ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH

戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルカメラマンコラム「ファインダーの向こうに」


クラブ公式サイトなどで目にするアルディージャの写真は、その多くがプロのカメラマンが撮影したものです。彼らが試合中に見ている選手たちの姿は、スタンドから見ているそれとは少し違います。ファインダー越しにしか見えない風景を、クラブオフィシャルカメラマンが綴ります。


「ファインダーの向こうに」メイン画像


Vol.001 早草 紀子

新たな可能性

 カメラを構えていると、確保できる視野は非常に狭い。だからこそ、ファインダーの中に映る情報に集中できるとも言える。

 今シーズンは新しいスタイルへ挑戦しているため、開幕から間もないこの時期は、これまでと違う動きをする選手たちを把握しなければならない。頭の中をフラットにしているつもりでも、どこかでこの選手はこういう動きをするだろうというイメージが抜け切らないためか、選手たちのプレーに少なからず翻弄されるときがある。

 そんな時間帯がまた面白かったりするのだ。「こんな動きをするのか」と、驚きと高揚感が交じり合う中で、時に追いかけ、時に待ち構えるようにその姿をとらえていくのは、この時期ならではの醍醐味かもしれない。

 3月10日に行われた徳島ヴォルティス戦では、畑尾大翔のこの表情に、新しい形の可能性を教えてもらった。展開が切り替わり、最終ラインでボールを持った彼。いつもなら、少し持ちながら前線のスペースを探る。うん、途中まではいつもの感じだ。そうそう、そこまで運ぶと、次は……。

 ここから、次の組み立てに絡む選手へ視野を切り替えるのが通常である。このときも、そうするつもりだったが、渡部大輔へボールが渡ったとき、「あれ? まさか上がる気ですか?」と一瞬で察知させてくれたのが、畑尾のこの表情だった。

 次の瞬間、彼は右サイド前方を目掛けてかけ出した。「本当に走った!」とワクワクしながら、思わず全力疾走する彼をファインダーで追跡してしまった。残念ながら、その狙った場所にボールは出てこなかったが、今年はこのパターンも出てくるのか。心してかからねば。

 こういう発見ができるこの時期は、やっぱり面白い。


早草 紀子 (はやくさ のりこ)
兵庫県神戸市生まれ。東京工芸短大写真技術科卒業。1993年よりフリーランスとしてサッカー専門誌などへ寄稿する。2005年から大宮アルディージャのオフィシャルカメラマン。