ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
お家でアルディージャ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
オフィシャルライター「聞きたい放題」

クラブオフィシャルライターが、個人的に気になる人や話題について話を聞く本コーナー。今回は昨シーズン、半年間の期限付き移籍を経験した嶋田慎太郎選手に、粕川哲男さんが切り込みました。

「聞きたい放題」メイン画像


Vol.009 粕川哲男

一度は断った覚悟の移籍。そこで得たものとは

 はっきりとは覚えていない。「ちょっと話がある」という仲介人に、大分トリニータへの移籍話を聞かされたのは、いつだったか。出場機会を失ってからしばらく経っていたので、昨年の5月か6月だったような気がする。

 「正直、まったく頭になかった」オファーに驚き、自分に対する評価をうれしくも思ったが、そのときは丁重に断ってもらった。

 良心とプライドが、それは違うと拒否していた。

 「先発から外れて、メンバーにも入れなくなったからといって、そこで別のチームに行くっていうのは……何か悔しいので」

 嶋田は昨年、大宮アルディージャで2年目のシーズンに挑んだ。高木琢也監督の下、よりチームの勝利に貢献したいと意気込んでいた。ロアッソ熊本より移籍1年目に残した33試合出場2得点という成績を上回るのはもちろん、開幕前には「二ケタ得点」という高い目標も掲げている。

 だが、思うようにいかなかった。

 スコアレスドローに終わったヴァンフォーレ甲府との開幕戦は終盤12分間だけの出場。第2節・FC琉球戦から3試合連続で先発出場したが、結果を残せなかった。高木監督が新たに導入した3バックで試行錯誤するチームは4試合を終えて1勝1分2敗と振るわず、嶋田自身も精彩を欠いた。

 「琉球相手に失点を重ねて負けて、自分としても思うようにプレーできなくて。どうしてうまくいかないんだって感じていました。あの時点では高木監督のやりたいこと、戦術に対する理解度が、そこまで深まっていなかった気がします。キャンプとかプレシーズンでたくさん練習して、新しい戦い方を知ろうと一生懸命にやっていましたが、本番になると硬さが出て、チームとしても個人としても普段通りのプレーができなくなってしまった。もっとトレーニングを積み重ねないといけない、そう思っていました」

 嶋田の最大の持ち味であるドリブルでの仕掛けは影を潜め、懸命に相手を追いかける守備での頑張りばかりが目についた。慣れ親しんだ[4-4-2]のサイドハーフから[3-4-2-1]の「2」の一角、いわゆるシャドーへのポジションチェンジも無関係ではない。

 「熊本のときも[4-4-2]のサイドだったので、シャドーのやりづらさはありました。サイドのときはボールを受けて、対峙した目の前の相手と勝負すればよかった。だけど、守備の局面では中間ポジションを取って縦パスを通させないコース切りをして、サイドにボールが出たときは2度追いするなど、役割がすごく増えたと感じていました。シャドーは相手のボランチ、センターバック、ウイングバックが対応してくるので囲まれやすい。判断力やポジショニングを磨いて、相手に狙われない位置でボールを受けないといけない。そこで、ものすごく苦労しました」

嶋田 慎太郎2

 第5節・水戸ホーリーホック戦からベンチ外が続いた。第10節・FC町田ゼルビア戦でメンバー入りしたものの、出場なし。以降、第23節・京都サンガF.C.戦まで実に12試合、ピッチの外から仲間たちを見守る日々……。2年目の壁は、高かった。

 ただし、クサることはなかった。「メンバーに入れないのは自分に何かが足りないから。一回り成長できる良い機会」と考えて汗を流した。ネガティブにも投げやりにもならず、監督やコーチからのアドバイスに耳を傾け、前向きな気持ちでトレーニングに励んだ。

 それでも夏、大分から届いた2度目のオファーには、首を縦に振った。

 「高木監督が求めるプレーができない自分自身を見つめ直し、一度外に出て、いろいろなことを見たり、経験したりするのもいいかな」と思い、決断した。

 大分で過ごした4カ月と少し、自身初のJ1リーグは刺激的だった。8試合出場0得点。途中出場が6試合。実力を発揮しきったとは言えないが、それでも大宮に戻って高木監督から「どうだった?」と聞かれたとき、迷わず「楽しかったです!」と答えることができた。

 「大分でも[3-4-2-1]のシャドーで使ってもらいました。片野坂(知宏)監督と高木監督のスタイルは違いますが、細かく言われたのはポジショニングの部分です。本当に頭を使うサッカーで、試合後は体よりも頭の方が疲れたくらいで(笑)。そこは自分に足りなかった部分だったので、すごくビビッときたんです。それを、よりレベルの高い公式戦のピッチで経験できた。J1は選手個々の能力が高く、チームの完成度も高い。そんな相手に対して、頭を使ってかけ引きできたところが、すごく面白かったんです」

嶋田 慎太郎3

 大分で伸ばせたのは「判断力とポジショニング。そこが一番」と言い切る。それらは、大宮で試合から遠ざかっていたあの頃、まさに高木監督から受けたアドバイス「相手からプレッシャーを受けない位置、ボールのもらい方を考えろ。ボールに寄るだけじゃなく、高い位置で我慢することも大事だ」に通じる、試合で活躍するためのカギだ。

 もちろん、磨き上げた「判断力とポジショニング」をピッチで表現して、大宮の勝利に還元する自信はある。大宮で迎える3年目のシーズン。嶋田は今、成長した自分の姿を見せられる日を、見てもらえる日を、心待ちにしている。


粕川 哲男(かすかわ てつお)
1995年に週刊サッカーダイジェスト編集部でアルバイトを始め、2002年まで日本代表などを担当。2002年秋にフリーランスとなり、スポーツ中心のライター兼エディターをしつつ書籍の構成なども務める。2005年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。