ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”するオフィシャルライター陣の視点でお届けします。

Vol.045 岩本 勝暁

31歳。円熟の域へ

 その日は、荒川沿いにある志木のクラブハウスで、新年度を迎えたユースの選手たちの顔写真の撮影が行われていた。すりガラスを通して、春の陽光が降り注いでいたことを覚えている。

 10年以上も前のことだ。同じ部屋の一角で、ユースの監督をインタビューする予定だった。背もたれのない椅子に深めに腰をかけて、監督が来るのを待っていた。

 そこに、撮影を待つユースの選手たちが長い列を作った。慣れない大型ストロボの光に驚いたり、カメラのレンズに真剣な顔を向けるチームメートをおどけた仕草で笑わせたり――。質問事項を書いたノートに目を落としながら、そんな彼らの様子を視界の端にとらえていた。

 ふと、一人の選手の脚が目に入った。ゾクッとした。丸太のようなたくましい太腿だったからだ。膝の上には、ゴツっとしたコブのような筋肉がついていた。おそらく、ウェイトトレーニングだけで培った筋肉ではない。何千回、何万回とボールを蹴ってきたのだろう。背番号は「10」。イタリアの至宝と称えられたロベルト・バッジョを想起させた。

 渡部大輔だった。

 その年のJユースカップで13ゴールを挙げ、得点王に輝いた。裏に抜けるスピード、シュートセンス、何よりチームのために汗をかける献身性の持ち主だった。

 2008年、トップチームに昇格。しかし、当初はケガとの戦いだった。FWとして登録された1年目は骨折で、シーズンのほとんどを棒に振った。翌年のイヤーブックでは「ケガを克服してからの日々が大きな財産になり、サッカーができる幸せに気づいた」と語っている。


渡部 大輔1

 一つの転機は2011シーズンだ。ポジションをDFにコンバート。抜群の運動量と攻撃力が存分に生かされた。シーズンの途中で負傷離脱という不運はあったものの、このころから右サイドバックが彼の定位置になっている。

 そして、背番号を「13」に変えた2015シーズンは30試合に出場。チームのダイナモとして、J2優勝、一年でのJ1復帰に貢献した。


渡部 大輔2

 どちらかというと、ミックスゾーンでの口数は多くない。まるで求道者のように、淡々とかつ的確に言葉を紡ぎ出すタイプだ。2019シーズンは開幕戦のピッチに立った。3-4で敗れた第2節・FC琉球戦ではゴールも決めている。

 試合後、テレビカメラの前に立った渡部は、「内容はどうあれ、勝つことをチーム全体の目標にしてやっていきたい」と振り返った。勝てなかったことを悔やみつつ、自身の得点については「カウンターがチャンスになっていたので、思い切ってゴール前まで行きました」と言うに留まった。

 第12節・愛媛FC戦で負傷した。新加入選手の台頭もあった。それでも、復帰した第34節・V・ファーレン長崎戦のインパクトは大きかった。78分に途中出場すると、わずか4分後にゴール。右足で切り返し、素早く左足を一閃した。相手に当たったボールはふわりと浮いて、GKの頭上を越えていった。試合を決定づける1点を奪い、両手の拳を高々と突き上げた。


渡部 大輔3

 アルディージャ一筋だ。昨シーズンで金澤慎が引退し、アカデミー出身選手の中では最年長になった。ユース1期生の金澤が歩んできた道のりがそのままアルディージャの歴史に当てはまるなら、Jr.ユース1期生の渡部のキャリアもまた、クラブの歴史に深い足跡を刻んでいると言えよう。

 今日、2020年4月19日で31歳になった。今シーズンの開幕戦はベンチから外れたが、ピッチの上で輝く姿を見続けたい。円熟味を増すのはこれからだ。



岩本 勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。


春夏秋橙バックナンバー