ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.003 戸塚 啓

一流たるゆえん

 今シーズン何度目かの「そのとおりです!」だった。

 5月6日のジェフユナイテッド市原・千葉戦で、アルディージャはゴールネットを二度揺らした。しかし、どちらも認められなかった。その結果として0-1で敗れたのだから、愚痴の一つもこぼしたくなる。

 ピッチでプレーした選手の悔しさは、僕が抱いた感情の何倍も大きかったはずである。実際に試合後のミックスゾーンには、そこはかとないやるせなさが漂っていた。4連勝を懸けた一戦を落としたのだから、それも仕方のないことだと感じた。

 ところが、三門雄大は違うのである。

  • 「レフェリーの皆さんも一生懸命やってくれているし、サッカーをやっていれば良いときも悪いときもある。シーズンを通して考えればプラスマイナスゼロかなと、僕は思うんです。負けた試合の後に判定について言うのは、選手としてはどうかと思うし、そういうことは関係なしに決め切る、勝ち切ることが大事だと、僕は考えているんです」
  • 三門 雄大
 VARと呼ばれるビデオアシスタントレフェリーがJリーグに導入されたら、試合中の判定はこれまで以上に確度を増す。映像が語る真実はミスジャッジを確実に減らしていくが、それによって不利益を被ることになったチームの選手やファン・サポーターは、複雑な思いを抱きそうだ。テクノロジーがサッカーと密接に結びついても、ジャッジに納得する側と納得できない側、という立場は生まれる気がする。

 だとすれば、ジャッジに一喜一憂するのではなく、自分にできること、自分たちにできることに集中していくべきである──。プロ生活10年目を迎えた31歳の経験者は、つまりそういうことを伝えたかったのではないだろうか。何しろ、三門の口ぶりには判定に対する不満が1ミリもなかったのである。「いやあ、そのとおりだなあ」と深く、深く納得したのだった。

 これまで所属した3つのJクラブでコンスタントにゲームに絡んできた。どんな監督の下でも、どんな戦術でも、チームに必要とされてきた。

 中盤の複数ポジションに対応するユーティリティー性を備え、チームメートを輝かせるハードワークが、キャリアを積み上げる要因となっているのは間違いない。加えて、彼を一流のプロフェッショナルたらしめているのは、謙虚で真っ直ぐなメンタリティーなのだと思う。審判へのリスペクトを忘れないスタンスは、フットボーラーとしてはもちろん、人間としても尊敬できるものだ。

 2月の宮崎キャンプから、何度か話を聞いてきた。アルディージャへの熱い思いに触れ、NACK5スタジアム大宮でプレーする喜びに共感し、J1昇格への使命感に胸を打たれた。

 背番号7の話を聞くたびに、僕は「そのとおり!」と心の中で叫ぶ。首を大きく縦に振って納得する。そして、「プラスマイナスゼロ」の先には、J2優勝とJ1昇格がきっとあるはずだと信じている。


戸塚 啓(とつか けい)
1991年から1998年までサッカー専門誌の編集部に所属し、同年途中よりフリーライターとして活動。2002年から大宮アルディージャのオフィシャルライターを務める。取材規制のあった2011年の北朝鮮戦などを除き、1990年4月から日本代表の国際Aマッチの取材を続けている。


春夏秋橙バックナンバー