後、それだけ見て終わりましょうか。ちょっと待っててください」

原木「おぉ。ホントだ。足が3本ですね」

今野「そうなんですよ。4本買ったんですけど1本が不良品で……」

原木「普段使いされているんですか?」

今野「玄関で、この上に靴を置いています」

原木「それはお洒落ですね」

今野「そうなんですよ。じゃ、ありがとうございました」

原木「あははは……。ありがとうございました。またご一緒できるように頑張ります」

今野「こちらこそ、よろしくお願いします」

今野浩喜コラム4


インタビュアー:今野浩喜
構成:粕川哲男