ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.006 岩本 勝暁

もう一度、心に

 10年以上も前になるが、サッカー少年少女に向けた小冊子を年に一度、作っていたことがある。充実した内容だった。全日本少年サッカー大会をはじめ、Jリーグや日本代表、ワールドカップに関する記事。ルールの確認やケガの予防、食事、水分補給などジュニア年代の体づくりに必要な情報が、限られたページの中にぎっしり詰め込まれていた。

 特に力を入れていたページがある。「フェアプレー宣言」だ。『どうしてルールがあるのかを考えてみよう』というところから始まるページには、要約すると次のようなことが書かれていた。

 相手チームの選手は“敵"ではなく、一緒にサッカーを楽しむ“仲間"だ。だから、思いやりの心を持ってプレーしなければいけない。仲間を傷つけるような反則はもってのほか。もしも試合中に誰かがケガをしたら、レフェリーの判断を待とう。ボールを外に蹴り出して、試合を止めることもできる。試合が再開されたときは、相手にボールを返すフェアプレーのマナーも忘れずに。お互いに「ありがとう」の気持ちでプレーすることが大切なんだ。

 同ページには『気持ち良く試合をするために、相手チームの選手と握手をしよう』や、『レフェリーを信頼し、敬おう』といったことも綴られている。Jリーグでも、試合前に両チームの選手が握手を交わすのは、もはや当たり前の光景になった。
  •  アメリカンフットボールの危険タックル問題が波紋を広げている。この原稿を書いているのが5月27日。試合があった5月6日から3週間が経った今でも、連日のようにテレビのニュースやワイドショーで件のシーンが繰り返し流されている。

     スポーツに携わる人間の一人として、看過することはできない。本稿では詳細を省くが、ラフプレーをした選手が一人で臨んだ記者会見には胸を打たれた。一連の問題を考えるにつれて、あらためて認識しなければいけないと感じた言葉がある。
  • 石井監督
「フェアプレー」「スポーツマンシップ」

 ありふれた言葉だ。原稿を書くときに使うことはほとんどなくなった。青臭い言葉だと言われるかもしれない。でも、直接的に言葉にすることはなくても、もう一度、心に刻みつけておきたい。

 フェアプレーの基本はルールを守ること。では、何のためにルールはあるのか。それは、選手が努力して身につけた技術を、ピッチの上で惜しげもなく発揮するためだ。そのことを理解し、全力で実践するのがスポーツマンシップではないだろうか。

 何より、相手チームの選手は“敵"ではない。一緒にサッカーを楽しむ“仲間"である。


岩本 勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。


春夏秋橙バックナンバー