ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
オフィシャルライター「聞きたい放題」

アルディージャ練習場では日々、様々な取材活動が行われていますが、サッカーと関係のないことはなかなか聞けない場合もあります。このコーナーでは、そんな話も含めて記者が気になる質問を、どんどん選手にぶつけてみます。今回はダヴィッド・バブンスキー選手に、家族について聞いてみました。

「聞きたい放題」メイン画像


Vol.002 岩本 勝暁

町田戦で実現した兄弟対決

――第10節のFC町田ゼルビア戦は、ダヴィッド・バブンスキー選手にとって特別な試合になりましたね。町田に在籍する弟のドリアン・バブンスキー選手と同時にピッチに入りました。
「僕たち兄弟のキャリアにとって、とても重要な機会だったと思っています。弟もすごくうれしかったと言っていたし、家族も喜んでいました」

――タッチラインの外で待っているとき、ドリアン選手の方からハグをしてきたように見えました。
「ハグは愛情の表現ですからね。あのときはライバル同士でしたが、感謝の気持ちと互いの健闘を称え合う意味で、自然とあのような表現になりました。確かに同じJ2リーグですから、いずれ対戦することは分かっていました。ただ、ああやって2人が同じタイミングでピッチに入れるとは思っていませんでした」

――ハグの瞬間、スタンドから拍手が沸き起こっていたことは気づいていましたか?
「もちろん気づいていましたよ。弟と一緒にピッチに立つことでさえ特別なことなのに、ファン・サポーターの皆さんに拍手をしていただいて、さらに特別な機会になったと思っています」
「聞きたい放題」イメージ画像

――ドリアン選手とは普段から仲が良さそうですね。子どものころはどうやって競い合っていたのですか?
「バルセロナに住んでいたころ、家の近くにフットサル場があったんです。そこで何時間も1対1の練習をしていました。自慢したいわけじゃないけど、勝っていたのはいつも僕でしたよ(笑)」

――お父さん(ボバン・バブンスキー)が元サッカー選手で、かつてはガンバ大阪でもプレーしていました。当時のことを覚えていますか?
「2〜4歳のころだったので、はっきりとした記憶はないんです。ただ、とてもきれいな公園が家の近くにあったことは覚えています。池の中を亀や鯉が泳いでいました。その周りをよく走り回っていましたね」

――スタジアムの近くにある万博記念公園でしょうか?
「そうかもしれません。機会があれば、また訪れて自分のルーツをたどってみたいと思っています」

――2〜4歳といえば、多くの子どもが言葉を覚えるころです。大阪弁は記憶にありますか?
「大阪弁ではないですが、“ご飯、ご飯”と言っていたと、母が教えてくれました。それから、小さいころの僕は天然パーマで髪がカールしていました。それを見た周りの人から“かわいい、かわいい”と言われていましたね。あと、海苔をよく食べていたそうで、母が当時を思い出して『いつも口の周りが海苔だらけだったよ』と言っています(笑)」

――これまでFCバルセロナB、レッドスター・ベオグラードと様々な国でサッカーをしてきました。話せる言葉も豊富ですね。
「今のところ、5カ国語です。マケドニア語、セルビア語、スペイン語、スペインに住んでいたときはアメリカンスクールに通っていたので、そこで英語を学びました。バルセロナに住んでいたときはカタルーニャ語です。近いうちに日本語も話せるようになりたいと思っています(笑)」

――バブンスキー選手にとって、“故郷”はどこになるのでしょうか。
「生まれたのはマケドニアですが、15〜16年ほどバルセロナに住んでいました。学校もバルセロナだったし、友達が一番多いのもバルセロナなので、故郷としてはバルセロナかもしれません。ただ、サッカーを通していろいろな国を回ってきたので、考え方がとてもオープンになったと思っています。一つの国に留まらず、いろいろな考え方を取り入れることができました」

――今は結婚してお子さんもいらっしゃいます。サッカーをする上で、家族はどんな存在ですか?
「日本で結婚して、日本で子どもが生まれました。家族というのは僕にとって責任感を与えてくれる存在です。家族のおかげで、今もこうしてサッカーができていますからね」


岩本 勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。