ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
ファインダーの向こうに

クラブ公式サイトなどで目にするアルディージャの写真は、その多くがプロのカメラマンが撮影したものです。彼らが試合中に見ている選手たちの姿は、スタンドから見ているそれとは少し違います。ファインダー越しにしか見えない風景を、クラブオフィシャルカメラマンが綴ります。今回は長年、女子サッカーを取材し続けている早草紀子さんが、新生・大宮アルディージャVENTUSと鮫島彩選手を紹介してくれました。

「ファインダーの向こうに」メイン画像


Vol.016 早草 紀子

鮫島彩の大胆な仕掛けから目が離せない

 いよいよ大宮アルディージャVENTUSの船出だ。今秋に開幕する日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)参入が決まってから約4カ月。2月6日に大宮Vの新体制が発表された。佐々木則夫総監督、岡本武行監督、そして、コーチには大きな潮目を作ってくれそうな元なでしこジャパンの大野忍氏を招聘し、伸びしろしかない25名の選手たちとともに大宮Vを形作る。

 WEリーグ発足に一肌脱いだ形の佐々木氏が関わる女子チームとあって注目されていたが、最も衝撃的なニュースとして取り上げられたのはINAC神戸レオネッサからの鮫島彩の加入ではなかったか。現在のなでしこジャパンの中心選手でもある鮫島の移籍にザワつくのも無理はない。

 鮫島は2011年、日本中を沸かせたFIFA女子ワールドカップ優勝時のメンバーであり、代表監督だった佐々木氏が彼女を引き上げたと言っても過言ではない。おそらく“則さん節”で口説き落としたのだろうと思っていたが、移籍決断に至る経緯を聞き、感服した。オファーを受けた際に、彼女の方から環境面から立ち上げの経緯まで詳しく聞き出し、さらにはフロントスタッフや広報活動などまで、クラブに関わることを「知りたい」と興味を示したのだ。いや、興味という言葉では表現が生易し過ぎる。完全にそこに入って行動する覚悟を持っていたのだ。こんな選手はなかなかいない。

 私が最初に彼女を撮影したのは10代のころ。当然のことながらまだ若く、率先して責任ある発言をするタイプには見えなかった。そのころからは想像がつかない着地点だ。東日本大震災やワールドカップ制覇、初の海外移籍、ロンドン・オリンピック――。月日が、経験が、彼女を強く大きくした。その全てを持って、新しく立ち上げる大宮Vという未知なる可能性に懸けようとしている。

 記者会見では、時に鋭い視線で確固たる意志を伝え、時にユーモアを交えながら笑いを誘う。さらにガッチガチに緊張する若手選手にも合いの手を入れて和ませる。その一連のふるまいに、ベテランの神髄を見た気がした。さすが百戦錬磨! 隣の席で一緒にチャチャを入れていた同期の阪口夢穂の存在も大きい。軽口を挟みながらも鮫島を立て、さりげなくコメントを助ける様も絶妙。これも苦楽をともにしてきた同期だからこその信頼と実績のなせる業だ。ちなみにバラしてしまうと……会見が終了した途端、堂々としていたベテランたちも「やりきったー!」と緊張を一気に緩めていた。


Vol.016 2枚目

 WEリーグは女性活躍を理念においている。壮大なテーマだけに、実際にはどこから手を付けるべきか悩ましい難題なのだが、そこが鮫島にとっては最大の興味ごとらしい。「これから選手たちと話し合って、企画をチームに持っていこうと思ってるんです」とニッコリ。ちょこっと話を聞いただけでも本気で、様々なアイデアを持っていた。おそらくここから選手たち自身で考え抜いた企画が次々と実現していくはずだ。

 リーグ開幕は秋だが、4月にはプレシーズンマッチも予定されている。大宮アルディージャに新たに芽生えた蕾(つぼみ)たちが、どんなことを仕掛けてくるのか、ぜひ皆さんお楽しみに!




早草 紀子 (はやくさ のりこ)
兵庫県神戸市生まれ。東京工芸短大写真技術科卒業。1993年よりフリーランスとしてサッカー専門誌などへ寄稿する。2005年から大宮アルディージャのオフィシャルカメラマン。