ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.015 田口 和生(大宮アルディージャ広報・プロモーショングループ)

深い

 「あれは、ノーチャンスでしたね」

 選手たちの取材に立ち会っていると、たまに耳にするフレーズです。相手のシュートや得点の形を評価することで、GKに失点の非がないことを意図する表現。確かに、全てのシュートを止めるのは現実的に不可能だろうと思います。

 ある日の練習後、この投げ掛けに対して、笠原昂史は次のように答えました。

 「うーん。でも、何かできたと思うんですよね。今日のトレーニングでも藤原(寿徳)GKコーチと、あの場面について話をしていました」
  •  GKは非常に難しい立場だと思います。一人だけフィールドプレーヤーとは異なるユニフォームをまとい、ゴール前の最後の砦として、手を使えるチーム唯一の選手として、人一倍の覚悟を胸に秘めています。

     それでいて、一度の過ちが大きな代償につながりかねません。素晴らしいプレーで幾度となくチームを救っても、最も目立ってしまうのは、やはり失点シーンだったりします。仮に失点してしまっても、自責の念にかられながら、時には真後ろからの声にも耐えながら、次に向かっていかなければなりません。
  • #22笠原
 「引きずってはいけないので、試合中はすぐに切り替えますけど、終わってからは、『何かできることはなかったか、どうすれば防げたのか』を考えながらトレーニングします。それがなくなったら、プロサッカー選手として終わりかなと」

 彼らが言う"できること"は、自分自身の動作だけでないようです。チームメートへ声を掛けてポジションを修正したり、DFと連係してシュートコースを切ったりすることもそう。厳しい言葉で周囲を鼓舞することも一つ。打たれたシュートへの対応だけでなく、その1つ、いや2つ、3つ前まで振り返っているのです。

 "できること"について、塩田仁史にも投げ掛けてみました。

 「例えばクロスの場面だけでも、僕らは4つか5つのパターンを想定しています。失点したくないと思えば思うほど、ボールホルダーを見過ぎてしまうものですが、周囲の状況を把握しておかなければいけません。クロスボールをパンチングするにしても、やり方によっては失点につながるかもしれないし、自分たちの攻撃につなげることもできますから」

 90分間のうち、GKがボールに触れる機会は何回あるでしょうか。近年ではビルドアップへの貢献が求められているとはいえ、手を使う場面は数えられる範囲でしょう。いつか訪れる一瞬のために、彼らは日々の練習から常に備えているわけです。塩田は、苦笑いしながら続けました。

 「近年は攻撃のバリエーションが増えてきていますし、GKに求められるものが、どんどん増えてきていますよね。これからの選手は、もっと大変になると思いますよ」

 GKの世界は、奥が深い。だから、彼らの話は面白い。


田口 和生 (たぐち かずお)
2005年から週刊サッカーマガジン編集部に勤めた後、スポーツクラブ勤務などを経て、2014年10月より大宮アルディージャ広報・プロモーショングループに。高校選手権の県予選で一度だけ、改修前の大宮サッカー場でプレーしたのが良い思い出。


春夏秋橙バックナンバー