ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”するオフィシャルライター陣の視点でお届けします。

Vol.050 岩本勝暁

トンネルの先の光

 4カ月という時間の長さを痛切に感じた。

 6月27日、2020明治安田生命J2リーグが4カ月ぶりに再開した。2月23日の開幕戦以来、待ちに待った瞬間だ。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、リモートマッチ(無観客試合)という特殊な環境下での開催。スタジアムに入場できる記者やカメラマンの数も大幅に制限され、僕も自宅からDAZNで試合の様子を見守ることになった。

 もちろん、できることなら現場で見たい。しかし、緊急事態宣言が発令されてからは、僕たち報道陣にも新しい取材スタイルが求められている。ステイホーム中は、デジタルVAMOSもウェブ会議システムを利用したオンライン取材に限られた。ならば、新しい様式を楽しむのも一興ではないか。そう思い、キックオフの1時間半くらい前から自宅のパソコンに向かい、準備を始めた。
  •  クラブも様々な施策に取り組んでいる。その一つが、仮想ファンコミュニティの「橙広場オンライン」だ。さっそく、前もってダウンロードしていたスポーツエンターテイメントアプリ「Player!」を立ち上げた。司会のMCタツさんとクラブアンバサダーの塚本泰史さんのトークを聴きながら、ノートにスタメンを書き写すなどいつも通りの準備を進めていく。スタメンに抜擢された西村慧祐、小野雅史は活躍できるのか。フォーメーションは3バックか、それとも4バックか。あれこれと思いを巡らしながら、キックオフの笛が鳴らされるのを待った。

     折を見て、わずかばかりの投げ銭を投入する。クレジットカードの決済もスムーズで、手続きにかかるストレスはほとんどなかった。SNSなどで事前に言われていたことだが、設定された最低金額を下げて素晴らしいプレーやゴールシーンに対してタイムリーにお金を投じられるようになると、楽しみ方がより膨らむのではないか。収益はクラブにも還元されるそうなので、今後も機会があれば参加したい。
  • 橙広場
 キックオフまで10分を切った。ここでパソコンの画面をDAZNに切り替える。いよいよ始まるという高揚感、少し不思議な感覚で試合開始のホイッスルを聞いた。

 試合が始まればいつものサッカーだった。躍動する選手の姿、体と体が激しくぶつかる音、レフェリーのホイッスル――、スタンドにファン・サポーターがいないということを除けば、いつものJリーグと何も変わらない。むしろ、ズームアップされた選手の表情が分かりやすく、これもリモート応援の醍醐味の一つだと思う。課題はあるが、スポーツとの多様な関わり方という点で考えれば、まずまずのスタートを切ったと言えるだろう。

 4カ月のブランクを感じることになるのは、僕自身のパソコンのキーボードをたたくスピードか。原稿を書くペースがつかめない。書いては消し、消しては書いてを繰り返す。でも、慌てることはないと個人的には思っている。何しろ、トンネルの先の光はようやく見えてきたばかりだ。

 確かなのは、コロナ禍という非日常の中に、いつものサッカーの光景が戻ってきたという現実である。

千葉戦終了後の選手


岩本 勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。


春夏秋橙バックナンバー