ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SEARCH SNS ENGLISH

戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2018キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンシート
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
無料会員
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
ライターコラム「春夏秋橙」
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
オレスク便り
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > J1 第14節 柏戦
J1
flets
2012 6/16(土) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
柏レイソル
9'カルリーニョス
58'チョ ヨンチョル
22'レアンドロ ドミンゲス
25'ジョルジ ワグネル
33'田中 順也
46'工藤 壮人
スカパー!e2:ch.245/スカパー!HD:ch.605/スカパー!:ch.308/テレ玉
TV放送スカパー!e2:ch.245/スカパー!HD:ch.605/スカパー!:ch.308/テレ玉

後半に意地を見せるも、ベルデニック監督の初戦は飾れず

ベルデニック新監督の下で新たなスタートを切ったアルディージャは、その初戦となるJ1第14節で昨季王者の柏と対戦した。W杯アジア最終予選による3週間の中断期間を挟んだリーグ戦は残り21試合。15位からの巻き返しを図るため、そして、目標である勝点50を獲得するためにも、リスタートの一戦を白星で飾りたい。
この試合、ベルデニック監督は4-4-2のフォーメーションを採用した。江角がゴールマウスを守り、最終ラインは右から渡邉、片岡、菊地、下平の4人。中盤の底に青木とカルリーニョスが入り、トップ下を務めることが多かった東は金久保とともにワイドに張り、前線ではラファエルとチョ ヨンチョルが2トップを形成した。
小雨が降り続くNACK5スタジアム大宮。新生アルディージャの戦いは、柏の田中のボールタッチで19時3分にキックオフした。

ともに4-4-2で臨んだ両チームの戦いは、立ち上がりから一進一退の様相を呈した。アルディージャは中盤で激しいプレスを仕掛け、柏のパスワークを寸断する。選手たちの誰もが注意したいと口を揃えたレアンドロ ドミンゲスとジョルジ ワグネルに対しては、金久保と東、カルリーニョスと青木、さらには片岡と菊地のセンターバックも素早く身体を寄せて仕事をさせなかった。
すると9分、最初の決定機がアルディージャの先制点となる。東、チョ ヨンチョルとつないだボールを受けたカルリーニョスがスピードに乗ったドリブルでゴール前まで持ち込み、左足を振り抜いてサイドネットを揺らした。「素早いパスワークから、しっかりとミートして決めた気持ちのいいゴール」と本人も自画自賛した素晴らしい先制点だった。
ところがアルディージャは、先制点で流れを引き寄せることができない。22分と25分、一瞬のすきを突かれてレアンドロとジョルジにゴールを重ねられてしまう。栗澤のロングボールをダイレクトで捉えたレアンドロのボレーはポスト内側を叩いて同点ゴールとなり、酒井のシュート性のクロスのこぼれ球に反応したジョルジの一撃は逆転ゴールに。さらに33分、レアンドロのFKからの近藤のヘディングは下平が懸命にクリアしたものの、そのボールを拾った田中に狙われると、最後は工藤に詰められリードを2点とされた。わずか11分間で3失点。アルディージャは1-3でハーフタイムを迎えた。

後半開始早々にも悪夢が続く。最終ラインからのビルドアップをジョルジにカットされ、ゴール前へのラストパスを工藤に決められてしまう。点差は3点。警戒が必要な時間帯に許した4点目により、アルディージャの戦況はさらに困難なものになった。
しかし選手たちは、ハーフタイムに発せられた「ゲームはまだ終わっていない」というベルデニック監督の言葉を証明するかのように、ここから意地の反撃を開始する。58分、ショートコーナーをつないでからの東のシュートは増嶋にクリアされるが、「ゴール前にボールが集まっていたので待ち構えていたら、いいところにこぼれてきた」というチョ ヨンチョルが粘り強く押し込み、点差を2点に縮める。
71分、カウンターから藤田にクロスバーを叩くシュートを許しはしたが、その後は柏を自陣深くに押し込み、一方的とも言える攻勢を見せた。交代出場した渡部、村上、市川の3人も胸を打つパフォーマンスを披露する。東とのコンビネーションから渡部がゴールに襲いかかり、カルリーニョスのクロスに飛び込んだチョ ヨンチョルのボレーはわずかに枠を外れる。さらに村上のクサビのパスを受けたラファエルが相手を翻弄すると、最後は市川が絶妙なフェイントでDFをかわして左足でフィニッシュを放つ。だが、ボールは相手にぶつかり追加点には至らなかった。それでもスタジアムのボルテージは最高潮に高まり、選手たちの闘志は途切れることなく発揮された。最終的に4分のアディショナルタイムにもゴールは生まれず、ベルデニック監督の初戦は2-4でタイムアップを迎えた。

とはいえ、悲観する必要はない。アルディージャの選手たちが後半に見せた怒涛の追い上げは、これまでの敗戦とは一味違う期待感を抱かせるものだった。ベルデニック監督は試合後、「我々は良いときと悪いとき、まだまだ波がありました。しかし、現時点で持ち得るすべてのものを出せた。特に闘う姿勢は見せられた」と力強く語った。指揮官と同じ印象を持ったファン・サポーターも少なくないだろう。その言葉を信じて残り20試合を戦い抜きたい。

(総評: 粕川 哲男 /写真:山田 勉)

