ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

マンスリープレーヤーインタビュー

マンスリープレーヤーインタビュー 石川俊樹

10年越しの思い

 迷いは、なかった。

 「大宮アルディージャからオファーが来たら、僕は断ることなどできなかったです。カテゴリーは関係なかったですね。プロサッカー選手は、そんなに長くできるわけではないですし、ずっと夢だったクラブでプレーするチャンスなんて、ない選手の方が多い世界だと思うんです。そういうチャンスがあるのなら、むしろ行かない方が後悔すると」
  •  NACK5スタジアム大宮が大宮公園サッカー場と呼ばれていた当時から、石川俊輝はオレンジ色のユニフォームに自らの夢を重ね合わせていた。NTT関東サッカー部の試合をゴール裏で観戦し、原崎政人や岡本隆吾らのプレーに熱い視線を注いでいた。大宮アルディージャとなってからは、トニーニョもお気に入りの選手に加わった。中学入学時にアルディージャのJr.ユースのセレクションを受けたのも、「育ってきた環境の中に、自然とアルディージャがあった」という彼には、ごく当たり前の選択だった。
  • 石川俊樹01
 Jr.ユースからユースへステップアップしたが、トップチーム昇格は果たせていない。高校卒業後はアルディージャと提携を結んでいた東洋大学へ進学し、卒業後は湘南ベルマーレの一員となった。それでも、胸の中ではアルディージャへの思いが育まれていった。  14年から18年まで在籍した湘南は、曺貴裁監督の下で独自のスタイルを構築している。選手が成長できるクラブとの認識は多くのJリーガーが共有しており、石川自身もプレーヤーとしての可能性を拡げてきた。2018明治安田J1は28試合に出場して残留に貢献し、ルヴァンカップ優勝時のピッチにも立っている。湘南で引き続きプレーすれば、さらなるレベルアップが見込めるだけに、彼の決断は驚きをもたらした。

 「湘南で、どこか達成感も出てしまったので、だからこそ、環境を変えるならこのタイミングかなと。体が思うように動かないような年齢で移籍できたとしても、それこそ記念の移籍になってしまう。それだけは避けたかった、というのもありました」

 クラブ生え抜きの選手とは、少なからず縁がある。ユース在籍時にトップの練習に参加した際、実家まで車で迎えに来てくれたのが金澤慎だった。クラブのレジェンドが話題になると恐縮することしきりで、「憧れの選手でしたし、当時も今も変わらずに、本当に優しい方です」と、本人がいないのにペコリと頭を下げるほどだ。

 2学年上の渡部大輔は「雲の上の存在でした」と言い、今度は背筋を伸ばした。「世代別の日本代表に入っていましたし、3年生のときはJユースカップの得点王にもなっています。同じピッチに立てるなんて、当時は想像もできなかった。話し掛けることなんて、できなかったですから」。

 今もまだ、渡部に話し掛けるのは「緊張します」と笑う。


全てはチームのために

 高木琢也監督が採用する[3-4-3]システムには、湘南でなじんできた。石川自身も「やりたい大枠はそれほど変わらないので、意識の部分で変える必要のないところが多かった」と言う。「高木さんが指揮していた去年のV・ファーレン長崎は、球際と攻守の切り替えが特長だと感じました」とも話すが、それこそは石川のストロングポイントである。ボールの奪い合いにクリーンかつ激しく挑み、攻守の切り替わりで足を止めないのだ。
  • 石川俊樹02
  •  「湘南でもそうでしたが、僕は一人でどうこうできるタイプ、目立つタイプではないです。チームが勝つことへの責任とか闘志は強く持っているので、本当に僕がどうこうではなく、チームが勝てばいい。それは、ピッチに立っても立っていなくても変わらない部分で、チームの結果が最優先であることに変わりはないです」  確かに彼は、勝敗に決定的な影響を及ぼす選手ではないかもしれない。ただ、ボランチでもその他のポジションでも、情熱と技術の全てを試合に注ぎ込む。オンザボールでもオフザボールでも、一つひとつのプレーでチームメートをつなぎ合わせ、攻撃と守備をスムーズにしていくのだ。
 アカデミー出身の経歴とJ1でタイトルをつかんだ実績、それに高木監督のシステムにマッチするプレースタイルが、石川への大きな期待につながっているのは間違いない。さらに加えて彼は、14年と17年のJ2でJ1昇格を経験している。

 「14年は大卒1年目で、あまりチームに関わることはできなかったですが、17年はシーズンを通して試合に出ることができました。J2で優勝して昇格しましたが、楽な試合なんて一つもなかった。どのチームも『湘南に一泡吹かせてやろう』という感じで臨んできていた。地に足を着けて戦わないと、足元をすくわれるのがJ2です。プライドとか自信を持つのは大事ですが、それが過信になってはいけない。自分たちが100%の力……いえ、今年のスローガンの121%を出し切ることだけを、考えるのが大事かなと」

 J1復帰への戦いの第一歩──開幕戦が、いよいよ近づいている。
  •  「さっきもお話ししましたけど、試合に出る、出ないとは関係なく、チームの勝利のためにできることは多々ある。勝点3につながる可能性があるなら、思ったことも率直に口にします。それも、試合に出る、出ないで温度を変えちゃいけないと思っています」
  • 石川俊樹02
 静かで穏やかな決意表明は、揺るぎない意思を感じさせるものだった。ユース以来、実に10年ぶりとなるオレンジのユニフォームに袖を通し、NACK5スタジアム大宮のピッチに立つ石川に、一切の迷いはない。


石川俊輝選手 関連グッズ