ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SEARCH SNS ENGLISH

戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2018キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンシート
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込みについて
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
無料会員
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
ライターコラム「春夏秋橙」
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
オレスク便り
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.018 戸塚 啓

夢の一つ

 サッカー日本代表の試合を、もう25年以上追いかけている。最初に取材をしたのは1990年4月で、93年のアメリカ・ワールドカップ アジア最終予選が行われたドーハにも、W杯初出場を決めたジョホールバルにも行かせてもらった。当時は会社員だったので、「行かせてもらう」立場だった。

 国際試合の緊張感は、何とも言えないものがある。今時の表現を使えば、「ヤバい」という感じだろうか。スタジアムの空気が張り詰めていて、肌にヒリヒリと突き刺さるようで、時には息苦しさを覚えたりもする。

 ピッチからはるか遠い記者席にも、選手の息づかいが伝わってくるようで、決定的なチャンスやピンチのたびに、身体が前のめりになる。気がつくと立ち上がっていたりもする。先のロシアW杯のベルギー戦では、試合後に抜け殻のようになった。全身から力が抜けて、すぐに立ち上がれなかった。

 勝てば称賛と拍手を浴び、負ければ批判される国際試合は、選手たちにとってこれ以上ない舞台だ。「代表は特別」という言葉を、何度聞いたことだろう。

 国を背負う責任、誇り、プライドは、選手たちを大きく成長させる。タフにさせる。数カ月前は初々しさを残していた選手が、気がつけば精悍な表情でピッチに立ち、堂々とプレーするといった変化も、何度となく目撃してきた。

 Jリーグでもシビアな経験はできる。優勝争い、昇格争い、残留争いといったサバイバルは、選手をたくましくする。J2優勝でのJ1復帰をノルマとするアルディージャの選手たちも、計り知れない重圧と向き合っているに違いない。彼らの肩にのしかかるプレッシャーの重さは、想像はできても本当に理解することはできない。

 J2優勝からJ1復帰の先に、クラブはJ1上位定着、J1優勝、AFCチャンピオンズリーグ制覇といった中長期的な目標を描いているはずだと思う。

 選手たちはどうなのだろう?
  •  クラブの目標のために全力を尽くす、という思いはいつだってブレないはずだ。その先にはきっと、日本を代表して国際試合のピッチに立ちたい、という野心もあると思う。

     日本代表の取材現場でアルディージャの選手を取材したのは、2006年の小林大悟が最初で最後となっている。すでにクラブのオフィシャルライターだった僕は、心を躍らせながら彼の話を聞いた。アルディージャの日本代表選手を取材するのは、自分なりの夢の一つだったからだ。
  • 小林 大悟
 次はいつ、誰を、日本代表の選手として取材できるのだろう。日本代表の取材を終えるたびに、そんなことを考える。そして、その日が来たときにとっておきのエピソードを紹介できるように、選手たちの話を聞いておきたい、と思う。


戸塚 啓 (とつか けい)
1991年から1998年までサッカー専門誌の編集部に所属し、同年途中よりフリーライターとして活動。2002年から大宮アルディージャのオフィシャルライターを務める。取材規制のあった2011年の北朝鮮戦などを除き、1990年4月から日本代表の国際Aマッチの取材を続けている。