ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
お家でアルディージャ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”するオフィシャルライター陣(たまにクラブスタッフ)の視点で、毎月1回程度お届けします。今回はクラブ公式メールマガジンを執筆しているMCタツが担当です。

Vol.043 MCタツ

他とはひと味違う、大宮の“シャレン”

 大宮アルディージャが取りくんでいる手話応援が、Jリーグが主催する『シャレン! アウォーズ』にエントリーされた。

 大宮アルディージャは年に一度『手話応援デー』と題して、スタジアムに多くのろう者を招いている。手話応援とは、言葉を発しなくてもチャントの歌詞を手話で表現し、スタンドからエールを送る画期的な応援の仕方である。

 オフシーズンには選手たちが大宮ろう学園を訪問し、互いに行き来する形で交流を深めるなどしながら、手話応援の文化を育てあげてきた。2006年に始まった手話応援デーは2020シーズンで12回目を迎え、今ではクラブの代表的な社会連携活動の一つとなっている。

 昨年、大宮の手話応援について取材をしていたとき、クラブスタッフや選手たちの言葉に何度もハッとさせられた。

 クラブスタッフの池田正人さんは「『社会貢献』という言葉が独り歩きしている。『貢献』という言葉とは、別の言葉を見つけないといけない」と話してくれた。

 池田さんの言葉は、Jリーグのクラブはそもそも『クラブはその地域のもの』という信条から発せられた言葉だ。そう言われてみると、本来クラブと地域は二人三脚で歩むパートナーのような関係であり、『社会貢献』という言葉を使うのはしっくりこない。地域の人々がクラブを活用することは当たり前なのである。

 しかしながら、それがスムーズにできていないクラブが、まだまだJリーグにはたくさんあるのだろう。だから、わざわざJリーグも『シャレン(社会連携)』という組織を作り、そういう心掛けでいるよう各クラブに投げかけているのだ。Jリーグも貢献という言葉は使わず、連携という言葉を使っている。

 大事なのは、全ての前提において『クラブはその地域のもの』ということを、常にクラブが意識できているかどうかであって、「Jリーグから社会連携と言われたので、それをクリアするためにいくつか活動を行っています」というような意識では、ダメだということ。

 大山啓輔選手は毎年行っている大宮ろう学園の訪問について、「障がい者の方に何かを与えている感覚は全くない。純粋に僕らが楽しいから行っている」と話してくれた。大山選手は大宮ろう学園に訪問し、選手としての気づきも得られたという。

  「日々過ごしている中で見落としてしまっている、楽しいことやチャンスがいっぱいあるのかもしれないと、すごく感じるようになりました。プロサッカー選手として、いろいろできる体を授かっておきながら、みすみすチャンスを見逃しているかもしれない。もっと自分が熱量を持ってやっていれば成功していたことも、失敗で終わっちゃっていることがあるんじゃないか。(中略)自分に与えられたチャンスに、全力で向かっていけているか――。そういうことをすごく自分に問いかけました。今、自分が与えられた立場で試合に出られなくても、練習や与えられた環境の中で、全力でやれているか。それをもう一度考える良いきっかけになりました」(大山選手)


ろう学園訪問

大山 啓輔


 私が強く訴えたいのは、社会と密接となることは、実は選手のためになっているという事実である。地域のためにという一方的なことではなく、選手のためにもなっているということ。その双方向が成立していることが、本当の社会連携と言えるのではないだろうか。

 サッカークラブは社会と密接でなければ強くならないし、サッカー選手も社会と密接でなければ成長していかない。これを知っている大宮アルディージャは、この先もどんどんクラブとして成長していくであろうことは自明の理である。


※『シャレン! アウォーズ』は3月31日(火)13:00まで一般投票を受け付けています。


MCタツ
ニコ生サッカーキング ハーフ・タイム初代MC。フリーランスでインターネット番組の制作(企画、キャスティング、構成、制作まで全て)、スポーツ系の書籍やインターネットコンテンツの企画編集をしている。2019シーズンからは大宮アルディージャの公式メールマガジンでも執筆を担当。


春夏秋橙バックナンバー