ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.009 平野 貴也

刺激

 楽しくて、なかなか眠れない。幼い子どものような状態になるのは、ワールドカップのせいだ。国を背負うチームの戦いは、緊迫感があってスリリング。寝ようと思っていた時間のカードも、つい見たくなってしまう。

 プロのサッカー選手たちも、この時期はワクワクしている。自身のコンディションを考慮すると、生中継を見られるのは早い時間帯のカードのみだが、憧れの舞台は強い刺激を与えてくれる。中でも、酒井宣福は大きな楽しみを持っている。兄の高徳(ハンブルガーSV)が日本代表に選出されているからだ。

 「初戦、勝ちましたね、おめでとうございます。(兄も)準備しておけと言われていたみたいで、きっとチャンスがくると思うし、頑張ってもらいたい。やっぱり、兄弟としては出ているところが見たいですよね。日本中が注目しているのを感じると、あらためてすごい存在だなと思います。大会直前のパラグアイ戦を見ていても、高徳がミスすると『ああっ、もう!』と自分のことのように悔しかったし、良いプレーのときは自分のことのようにうれしかった」

 その表情からも、感情移入の濃度が感じられた。応援するチームや選手がいると、試合観戦は何倍も楽しい。それが兄弟ともなれば格別だ。

 さらに今は、選手目線でも刺激がある。宣福は今シーズン、加入当初はサイドハーフを中心に起用されていたが、明治安田J2第11節の東京V戦以降は、兄と同じ右サイドバックの先発に定着。左利きのため右足のクロスに苦労する部分はあるが、得点やアシストを記録するようになり、特長である攻撃力を出せるようになってきた。
  • 酒井 宣福
  • 「高徳を見てみると、自分と似たような動きをしているし、参考になります。高徳の良いプレーを見ると、イメージしやすいですからね。最近は、今まで以上にプレーを見るようにしています。高徳の存在は刺激になるし、俺が活躍すれば少しは向こうの刺激になると思う(笑)。俺や弟(の高聖、ドイツ4部でプレー)が結果を残せば兄貴の安心にもつながると思うし、頑張ろうと思っていますよ」
 兄だけでなく俺も――。大舞台から受ける刺激は、プレーで還元するつもりだ。


平野 貴也 (ひらの たかや)
大学卒業後、スポーツナビで編集者として勤務した後、2008年よりフリーで活動。育成年代のサッカーを中心に、さまざまな競技の取材を精力的に行う。大宮アルディージャのオフィシャルライターは、2009年より務めている。


春夏秋橙バックナンバー