ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.012 粕川 哲男

ピッチを離れると

 派手、陽気、天真爛漫――。リオのカーニバルやコパカバーナの華やかな光景のせいか、ブラジル人に対するイメージは、そんなところだ。実際、これまで大宮アルディージャでプレーしたブラジル人選手たちの多くが、明るく、社交的、マイペースもしくは破天荒と言っていいキャラクターの持ち主だった。

 2007、2008シーズンに最終ラインを支えたレアンドロは、練習中に必ずチームメートにちょっかいを出すほどの、いたずら好き。志木クラブハウスでの取材前にトイレに入ったら、個室のドアを全開にして用を足しているところに遭遇し、思わずのけぞった。めちゃくちゃ驚いたので、「うわっ」と激しくリアクションすると、あの何とも憎めない笑顔でニヤリ。してやったりという顔をしていた。

 レアンドロと同時期に在籍したペドロ・ジュニオールは、若さが際立つ選手だった。当時は喜怒哀楽の全てをピッチで表現するタイプで、練習で怒りを露わにしている姿も何度か見かけた。初めての海外移籍でストレスを抱えていたのかもしれない。

 あるとき、そんな彼に手招きされた。あれは埼玉スタジアムのサブグラウンドでの練習後だ。何だろうと思って近づくと、自動販売機で買ったアイスの包装に「?」という表情をしている。暑くてアイスが食べたいのに食べられない…。仕方ないので紙を剥いて渡してあげると、ニッコリしてペロペロ。思わず「子どもかっ」とツッコんでしまった。

 マテウスは、そんな先輩たちとは一線を画する性格のようだ。試合中はどんな相手にも勝負を挑み、時には相手を挑発するようなテクニックを見せ、自陣からでもドリブルでゴールを目指すほど強気のスタイルが持ち味だが、ピッチを離れると驚くほど大人しい。「真面目で物静か」という言葉がピッタリだ。
  •  出場機会に恵まれなかった2016シーズンの序盤、もっと試合に出たいだろうと思って話を聞くと、「アルディージャはレベルが高いので試合に出るのは簡単じゃない。僕自身、練習でレベルアップできているので不満はないし、(与えられたチャンスで結果を残してレギュラーとなった)江坂任選手のように、しっかり準備をして、期待に応えられる選手になりたい」と、驚くほど謙虚で前向きだった。

     真面目な性格は、在籍5年目の今シーズンも少しも変わっていない。練習後には笑顔でファン対応をし、報道陣に対する挨拶も忘れない。「日本人よりも真面目」と言うのはマルコ通訳だ。どうしてそんなに真面目なのか本人に聞いてみると、
  • #マテウス
「19歳で日本に来て、アルディージャに育ててもらった。だから、活躍して恩を返したい。そのためには、(前通訳の寺崎)大悟さんやマルコさんの言うことをしっかり聞くことが大事。そうすれば、間違いなく日本で成功できると信じている」

 そんな、泣かせる言葉が返ってきた。


粕川 哲男 (かすかわ てつお)
1995年に週刊サッカーダイジェスト編集部でアルバイトを始め、2002年まで日本代表などを担当。2002年秋にフリーランスとなり、スポーツ中心のライター兼エディターをしつつ書籍の構成なども務める。2005年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。


春夏秋橙バックナンバー