ベルデニック監督のコメント

今日の試合は、それほど悪くはなかったと思います。もちろん結果は悪いものでしたが、我々はしっかりプレーしようと、攻撃的に戦おうとトライしました。
自陣での守備、中央での守備を集中させようと試合に臨みました。最初の20分間は非常にうまくいきましたが、その後、簡単にボールを失う場面が非常に多くなりました。それを相手に利用され、得点に結びつけられてしまいました。試合前のミーティングでは、中央で、後ろがオープンになる状態で簡単にボールを失わないように、その責任をそれぞれが持ってプレーするように、と注意を与えていましたが、残念ながらうまく機能しませんでした。
しかし後半は、得点に結びつけることはできなかったものの、チャンスを数多く作れたと思います。
柏は試合を非常に良くコントロールして結果に結び付けていました。我々よりもいいチームだったと思います。我々はいい時と悪い時の波がまだまだありました。
この1週間で大きな変化をもたらすことはできなかったかもしれませんが、我々が現時点で持ち得るものすべてをピッチ上で出せたのではないかと思います。特に、戦う姿勢は非常に良く出ていました。現時点での選手のクオリティを考えれば、やや攻撃的な戦い方だったかもしれません。今後はウイークポイントによりフォーカスして、トレーニングを続けていかなければいけないと考えています。

Q:交代は3人とも、攻撃的な姿勢を見せるためのものだったのか?
監督:誰をどのタイミングで交代させるか、非常に考えていました。残念ながら現時点で私は、ベンチメンバーを含め選手を100%把握できていないので、交代に少し時間がかかったかもしれません。もちろん、すべての交代は試合状況を改善させるためのものです。

Q:現在の大宮はどんなところに問題点があると考えているか?
監督:我々のウイークポイントは守備にあると思います。非常にたくさんの失点をしていますし、サイドから攻撃される回数も多いです。何よりも、攻撃している際に簡単にボールを失ってしまうということと、その後の切り替えの遅さ…何人かの選手は素早く切り替えられていますが、まだ何人かの選手は遅さが目立っているので、そこは修正していきたいと考えています。

カルリーニョス選手のコメント

この苦しい状況に我々がいることがとても悔しい。後半立ち上がりに4点目を失いさらに苦しくなってしまいましたが、その後もアグレッシブさを失うことなく、戦う姿勢を見せられたと思います。監督から要求されていることが、少しですが表現できましたし、決して違った方向には向かっていないと思うので、これからも信じて戦いたいです。

 
Q:どんな気持ちでこの試合に臨んだのか?
 カルリーニョス:プロとしてもう何試合も経験していますが、今日に限らずどの試合でも、やはり試合前はいい意味での緊張感があるものです。今日もその緊張感はありました。このグラウンドですべてを表現しようと、支えるべき家族やサポーターのために戦う気持ちを見せたいと思いました。そうした思いでいっぱいでした。
 
Q:得点場面を振り返って。
 カルリーニョス:気持ちのいいパスワークから、良くミートできてゴールに入ってくれました。非常に素早いプレーでしたし、いいゴールでしたが、やはり結果がついてこないと、負けてしまうとそのゴールの味も薄れてしまいます。次こそは試合に勝って、勝利の味をみんなで分かち合いたいです。
 
Q:敗戦の中でもつかんだ手応えは?
 カルリーニョス:前半は、監督の要求していることをなかなか表現できませんでした。アグレッシブにプレーする、ボールを持ったら前に運ぶ、プレッシャーをを掛けるべきところでしっかり掛ける、そうしたことをなかなかできませんでした。しかし後半は、少しですが表現できたと思います。まだ新監督に代わってから間もないですが、少しだけでも表現できたことはプラスのポイントだと思っています。これからもっと練習を重ねていくにつれて、さらに精度は上がってくると思うので、頑張っていきたいです。

チョ ヨンチョル選手のコメント

前半で先制して、いい流れで行くのかなと思っていましたが、その後は相手ボールをなかなか奪えずに前半で3失点してしまいました。前半はとても悪い流れで終わってしまったので、後半に入る前にみんなで話をして、守備のやり方を少し変えて入ったのですが、立ち上がりでまた失点してしまいました。そこからは自分たちのペースで攻め続けて、1点返すことはできましたが、同点まで追いつけなかったことはすごく悔しいです。

 
Q:新体制での初戦、どんな気持ちで臨んだのか?
 チョ:今日は、みんなで今まで1週間やってきたことを頑張ってやろう、という感じで臨みました。まだこれからだと思うし、もっと良くなると感じています。
 
Q:得点場面を振り返って。
 チョ:後半はゴール前にボールが集まっていたので、チャンスを狙って待っていたら、ボールがいいところにこぼれてきました。決めることができてよかったです。
 
Q:ラファエルとの2トップはどうだったか?
 チョ:前半は攻める時間が少なくて、攻撃面ではあまり良さが出ませんでした。後半は、ラファがボールをいっぱいさわって僕が裏に抜けたり、僕がボールをもらったらラファがスペースに走ったりと、いい場面がいくつかありました。これからも2人でもっと話し合ってやっていきたいです。
 
Q:前半途中で監督から何か指示があったようだが?
 チョ:最初は2トップでしたが、途中から1トップの形に変えて、2人のFWが縦関係になる、という指示がありました。
 
Q:後半になって攻撃が活性化した理由は?
 チョ:2人のFWの選手が、相手のセンターバックに対してプレッシャーをしっかり掛けて、相手に自由にプレーさせないようにできていました。それで相手も嫌だったと思うし、逆に前半はそういうプレーができませんでした。
 
Q:今日の試合で感じたチームとしての手応えや課題は?
 チョ:前半は全体として少し引き過ぎたかな、と感じていました。もっと自分たちでボールを奪いに行って、相手を自由にさせない時間帯を多くしなければいけません。今日はそれができず、前半に相手のペースでやられてしまったことは課題だと思っています。

Twitter

@Ardija_Official