ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

今野浩喜の「タダのファン目線記」

メイン画像


突撃インタビューシリーズ 今野浩喜 vs イラストレーター


今野さんがタダのファン目線でクラブスタッフに逆取材を敢行! 今回は、ホームゲームでのマッチデープログラムの一コマ漫画や、大宮アルディージャマガジンVAMOSの間違い探しを描いている、イラストレーターのタカハラユウスケさんにご登場いただきました。


  • イラスト1
  • イラスト2
  • イラスト3

始まりは2014年

今野「おはようございます。どうも、今野です」

タカハラ「おはようございます。イラストレーターのタカハラです」

今野「よろしくお願いします。えっと、タカハラさんはおいくつですか?」

タカハラ「僕は38歳です」

今野「へ〜、歳下だとは思ったけど……」

タカハラ「今野さんは?」

今野「42歳かな。自分の歳って、パッと出ないことないですか?」

タカハラ「ありますね。最近はあまり数えてもいないです」

今野「そうなんですよね。何月生まれですか?」

タカハラ「2月です。早生まれです」

今野「ははぁ、早生まれだと年齢の感覚が分からなくなりますよね」

タカハラ「ありますね。『今39歳の歳です』的な説明が必要になる」

今野「分かる! 俺は12月生まれなので今度43歳になるわけですけど、すぐ年をまたぐわけですよ。そうすると44歳の年になるので、ワケ分からなくなる」

タカハラ「確かに」

今野「そもそも大宮アルディージャのファンなんですか?」

タカハラ「今は応援していますけど、きっかけは仕事をするようになってからです。それまではチーム自体と有名選手を知っているくらいで、あまり詳しくありませんでした」

今野「仕事を始めたのは?」

タカハラ「2014年ですかね。家長(昭博)選手が来て、FWにはズラタン選手がいました。あとは菊地(光将)選手とか……中村北斗選手、それでシーズン途中から増田誓志選手が加入したはずです」

今野「あぁ……。増田選手が入ったときはテンション上がりましたよね」

タカハラ「そうですね。一瞬でしたけどね」

今野「はい……。一瞬と言えば、グラウもいましたね(2006シーズン)」

タカハラ「ジュビロにいた選手ですよね」

今野「そうですそうです。じゃ、もともとサッカーをやっていたとか?」

タカハラ「いや、全然やってないです。こういう仕事をしていると経験者だと思われて、フットサルとか呼ばれるんですけど、絶対に行かない。必ず断るようにしています(笑)」

今野「あははは……。もともと運動は?」

タカハラ「やってないですね。帰宅部でした。完全に」

今野「運動と言えば体育くらいですか」

タカハラ「そこを掘り下げると、仕事がなくなりそうですけどね……」

今野「いやいや、そんなことないでしょ(笑)。サッカーを見始めたのは?」

タカハラ「98年のフランス・ワールドカップ予選、ジョホールバルのころですね。その前の“ドーハの悲劇”は、うっすら覚えている程度で」

今野「ドーハは93年だから……」

タカハラ「小学生でした」


俺の方が早い!

