ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
ファインダーの向こうに

クラブ公式サイトなどで目にするアルディージャの写真は、その多くがプロのカメラマンが撮影したものです。彼らが試合中に見ている選手たちの姿は、スタンドから見ているそれとは少し違います。ファインダー越しにしか見えない風景を、クラブオフィシャルカメラマンが綴ります。

「ファインダーの向こうに」メイン画像


Vol.007 早草 紀子

さまよう感情

 J1参入プレーオフ・モンテディオ山形戦が、終わった直後の櫛引一紀選手を捉えた1枚だ。

 この数十秒前まで、ピッチ上ではさまざまな感情が交錯していた。試合終了と同時に線引きされた歓喜と落胆。オレンジ色に染まった観客席の熱が急速に冷めていくのが、カメラ越しにも伝わってくる。

 それはピッチ上でも同じだ。挨拶が終わると、いつもの場所に選手たちが集まってくる。言葉を交わすものはない。当然のことながら、その足取りは重い。

 勢いが増していく山形の攻撃陣と対峙し続けた櫛引選手。相手のスピードを削ぎながら間合いをはかり、侵入を防ぐ。展開が転じればすかさず最終ラインを上げ、攻撃陣を動かすパスも生み出した。それでもJ1への扉を開くことはかなわなかった。

 ドリンクボトルにも手を伸ばさず、タオルを握り締める。この瞬間、おそらく彼の周りから全ての音が消えていたのではないだろうか。脳裏に巡るのは悔恨か、はたまた完全なる“無”か――。

 呆然と座り込む姿に、感情の落としどころが見つからないのだろうと想像しながらシャッターを切る。彼の感情がようやく動き出したのは、ゴール裏に移動したときだ。悔しさをにじませるように険しい表情を見せながら、深々と一礼した。

 思えば第39節・柏レイソル戦を制してからプレーオフまで、常にギリギリのところでJ1復帰への可能性と向き合ってきた。選手の姿をカメラで追いながら、平常心を忘れ、激しく一喜一憂することもままあった。諦めかけては、いやまだまだ! と奮い立たせる日々は約1カ月にも及んだ。

 2年連続の結果を受け止めるのは簡単ではないけれど、来年は歓喜の瞬間を思う存分切り撮らせてもらうことにしよう。


早草 紀子 (はやくさ のりこ)
兵庫県神戸市生まれ。東京工芸短大写真技術科卒業。1993年よりフリーランスとしてサッカー専門誌などへ寄稿する。2005年から大宮アルディージャのオフィシャルカメラマン。