ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”する記者の視点でお届けする本コーナー。開幕戦を現地取材した戸塚啓さんがホーム開幕戦に向けた思いを綴ります。

Vol.58 戸塚 啓

高まる期待感

 開幕戦は特別だ。全42試合のうちの1試合であることに間違いはなく、勝ったからといってボーナスポイントがもらえるわけでもない。

 目に見える付加価値がないとしても、開幕戦の白星は価値がある。J1の優勝候補でも、J2の昇格候補でも、J3に昇格してきたばかりのチームでも、「ひとつ勝って落ち着きたい」との思いは共通する。それだけに、開幕戦ばかりは結果をつかむことが優先されていいと、個人的には考える。

 開幕戦を現地で取材して、「生まれ変わったな」という思いを抱いた。監督が代わったのだからチームが変わるのは当然なのだが、昨年の開幕戦に先発した選手はひとりもいなかった。1年前は後半から出場した奥抜が今回は先発して、1年前はスタメンだった翁長とハスキッチが今回は途中出場した。

 ピッチに立つ選手が様変わりした中で、システムが4-4-2だったことに特別な感情を抱く。NTT関東当時から、大宮が伝統としてきたものだからだ。

 システムにはトレンドがある。進化もする。同じ4-4-2でも、細部を見つめれば様々な違いはある。

 ただ、岩瀬監督はクラブの礎を築いたピム・ファーベークさんに師事している。強い影響を受けた指導者にもあげている。ピムさんが大宮に持ち込んだ4-4-2からスタートしたことに──あくまでも個人的かつ勝手な解釈だが──岩瀬監督の思いが込められているような気がして、じんわりと胸が熱くなったのだった。

 胸が熱くなると言えば、水戸ホーリーホック戦では柴山昌也が同点ゴールを決めた。記念すべきJリーグ初ゴールは利き足と逆足の右足で、GKにとってノーチャンスの一撃を蹴り込んだ。

柴山昌也

 勝ち越し点は奥抜侃志だ。馬渡和彰のピンポイントクロスが絶妙だったとはいえ、マーカーの前へ体を食い込ませたヘディングシュートは、勝利への意欲の表れだっただろう。

奥抜侃志

 数年前からアカデミー出身選手が増えている。彼らに必要以上のプレッシャーをかけるつもりはなく、移籍してきた選手も、高卒や大卒の選手も、等しくチームに必要な存在である。全員が大切な戦力だ。

 そのうえで言えば、アカデミー出身の選手がトップチームで多くプレーする段階から、アカデミー出身の選手が勝敗を決する存在となっていくことで、クラブは新たなフェーズを迎えるのではないだろうか。アカデミー出身の選手が「トップチームへ上がる」から、「トップチームを勝たせる」ようになっていくことで、チームの芯が太く、強く、ブレなくなっていくと思うのだ。

 今シーズンのJ2では、新監督を迎えたクラブは少数に属する。多くのクラブが継続性を重視する中で、大宮は45歳の指揮官のもとでリスタートを切った。

 長いシーズンでは、何が起きるか分からない。何が起きてもおかしくない。それでも、水戸戦で抱いた期待感を忘れることなく、チームを見つめていきたい。

岩瀬健監督



戸塚 啓(とつか けい)
1991年から1998年までサッカー専門誌の編集部に所属し、同年途中よりフリーライターとして活動。2002年から大宮アルディージャのオフィシャルライターを務める。取材規制のあった2011年の北朝鮮戦などを除き、1990年4月から日本代表の国際Aマッチの取材を続けている。


春夏秋橙バックナンバー