今野「最初に好きになったチームとか選手は?」

タカハラ「誰だろう……。やっぱり中田(英寿)選手かな。あとは岡野(雅行)選手とか。それでJリーグを見始めたというより、イングランド代表が好きだったんですよ」

今野「98年頃のイングランドっていうと、ジェラードはまだいないか」

タカハラ「いなくて、ベッカム、スコールズ、キャンベルとか……」

今野「シェリンガム」

タカハラ「そうです。シアラーとシェリンガムの2トップでしたね」

今野「はいはい。ネビル兄弟」

タカハラ「それで、GKがシーマン」

今野「シーマンっていうのは、ずっと大したことなかったですね」

タカハラ「あははは……。確かにシーマンがすごいと思ったことはなかったですね。僕もずっと、どうしてこの選手なのかなと思っていました」

今野「そうですよね。見た目はうまそうなのに。2002年のワールドカップは酷かった」

タカハラ「あの、ロナウジーニョにFKを決められたやつとか」

今野「シーマンのハイライトですね」

タカハラ「あれが一番覚えているというか、あれ以外は思い出せない」

今野「外国人の選手は絶対に耳に届かないだろうと思って、悪口を平気で言えるってところがありますね(笑)」

タカハラ「あははは……。日本人の選手には届く可能性がありますからね」

今野「イングランド代表で、特に好きだったのは?」

タカハラ「ジェラードが好きでした。(2005年に)チャンピオンズリーグで優勝したときのジェラードが本当にすごいと思って……」

今野「ちょっと待っててもらっていいですか(と席を外す)。これ、どうですか。カッコよくないですか(ジェラードのリバプールのユニホームを持って登場)」

<b>今野</b>浩喜コラム2

<b>今野</b>浩喜コラム3

タカハラ「しかも、(2004年までつけていた)17番じゃないですか」

今野「そうなんですよ」

タカハラ「いいなぁ、それ。(胸スポンサーが)カールスバーグのころがいいですよね」

今野「ジェラードを好きになったのは俺の方が早いってことでいいですか(笑)」

タカハラ「それを出されたら、認めざるを得ません(笑)」

今野「17番ですからね」

タカハラ「僕がさっき出したエピソードのときは、もう8番でした」

今野「僕ね、海外の選手で最初に好きになったのがジェラードなんですよ」

タカハラ「そうなんですね。僕は、この人(と言いながらDVDを出す)です」

  • <b>今野</b>浩喜コラム4

今野「(ロベルト)バッジョ! 今、どこから出てきました?」

タカハラ「本棚に置いてあるんですよ。高校生くらいのときに買いました」

今野「そういう資料がすぐに出てくる。そこがすごい!」

タカハラ「自分でプレーしていなかったので、専門的なところ、戦術とかに踏み込まないようにしているので。その分、ゴシップとか見た目とか。分かったようなことは言わず、分かりやすいところを取り上げていくようにしているので」

今野「なるほどね」

タカハラ「だから資料とかを大切にして、知識だけはつけておこうと」

今野「それが正解ですよね。絶対に」

タカハラ「本当に詳しい人には、なかなかついていけないので」

今野「だから、誰にでも分かるようなことを表現するようにしているわけですね」

タカハラ「見た目とか、昔のエピソードとか、選手の人間性が出ているような部分ですね。僕ぐらいの人がサッカーに関して分かったようなことを言うと、間違えちゃうので」

今野「ははぁ」

タカハラ「大宮の選手を描くときも、細かいところには踏み込まないようにしています」


普通を極めたような顔

今野「今のチーム状況に関しては、どう思いますか(笑)」

タカハラ「……(笑)。点が欲しいですね、やっぱり」

今野「そのあたりに触れないで、モノを描けばいいのか」

タカハラ「点がいっぱい入った方が楽しいですけどね」

今野「最初に描いた選手は?」

タカハラ「え〜、ズラタン選手かな?」

今野「大宮に関係なくだと」

タカハラ「あぁ、自分が好きで描いた最初の選手は、(ロベルト)バッジョかな」

今野「それは何で?」

タカハラ「何でしょうね。見た目も好きで、あのポニーテールが。それでいてあんなにカッコいい。見た目に惹かれて描きました。最初は日本人を描くのが難しかったんです。外国人の方が、要素が多いというか」

今野「最初から仕事で?」

タカハラ「いや、趣味です。昔から絵が好きで、いろいろ描いていましたし、似顔絵描きのようなこともしていて」

今野「路上で?」

タカハラ「そうです。そのとき、サンプルとしてサッカー選手とか芸能人の絵を描いて、飾っていました」

今野「絵のタッチは、今と同じ感じですか?」

タカハラ「いや、全然違くて、もうちょっとリアルというか」

今野「似顔絵って、すぐに描けるんですか?」

タカハラ「20分くらいですかね。だから写真を撮らせてもらって、『20分後に帰ってきてください』と。時間に余裕のある人は、その場に居てもらいますけど」

今野「描いてるときは、どういう空気なんですか?」

タカハラ「こんな感じですよ。『いつからやってるんですか?』みたいな」

今野「『描いてるんで、黙ってもらえませんかっ』ってならないですか?」

タカハラ「ならないですね(笑)。それがやりたくて来ているところもあるので」

今野「人と話すのが好きなんですか?」

タカハラ「そう言うとすごく明るいヤツのように聞こえますけど、知らない人と20、30分話すのは好きかもしれないですね」

今野「描いて一番難しかった選手は?」

タカハラ「やっぱり特徴が少ない選手は難しいですね。顔が薄くて、整っている。例えば、若い頃のフェルナンド・トーレスとか」

今野「ほ〜」

タカハラ「つるっとしてて、髭とかもなくて、バランスだけでキレイというか……(笑)」

今野「確かに、普通を極めたような顔ですもんね。どれぐらい時間かかったんですか?」

タカハラ「もう途中で諦めて、名前書いちゃおうって(笑)」

今野「あははは……。モノマネの人が『森進一です』って言うようなもんですね」

タカハラ「そうです(笑)」

今野「俺の顔って、誰が描いても似るんです」

タカハラ「描きやすいかもしれないですね。いいですね、すぐに覚えてもらえるから」

今野「俺の目線から言うとあんまり良くないのは、向こうは覚えているけど、俺は覚えていないパターンがすごく多い」

タカハラ「なるほど。それは難しいですね」

今野「……そろそろお時間ですね」

タカハラ「えっ、こんな話で大丈夫なんですか?」

今野「そういう疑問は、もうずいぶん前に終わりました」

タカハラ「そうなんですね」

今野「俺も、最初のころは同じように思ってましたよ」

タカハラ「これで大丈夫なのかって(笑)」

今野「でも、結構長いこと続いているんで多分、大丈夫だと思うんですよ」

タカハラ「分かりました(笑)」

今野「腑に落ちない感じがあると思いますけど……」

タカハラ「いやいや、僕は全然大丈夫です。楽しかったので」

今野「じゃ、そういうことで。ありがとうございました」

タカハラ「こちらこそ、ありがとうございました(笑)」

インタビュアー:今野浩喜
構成:粕川哲男