ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手やスタッフの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”する記者の視点でお届けする本コーナー。12日に開幕するWEリーグと、大宮アルディージャVENTUSにかける佐々木則夫総監督の思いを、オフィシャルライターの岩本氏が紹介してくれた。

Vol.62 岩本 勝暁

新たな歴史の証人に

 一人の少女のひとことが、夢の扉をこじ開けるきっかけになったという。

 「ハッとしましたね」

 そう言って教えてくれたのは、大宮アルディージャVENTUSの佐々木則夫総監督だ。

 毎年秋に、少女サッカー、女子サッカーの普及を目的とした「のりさんガールズ&レディースサッカーフェスティバル」を開催していた(2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響で中止)。場所はNACK5スタジアム大宮。美しい緑のピッチ、元なでしこジャパンのメンバーが特別ゲストとして招かれるなど、大きな盛り上がりを見せていた。

 ある日のこと、アルディージャのユニフォームを着た少女が、佐々木総監督のところに駆け寄ってきてこう言った。

 「私は大宮アルディージャが大好きです。でも、このユニフォームを着て大きな大会に出られないのが残念です」

 その言葉に、佐々木監督は心を動かされたそうだ。

 「私自身、スーパーバイザーという形でFC十文字VENTUSという女子チームに携わっていたことに満足感があったのかもしれません。その単純な発想が浮かんでこなかったのです。でも、そう思ってくれる子どもが一人でも二人でもいるのなら、私たちは大人としてそういう場を提供してあげなければいけない。それ以来、大宮アルディージャに女子チームを立ち上げることを、心の中で密かに思うようになりました」



 2019年秋、佐々木総監督は日本サッカー協会の「女子新リーグ設立準備室」室長に就任する。2021年のプロ化に向けて、一気に舵を切ることになった。そして2020年、大宮アルディージャは女子サッカーチームの設立とWEリーグへの参入を発表した。

 25人のメンバーからも、クラブの真摯な覚悟が見て取れる。鮫島彩、阪口夢穂は2011年のワールドカップで優勝を経験。初代キャプテンを務める有吉佐織は、日テレ・東京ヴェルディベレーザで6度のリーグ優勝を経験した。キャリアのピークを大宮アルディージャVENTUSで迎える選手も少なくない。大野忍コーチの存在も、チームに芯を通した。

 佐々木総監督はWEリーグにどんな青写真を描いているのか。

 「いまはもう、これから描く未来が楽しみで仕方がありません。なにしろ新しいものが生まれたわけで、繁栄しか描けないわけですから。一日一日が歴史の積み重ねになり、毎日をとても楽しく過ごしています」

 思い出すのは1993年5月15日、Jリーグが開幕した日のことである。テレビで見たヴェルディ川崎対横浜マリノスの一戦は鮮烈だった。国立競技場を包むチアホーンの音、ピッチを照らすカクテル光線、Jリーグ第1号ゴールとなったマイヤーのミドルシュートは、いまも鮮明に思い出せる。

 確かに、新型コロナウイルスの影響もあって、あのときほどの派手さは望めないかもしれない。

 ただ一つ言えるのは、僕たちはいま、新たな歴史の証人になろうとしている、ということだ。プレーの一つひとつ、ファン・サポーターの拍手、ピッチの匂い、そして、スタジアムの空気感――、あらゆる光景を脳裏に焼き付けてほしい。いよいよ日本のサッカー界が、新たな一歩を踏み出す。

大宮アルディージャVENTUS


岩本 勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。


春夏秋橙バックナンバー