ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”する記者の視点でお届けする本コーナー。苦しい戦いが続くアルディージャが、ここから巻き返しを図るために必要なこととは――。

Vol.59 戸塚 啓

共感の輪を広げるために

 第11節終了時点の順位表を見てみる。開幕前に予想していたものと、かなりかけ離れている。

 昨シーズン11位のアルビレックス新潟と、同16位のFC琉球が、首位を争っている。同3位のV・ファーレン長崎が、黒星先行で11位にとどまっている。同7位のモンテディオ山形は一時J3降格圏に沈み、クラブ史上初となるシーズン途中の監督交代に踏み切った。

 順位表の下位に目を移すと、昨シーズン5位のギラヴァンツ北九州が最下位となっている。大宮はと言えば、2勝3分6敗で20位なのだ。

 J1昇格を争うどころか、J3降格圏に落ち込んでいる。誰にも予想できなかった序盤戦となっている。

 クラブは4月28日に声明を発表した。現状を重く受け止め、それでもJ1昇格を決して諦めていないとし、ノルマを設定して期間を区切った。東京五輪開催に伴って中断される7月23日の第23節終了時までに、「J1昇格を狙えるポジションを目指す」としている。

 「J1昇格を狙えるポジション」の、具体的な数字は明かされていない。第23節と言えばシーズンのほぼ半分で、J1昇格ラインを勝点80以上とすれば、この時点で勝点40を取っておきたい。第11節終了時点の勝点は「9」だから、第23節までの12試合で「31」を上積みする必要がある。

 ノルマや期間を設定するのは、評価基準として分かりやすい。だからといって、数字に縛られる必要はないだろう。大切なのは試合内容だ。

 ここで言う試合内容とは、「チームが目指しているものが表現されているかどうか」である。トレーニングで高めているもの、つまり目指しているものが披露できていれば、選手たちは迷うことなくプレーできる。迷いのないプレーは前向きで、思い切りが良く、アグレッシブだ。相手に脅威を与えられる。そうしたプレーを続けていれば、結果はついてくる。自分たちの基準で「いいプレー」と位置づけられるものの再現性が、高まっていく。

 第11節の東京ヴェルディ戦を客観的に振り返れば、「第9節のジュビロ磐田戦と同じミスを冒した」ということになるだろう。先制した間もない時間に同点に追いつかれ、勝点3を逃してしまったからだ。

 個人的には、終盤の戦いぶりに変化を見た。何としても2点目を奪うんだ、という気概がピッチ上に立ち込めていた。結局は2点目を決められなかったが、選手たちは力を尽くしたと感じた。

 プロフェッショナルは結果が全てだ、と言われる。どんなに胸を打つ試合をしても、結果が伴わなければ評価されない。

 そのうえで言えば、胸を打つ試合には未来があると、個人的には考える。観る者の気持ちに響く試合をしていけば、共感の輪が広がっていく。勝敗を超えた価値が高まる。それが「大宮らしさ」というものになり、独自のスタイルにつながっていくと思う。

 岩瀬監督を迎えた今シーズンは、J1昇格を目指しつつもJ1で戦えるチームを作っていく1年目でもあるはずだ。ならば、試合内容を追求するスタンスは崩さずに、あらためて「大宮らしさ」を作り上げていってほしいと願う。

岩瀬健監督



戸塚 啓(とつか けい)
1991年から1998年までサッカー専門誌の編集部に所属し、同年途中よりフリーライターとして活動。2002年から大宮アルディージャのオフィシャルライターを務める。取材規制のあった2011年の北朝鮮戦などを除き、1990年4月から日本代表の国際Aマッチの取材を続けている。


春夏秋橙バックナンバー