ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.016 岩本 勝暁

期待

 カウエがアルビレックス新潟へ期限付き移籍することを知ったのは8月16日、アジア大会の取材でインドネシアに出発する2日前のことだった。

 彼のプレーを初めて見たときのインパクトが強烈に残っている。NACK5スタジアム大宮で行われたFC東京戦だっただろうか。188cmの長身で鋼のような肉体。それでいて、身のこなしは軽やかで、しなやかにボールを操る。この試合で決めた豪快なボレーシュートは、今も脳裏に刻まれている。

 ただ、今シーズンは負傷に苦しみ、出場機会は天皇杯の2試合のみ。AC長野パルセイロ戦にいたっては、アクシデントがあり前半途中でベンチに下がっている。個人的には、彼が加入して約1年、ほとんど話す機会がなかったことが心残りだ。必ず復帰してチームのJ2優勝、J1復帰に貢献してくれると信じていた。

 クラブ創立20周年を迎え、会報誌「VAMOS」やマッチデープログラムで昔を振り返る機会が増えた。過去に在籍した外国籍選手についても、インターネットを駆使しながら当時を遡って随分と調べている。

 思い出深いのが、初めてJ1昇格を果たしたときに在籍していたトニーニョ 、トゥット、バレーのブラジリアントリオだ。三人三様で、全員がチームの大黒柱として活躍。その素晴らしい人柄から、ピッチ外でも多くのファン・サポーターに愛された。

 そのトゥットの前に在籍した、ダニエルというブラジル人選手を覚えているだろうか。とても愛着のある選手だった。2004シーズンの開幕前にインタビューする機会に恵まれた。午後にインタビューとなり、NTT東日本志木総合グラウンドでの午前練習を見に行った。

 ファーストタッチを見て驚いた。ボールタッチが柔らかく、まるでボールが足元に吸い付いているようだった。二十歳そこそこだったと思う。いやが応にも期待は膨らんだ。だが、無得点のまま、わずか5試合で大宮を去った。

 最強の外国籍選手を一人だけ挙げるとするなら、僕は迷いなくラファエルを選ぶ。得点能力が高く、ダービー男として知られた。浦和レッズ戦に6試合出場して7ゴール。身長190cmは、隣に並ぶと見上げるほど大きかった。ニカッと白い歯を見せる笑顔が今も忘れられない。
  •  カウエの期限付き移籍から6日後の8月22日、ダビド バブンスキーの加入が発表された。昨シーズンは横浜F・マリノスの試合をチェックするタイミングがなかったので、映像で確認してみた。なるほど。昨年のリーグ開幕戦で決めた先制ゴールは鮮やかで、インパクトも十分だ。
  • ダビド バブンスキー
 インドネシアでは残念ながらDAZNが見られない。激しい打ち合いを見せた第30節のレノファ山口FC戦は、祈るような思いでテキスト速報の文字を追い、ドキドキしながらハイライト映像を見た。果たして、新加入のマケドニア代表MFは、どんな輝きを見せてくれるのだろうか。J2優勝、J1復帰に向けたラストピースとして期待は高まる。


岩本 勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。


春夏秋橙バックナンバー