ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク
バモチャレ VAMOS CHALLENGE!

デジタルVAMOSの新コーナーが始まります! 選手が様々なジャンルの競技で対決するチャレンジ企画。記念すべき第1回は2番勝負での開催! まずは“サッカーリング”の模様をお楽しみください。

VAMOS CHALLENGE! メイン


第1回(第1種目):サッカーリング

“氷上のチェス”カーリングのサッカー版で激突

 Jリーグが中断していても、アルディージャ練習場では白熱の戦いが繰り広げられていた。果たして大宮魂を見せ付けるのはどちらだ! オレンジの誇りを胸に熱き戦いの幕が、いま上がる。

参加メンバーは、こちら。
■チームアルディ:畑尾大翔、翁長聖、小野雅史、奥抜侃志
■チームミーヤ:三門雄大、富山貴光、近藤貴司、酒井宜福

 この両チームが競う第1種目は“サッカーリング”。簡単に言えば“氷上のチェス”と呼ばれ、冬季オリンピック競技でもあるカーリングのサッカー版だ。対戦する2チームが持ち玉8球を交互に蹴り、いかに的の中心にボールを止めることができるかが勝敗を分ける。今回は3〜4m付近に配置されている黄色いマーカーの手前でボールが止まってしまえば、排除されるルールも設けられた。

 選手たちはグラウンドの一角にセットされた競技エリアを見るや、富山がカーリングの“エアブラッシング”を披露するなどテンションアゲアゲで登場。そんな中で神妙な表情で戦略を練っていたのが畑尾だった。この日、使われる今年のJリーグ用と昨年の天皇杯用のボールでは微妙に作りが違うため、ボールの重さを比べたり、「(的の奥にいる)カメラマンさんを使ってもいいんですか?」(もちろんNG)とあらゆる戦い方を想定。さらに酒井は「左アウトだけでやるわ!」とイメージを膨らませていた。

 ジャンケンで先攻となったチームミーヤからキックオフ。どんなプレーを見せてくれるのだろうか。期待が高まる。





 手前でボールが止まってしまったり、伸びすぎて場外してしまったり。意外とキックの力加減が難しいのが、この競技である。両チームともなかなか的の上にボールを止めることができず接戦となった。ただ、畑尾は言う。

 「結局、残り2本だよね」

 その予想は的中することに……。試合は最後の1球ずつが勝負を分ける展開へ推移していった。そして、チームミーヤ最後のキッカーとなるのが、明治安田第1節・水戸ホーリーホック戦で決勝ゴールを挙げて乗りに乗っている男・富山。対するチームアルディのキッカーはキレキレドリブラーの奥抜侃志。「右足のチャック空いているよ」など、外野も集中力をそらそうとヤジを飛ばす。的の手前にたまっているボールをどう使うのかが勝負のカギだ。果たして、勝負の行方は――。運命のラストショット!





 富山も奥抜もさすがのナイスショットを放ったが、僅差で勝利をつかんだのは――チーム○○(動画をご覧ください!)。だが、まだ勝負はついていない。残された、もう1つの種目は「バー当て対決!」。チーム○○が再び勝利して優勝するのか、それともチーム●●が高いキック精度を見せ付けて単独優勝を阻止するのか。次回、決着はいかに。