ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
お家でアルディージャ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”するオフィシャルライター陣の視点で、毎月1回程度お届けします。

Vol.042 平野貴也

U18期待の星

 トップチームに大宮アルディージャユース(現U18)出身選手が12人いる。クラブに関わる多くのスタッフが、地元の選手を中心に育ててきた証だ。幼い頃からオレンジのユニフォームになじみ、クラブに強い愛着を持つ彼らは、ファン・サポーターにとって期待の星であるだけでなく、後に続く後輩たちにとっても大きな存在だ。

 U18からは、奥抜侃志、吉永昇偉、高田颯也と3年連続でトップチームに選手が昇格。昨シーズンは奥抜も吉永も出場経験を得て活躍した。新高校3年生には、吉永や高田とともにプレーした経験がある選手もいる。

 4月4日に高円宮杯プレミアリーグ開幕を控えるU18の新3年生は、好成績を残してきた世代だ。ジュニア(U12)時代にはダノンネーションズカップで準優勝、Jr.ユース(U15)時代には高円宮杯で第3位と、全国規模の大会で結果を残してきた。今シーズンの目標は、初の全国タイトル獲得。「アカデミーの歴史を変える」が合言葉だ。そのためには、選手個々の飛躍も必要なのだが、楽しみな選手が多い。

 中でも期待値が上昇しているのが、先日トップチームに2種登録されたGKジョーンズ レイ(3年)だ。「他クラブの同学年の選手が昨年2種登録をされていて、焦りもあったので、2種登録の話を聞いたとき、最初は驚いたけど、うれしかったです。自分がJr.ユースにいた頃、黒川(淳史)君たちがユースで2種登録をされていたので、自分もU18からの2種登録は目標にしていました」と、喜びの言葉を口にしている。

 ジョーンズは、父が米国人、母が日本人のハーフ。ジュニア時代からのアカデミー育ちで、足下でボールを扱う技術に長けている。身長は180センチに満たず比較的小柄だが「その分は技術で補う」と言うだけあり、特にキックの精度は光るものがある。

 持ち味は、パントキック。相手の背後やサイドのスペースに走る味方に正確に合わせ、一気に守備から攻撃に切り替えるプレーが持ち味だ。2月にはトップチームの練習試合に出場。「2失点したけど、得意のパントキックは成功したし、ビルドアップに関わるところはできた部分もあった。トップチームの選手は積極的な声かけをしていたので、U18でもやっていこうと思いました」と強い刺激を受けた。

 GKは定位置争いが最も厳しいポジションだが、ジョーンズは明るく前向きなキャラクターで挑んでいく。「トップチームの練習に参加するときは、他の選手の良いところをどんどん真似して採り入れたいし、もっと信頼を得たい。今後、目標であるトップ昇格を果たして、最初から試合に出るくらいの気持ちで、信頼を得られる選手になりたい」と、どん欲だった。

 ジョーンズの普段のキャラクターについてU18主将の谷口大晟に聞くと、「黙っていれば男前で格好良いのに、寮でもいつもうるさい。誰も求めてないのに一発芸をやりたがって、それがまた全然面白くない……」と、いたずらっぽく話した。空回りしても気にせず、どんどんトライして進化する若き守護神は、U18の最後の砦として、そしてトップチームの一員として、新たなシーズンでさらなる成長を目指す。

 今シーズンのU18はジョーンズのほかにも、ジュニア時代からのエースストライカー・大沢朋也や、切れ味あるドリブルやパスで攻撃をけん引する柴山昌也ら、注目株がそろっている。奥抜、吉永、髙田――。次はオレだと自負するU18戦士にも、ぜひ注目してもらいたい。


ジョーンズ レイのプロフィールはこちら

ジョーンズ レイ



平野 貴也(ひらの たかや)
大学卒業後、スポーツナビで編集者として勤務した後、2008年よりフリーで活動。育成年代のサッカーを中心に、さまざまな競技の取材を精力的に行う。大宮アルディージャのオフィシャルライターは、2009年より務めている。


春夏秋橙バックナンバー