ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク

オフィシャルライターコラム「春夏秋橙」

ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を伝えたい。これまで書き切れなかった情感を伝えたい。『Vamos』やマッチデープログラムなどの取材から映る景色を、クラブオフィシャルライターの視点で、たまに広報・プロモーション担当の視点で、お届けします。


春夏秋橙タイトル



Vol.028 平野 貴也

気付き

 参入プレーオフ1回戦で敗れ、J1復帰は、ならなかった。何度思い返しても悔しいが、過ぎ去ったことを悔やんでも始まらない。少し落ち着いて考えれば、今後に向けた収穫も浮かんでくる。アカデミーの生え抜きである大山啓輔が、一年を通して主力として戦えたことは、その一つだ。今シーズンは守備面で大きな変化を感じた。

 的確なパスやクレバーなゲームメークは、ユース時代から見せていた強みだ。しかし、プロ入り後はコンタクトプレーという課題に苦しんでいた。パワー不足でボールを奪われたり、相手を止められずにファウルをしてしまったりする場面が多かった。

 ところが、どうだ。「今は守備のことしか考えていない。守備ができなければ、石井さんに起用されることはない」と、シーズン序盤から話していたが、相手にプレッシャーを掛けるだけでなく、苦手なはずのコンタクトプレーで何度もボールを奪った。

 ヒントになったのは、元日本代表の中田英寿のプレーだ。年始のキャンプで大山を見た大塚慶輔フィジカルコーチは、「こんなに体をうまく使えるのに……と思った」という。その上で、「中田みたいに足を運んで、腰をグッと低くしてひねるとか、相手の懐にお尻から入って行くとか。あれは彼の特長だし、特異な能力だよ」とアドバイス。ボール奪取の際に、ボールに対して足から飛び込んだり、上体で腕を絡めたりという方法ではなく、我慢して相手に接近し、低い重心でコンタクトするのが特徴だ。

  •  課題解決の方法を探っていた大山は、「中田ヒデさんには、ほど遠いですけどね」と言って表情を緩め、こう続けた。「映像を見て、中田さんの奪い方は勉強しています。自分のプレーを見返しても、良いときは同じような奪い方ができている。ボールを奪った上で、相手の力を利用して前に行くとか、反転するとか。ツカさんは、僕が自分のウィークポイントをストロングポイントにしようと考えていことに気づいて、一つの方法を提示してくれました。気付かないところに、気付かせてくれた。確実にプラスになっています」。
  • 大山 啓輔
 中央でボールを奪って相手と入れ替われば、その後の選択肢は豊富だ。ドリブルで前に持ち出し、相手の守備を動かしながらパスを送れる。サイドに散らすパスではなく、得点チャンスを演出するスルーパスが増えたのは、ボール奪取が増えたからだろう。プレーオフで負った眼窩底骨折を治し、今シーズンに得た手応えを、きっと来シーズンに生かしてくれるはずだ。


平野 貴也(ひらの たかや)
大学卒業後、スポーツナビで編集者として勤務した後、2008年よりフリーで活動。育成年代のサッカーを中心に、さまざまな競技の取材を精力的に行う。大宮アルディージャのオフィシャルライターは、2009年より務めている。


春夏秋橙バックナンバー