ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
オフィシャルライター「聞きたい放題」

アルディージャ練習場では日々、様々な取材活動が行われていますが、サッカーと関係のないことはなかなか聞けない場合もあります。このコーナーでは、そんな話も含めて記者が気になる質問を、どんどん選手にぶつけます。今回は粕川哲男記者が、山越康平選手を直撃しました。

「聞きたい放題」メイン画像


Vol.006 粕川 哲男

川島永嗣から学んだ“耐える力”

 10月に入っても30度越えの日が続くなど、暑さは完全に消えていませんが、徐々に秋の気配が濃くなってきています。ということで、今回は「秋」をテーマに取材してきました。話を聞いたのは、山越康平選手。5月26日の明治安田J2第15節・柏レイソル戦で負傷した左肩関節脱臼も癒え、チーム練習に完全合流している山越選手の趣味は「読書」だとか。そのあたりから聞いてみようとしたところ、いきなり邪魔が入りました。

「山越の取材いります? いらん、いらん」(河面旺成 ※明治大学の1つ後輩)

――いやぁ、読書が趣味と聞いたもので。秋らしく。
「どうせゲームやろ。ドラクエの攻略本とか(笑)」(河面)

――……。
「いや、自己啓発ものとか好きですね。小説じゃなくて」(以下、山越)

――成功の秘訣とか、人生訓のようなものが書かれているものですか?
「日本代表で活躍しているような、有名なサッカー選手の本が多いですね。最近読んで特に印象に残っているのは、川島永嗣さんの『耐心力』。すごくためになったというか、僕もどっちかと言うと耐えて、耐えて結果を残してきた方なので、すごく勉強になりましたし、考え方とか生き方に共感できる部分がありました。どれだけ苦しい状況に立たされても、自分自身の考え方で状況を変えられる。自分のケガに置き換えて、辛かったけど、辛いと思わずポジティブに取り組むことが大事、ということを学びました」

――5カ月近く、これだけ長い間ピッチを離れたことは?
「初めてです。復帰までは長かったですが、これからのサッカー人生を考えると、非常に有意義な時間だったと思えるようになりました。何より、サッカーができる喜びを感じることができましたし、こうやってみんなと一緒にボールを蹴るのは、やっぱり楽しいです。ケガの間にお世話になった方々のためにも、いち早くピッチに戻って、勝利を届けることで恩返しをしたいと思っています」
山越 康平

――小さいころから読書の習慣があったのですか?
「いや、大学を卒業して、プロになってからですね。サッカー選手にとって大事な睡眠の本とか、食事の本とか。ホスト界の帝王ローランドさんの『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』にも、見習わなきゃいけない部分がたくさんありました」

――次はスポーツの秋ということで、運動会の思い出は?
「応援団長やったんですよ。(宇都宮市立田原)中学校のときに。立候補しました。いい思い出です。ドラム缶の上に立って『フレー、フレー』って。運動会は一大イベントで、どの競技もすごく盛り上がるんですよ。応援は3年生が中心になって、夏休みから時間をかけて準備する。結局、僕たちの組はビリだったんですけど、みんな泣くほど感動して、あれは熱かったですね」

――競技の方でもヒーローでしたか?
「小学校のときはリレーの選手でした。アンカーじゃなかったし、ぶっちぎりで速かったわけでもないですが、そこそこ活躍していました」

――最後、食欲の秋。好きな食べ物を教えてください。
「餃子です」

――宇都宮だけに。
「小さいころは、そこまで好きじゃなかったんですよ。だけど、こっちに出てきて『あっ、餃子っておいしいな』と思うようになったんです。栃木の餃子だけじゃなくて、普通の餃子もおいしいですよね。イチオシは『スタミナ健太の宇都宮餃子館』。あそこが一番おいしいと思います」

粕川 哲男(かすかわ てつお)
1995年に週刊サッカーダイジェスト編集部でアルバイトを始め、2002年まで日本代表などを担当。2002年秋にフリーランスとなり、スポーツ中心のライター兼エディターをしつつ書籍の構成なども務める。2005年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。