ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

マンスリープレーヤーインタビュー

マンスリープレーヤーインタビュー 大山 啓輔

背負うものの重み

 何気ない言葉が、彼の心の襞を刺してしまった。

シーズンインからのチームの状況をたどっていく中で、「何と言っても生え抜きですし、背番号15ですし」と会話をつなぐ。自身を形容する代表的なフレーズに対する大山啓輔の反応は、予想をはるかに上回るものだった。
  •  「プレッシャーは……ありますね。プレッシャー、責任感、自覚……。そうですね……、人と同じことをしていてもダメなんだろうなと思います。やっぱりこの自分の立場、境遇でしかできないことをやっていかなきゃいけないと、すごく感じていて。自分にできることを探していく作業が、今は続いているというか。この立場で、この境遇の自分だからしなきゃいけないこと、できることは何だろうなって、すごく意識するようになってきました」
  • 大山 啓輔01
 ジュニアの一期生としてトップチームに昇格した生え抜きであり、斉藤雅人が着けていた背番号15の後継者でもある大山は、ピッチに立つ以前に期待を背負っている。クラブにとってかけがえのない存在であり、大きな希望であり、未来の象徴でもある。それゆえに私たちは、知らず知らずのうちに厳しい視線を向けているのかもしれない。

 「周りの評価は、どうしても……。見られ方をすごく気にするというか、そういうのを気にしないことも大事かなと思っているんですけど、やっぱり試合に使ってもらったりする中で、生え抜きだからとか、15番をもらっているからとか、そういうふうに思う人もいるんだろうなって。自分が逆の立場だったら、そういうふうに思うときもあるのかなって」

 重圧にも責任も、真正面から向き合っている。これまで逃げたことはなかったし、これからも逃げるつもりはない。ただ、決意とか覚悟といった言葉では足りないぐらいの思いを抱えて、彼はアルディージャのユニフォームを着ている。

 「外から加入してきた選手が試合に出るのとは、やっぱり違う感覚は持っていないといけない。『大宮に来てくれてありがとう』とは、僕の場合はならないので。『結果を残せよ。いつ結果を残すんだ?』という目線で見られているのは、すごく感じる部分です。周囲から認めてもらうには、監督が代わったり、自分を知らない監督が来たりした中でも、試合に出続けていくしかない。結果を残すことでしか、認めてもらえないんだろうなって」

 悲痛な叫びにも聞こえるかもしれない。だが、大山は悶え苦しんでいるわけではない。言葉には確かな力があり、表情は精気にみなぎっている。

 「生え抜きであることや背番号15を着けていることは、自分の良さというか、自分が頑張ってきた証で、大切にしなければいけないものです。時として、それがプレッシャーになることもありますけど、自分でエネルギーに変えていかなきゃいけない。チームメートにも試合を見ている人にも、『コイツが試合に出るのは当たり前だ』と思ってもらえるようなプレーを続けていくことが、僕にできること、やらなきゃいけないことだと思うんです」


とにかく勝ちたい

 ボランチのポジションには、湘南ベルマーレから石川俊輝が移籍してきた。ユースまでアルディージャでプレーした生え抜きの先輩が、ライバルに加わってきた。

 「年齢は少し離れているので、アカデミーでは一緒にプレーしていないのですが、もちろん、以前から知っていました。俊輝くんが湘南の選手だった当時に、練習試合で対戦したこともありました。ボランチを組む選手との信頼関係は、すごく大事です。チームメート全員と信頼関係を構築しなければいけないですが、ボランチ同士は特に大事だというのが僕の考えです。一方で、ライバルでもある。すごく難しい立ち位置でもあるのですが、俊輝くんがアドバイスをしてくれることもあるし、互いがライバルでありながら、いい関係を築けているのかな、と思いますね」
  • 大山 啓輔02
  •  アカデミー出身のボランチは、石川だけではない。レジェンドの金澤慎、期限付き移籍から復帰した小島幹敏、ユースから明治大学を経て新加入の小野雅史も、ポジションを争う候補者たちだ。

     「アカデミー出身の選手だけがライバルというわけではありませんが、下からの突き上げが刺激になっています。一つ下の幹敏や雅史は、危機感を持たせてくれる存在だなって、すごく感じています」

     プロフェッショナルのキャリアは6年目となり、5月には24歳の誕生日を迎える。経験豊富な選手を追う立場でありながら、追われる立場にもなっている。
 「自分の力で、自分を証明していかなければいけないですね。プロは年齢が関係ない世界です。力で認めてもらわないと」

 生え抜きとしての矜持や中心選手としての自覚は、大山という選手を貫く芯である。ただ、何よりも大切なのはチームの結果だ。5節を終えて1勝2分2敗の成績が、餓えた思いを吐露させる。

「今はもう誰が出ても、どんな試合でも、とにかく勝ちたい。それだけです」


大山 啓輔選手 関連グッズ