ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
オフィシャルライター「聞きたい放題」

アルディージャ練習場では日々、様々な取材活動が行われていますが、サッカーと関係のないことはなかなか聞けない場合もあります。このコーナーでは、そんな話も含めて記者が気になる質問を、どんどん選手にぶつけてみます。今回は、加入したばかりのイッペイ・シノヅカ選手に突撃取材をしました。

「聞きたい放題」メイン画像


Vol.004 岩本 勝暁

モスクワで身に付けた精神的タフさ

――チームに合流して2日目になります。感触はどうですか。
「コンディションは1日目よりもいいし、これからもっと上げていって試合に絡めるようになりたいですね。練習からアピールしていきたいと思っています」

――試合形式の練習ではウイングバックに入っていました。3-4-2-1のウイングバックは経験があるのですか。
「いえ、経験はありません。でも、横浜F・マリノスではサイドバックもやっていました。与えられたポジションでアピールしていきたいです」

――登録名がカタカナ表記です。最初、「あれ?」っと思ったのですが。
「そうですね。ロシア国籍なので、書類上の表記はローマ字なんです。それでカタカナにしています。サポーターの方にもよく聞かれますが、もう100回くらい答えていますよ(笑)。でも、不思議に思うのは当たり前ですよね」

――プロとしてのキャリアをロシアのスパルタクⅡ・モスクワでスタートさせています。高校の途中まで日本で生活していましたが、ロシアに行って変わったことはありますか。
「貧富の差が激しい国ですし、いろいろなことを見てきました。リーグもロシア全土で行われるので、アウェイの場合は5、6時間の移動が当たり前。飛行機で9時間の移動をすることもあります。そういうリーグでプレーしてきたので、精神的にタフになりました。日本では良い環境でやれているので、その分、負けたくない気持ちも強いです」

――チーム内の競争も激しかったですか。
「もちろんです。でも、それはどこに行ってもあることですから。それでも勝てるように練習してきたつもりです」

――日本から来たとなると、試合中にパスが回ってこないこともあるのではないですか。
「彼らからすれば、僕は外国籍のようなものですからね。もちろん、そんなこともありました。だけど、サッカーをやっている以上、サッカーで示さないといけない。逆に、サッカーで示すことができれば信頼を得られます。海外で活躍している日本人選手は同じことを言うと思いますが、それが普通のこと。最初はバカにされても、サッカーで勝てば、それ以上にリスペクトされるようになります」

――「周りを見返してやった」という出来事はありましたか。
「日々の練習から一生懸命やってきたので、特にきっかけがあったわけではありません。ただ、スパルタク・モスクワのユースチームにいたときに、全国ロシア・クラブユース大会で優秀MF賞のようなものをいただきました。それは自信になりましたね」

「聞きたい放題」イメージ画像

――ロシア語を1年でマスターしたという記事を見ました。
「いや、そんなことないです。いまだに練習しているし、そんな簡単な言葉じゃないですよ。ロシア語って、世界でも3本の指に入るくらい難しい言葉と言われているんですから。だんだん慣れてきたけど、最初の2、3年は本当に難しかった。今は普通に話せますが、それでも分からない単語はあります」

――その後、U-18ロシア代表に選出されました。
「独特な雰囲気というか、不思議な気持ちでしたね。でも、それも自信になりました。今もロシア国籍なので、日本で活躍していれば、またロシア代表のユニフォームを着るチャンスがあると思っています」

――それまで日本で長く過ごしながらロシア代表のユニフォームを着るというのは、確かに不思議な気持ちかもしれないですね。
「母がロシア人なので、自分にロシアの血が入っているというのは分かっています。だけど、日本代表のユニフォームに袖を通す前にU-18ロシア代表になったので、やはり不思議な気持ちでしたね」

――スパルタク・モスクワは日本でもよく知られている名門クラブです。環境はいかがでしたか。
「天然芝のピッチを3面も持っていて、環境はすごく充実していました。僕がいたときに建設中だった新しいスタジアムもできあがりました。クラブハウスなどの施設も、どんどん大きくなっていますよ」

――ロシアリーグの中でも特別ですか。
「もちろんです。スパルタクは、ロシアの中でも最も有名なクラブの一つで歴史もある。サッカーのレベルも高いです」

――アルディージャでの活躍も楽しみにしています。どんなところをアピールしていきたいですか。
「ドリブルとかクロス、前でプレーできるならシュートも。得点やアシストにこだわりながらやっていきたいと思います!」

「聞きたい放題」イメージ画像

岩本勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。