ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”する記者の視点でお届けする本コーナー。1月16日(土)に行われた新体制発表会を取材した戸塚啓さんが、新シーズンに抱く期待感を綴ります。

Vol.57 戸塚 啓

「新しい大宮」の萌芽

 胸が高まる。新しいシーズンが動き出すこの時期は、いつもワクワクしてソワソワする。もう何十年も経験してきたのに、気持ちはいつもはずむ。

 昨シーズンは苦しんだ。リーグ戦で3位に終わった2019シーズンを受け、「J2優勝でJ1昇格」を現実的な目標としたが、昇格争いから早々に脱落してしまった。J2がスタートしたばかりの2000年前後を含めても、2ケタ順位に沈むのは初めてのことである。J2におけるクラブワーストの成績に終わってしまった。

 アルディージャは変わろうとしている。

 1月16日(土)に行われた新体制発表会で、西脇徹也 強化本部長は「新しい大宮にトライしていく」という表現を使った。歴代の監督を振り返ると、外部からの招へいが多いことに気づく。大きな意味での方向性を担保しながら、J1やJ2の他クラブで監督を務めた指導者にチームを託すことが多かった。

西脇強化本部長

 岩瀬健監督は違う。監督としてのキャリアは、18年の柏レイソルでの2試合に限られる。昨年はJ1の大分トリニータでヘッドコーチを務めたものの、経験や実績を重視した選考ではない。

 西脇強化本部長は「新しい大宮にトライしていく中では、監督も我々とともに新しいキャリアを作っていくことが必要ではないか」と説明した。「抜てき」という表現も当てはまる人事の理由がそこにある。

 監督が持つ経験や実績は、期待感や安心感につながる。シーズン開幕前のこの時期なら、「J1昇格経験を持つあの人にチームを託せば、目標を達成できるだろう」という期待感が醸成されていく。シーズン中に難しい局面に立たされても、「あの人なら乗り切ってくれるはずだ」との希望を抱ける。

 その上で言えば、経験や実績は明るい未来を保証するものでもない。監督という職業で大切なのは、目標に向かっていく意思の強さ、絶え間ない学びの姿勢、ここぞという場面での決断力、結果に対する責任を背負う覚悟といったものだろう。名将や智将と呼ばれる監督たちは、過去の名声に寄りかからないという共通点を持つ。

 岩瀬監督はトップチームの指導歴こそ少ないものの、非常にクレバーで分析力に長け、サッカーへの情熱にあふれる方だと聞く。「キレ者ですよ」との評価も聞いた。「アルディージャはいい人を監督に選びましたね」とも。

岩瀬監督

 そういう声を聞くとまた、期待感が胸の中で渦巻いていく。どんなチームを作ってくれるのだろう、どんなサッカーを見せてくれるのだろうと、心が躍っていく。

 もちろん、岩瀬監督に頼り切りにはならないようにしたい。クラブに関わる全ての人たちが、自分の立場でできること、やるべきことを積み上げていく。みんなで手を取り合って、「新しい大宮」を作っていけたらと願う。


戸塚 啓(とつか けい)
1991年から1998年までサッカー専門誌の編集部に所属し、同年途中よりフリーライターとして活動。2002年から大宮アルディージャのオフィシャルライターを務める。取材規制のあった2011年の北朝鮮戦などを除き、1990年4月から日本代表の国際Aマッチの取材を続けている。


春夏秋橙バックナンバー