ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.013 戸塚 啓

あえて

 オフィシャルライターの守備範囲ではないのだろうけど、シーズンが終わったときに後悔したくないし、選手たちにも後悔してほしくないので、あえて言わせていただく。

 時には、ピッチ上でぶつかってもいいのでは?

 こんな場面があったとする。

 相手のゴールへ迫っていくボールホルダーが、「A」と「B」の選択肢を持っている。客観的に見て「A」の方が得点の可能性は高い。しかし、ボールホルダーのタッチ数が1つ多かったために、「A」へのパスコースはかなり狭くなってしまう。結果的に、得点のチャンスは潰えた──。

 パスを受けられなかった選手は、どんな振る舞いをするべきか。「なんで早く出さないんだ!」と怒るのはアリである。「次、次!」と鼓舞するのもアリである。できれば避けたいのは、モヤモヤッとした反応だ。怒るでも励ますでもなく、「なんで早く出さないんだよ…」といったやるせなさを、うっすらと態度ににじませてしまうことである。

 それが悪いと言うつもりはない。ただ、自分一人で気持ちを整理するのに時間が掛かって、次への動き出しが遅れたらマズい。時間が掛かるといっても、ほんの数秒である。しかし、その数秒が致命的な遅れとなるのは、ロシア・ワールドカップが教えてくれている。

 2005年から11年まで在籍し、キャプテンも務めた藤本主税は、練習でも試合でもチームメートにドンドン要求していた。「ドンドン」ではなく「ガンガン」と言っていいくらいだった。昨年まで3シーズン在籍した播戸竜二が、パスを出さなかった選手を怒鳴りつけたことがある。近くで見ていた僕が、思わず後ずさりしてしまうぐらいの迫力があった。

 彼らが感情に任せていたわけではない。次に同じようなシーンがあったときに同じミスをしないため、違う解決法で対応するために、チームメートに要求をしていたのだと思う。

 今シーズンのアルディージャで戦っている選手たちも、ピッチ内外で色々な意見交換しているに違いない。熱のこもった言い合いもあるだろう。だとすれば、同じことを試合中にやってもいいと思うのだ。
  •  個人的な感覚を明かせば、言いたいことはその場で言った方がスッキリするし、その後のプレーにも尾を引かない気がする。むしろ、プレーに良い影響があるのではないか。

     勝手な思いをもう一つ明かせば、「もっと早く戻れ!」とか、「なんでパスを出さないんだ!」といった強い意思表示に触れると、僕の気持ちはたかぶる。ああ、ホントに勝ちたいんだな、と思う。
  • #マテウス
 戦術、戦略、分析、といったものはもちろん大事だろう。その上で言えば、拮抗したゲームをモノにできるかどうかの分かれ目として、勝利への執念は欠かせない。「J2優勝、J1復帰」という目標を達成するためなら、ピッチ上で言い合いをしたっていい、と僕は思うのだ。


戸塚 啓(とつか けい)
1991年から1998年までサッカー専門誌の編集部に所属し、同年途中よりフリーライターとして活動。2002年から大宮アルディージャのオフィシャルライターを務める。取材規制のあった2011年の北朝鮮戦などを除き、1990年4月から日本代表の国際Aマッチの取材を続けている。


春夏秋橙バックナンバー