ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田生命J1リーグ > 第3節
明治安田生命J1
第3節
アルディージャビジネスクラブ
2017 3/11(土) 15:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
ジュビロ磐田
磐田
73'清水 慎太郎
5'中村 俊輔
47'川又 堅碁
DAZN/テレ玉/浜松エフエム放送
TV放送DAZN/テレ玉
ラジオ放送浜松エフエム放送

悔しい3連敗、清水のゴールから反撃も及ばず

 今シーズン2回目のホームゲームは、明治安田J1第3節の磐田戦だ。開幕2連敗を喫している状況だけに、ホームで初白星を挙げて巻き返しを図りたい。渋谷監督は、ともに今シーズン初先発となる横谷、マテウスを両サイドハーフに起用して打開を図った。

 その効果は序盤から表れた。特に右サイドから横谷が狙い澄ましたクロスを上げる場面が多く、ペチュニクや江坂が得意のヘディングでゴールを狙った。しかし、試合開始早々の5分、ペナルティーアーク付近から中村俊に直接FKを決められ、先制を許してしまった。加藤順は反応したが、タイミングをずらされて届かなかった。3試合連続で先制される、嫌な展開だ。

 10分に太田に放たれたシュートはクロスバー直撃。23分にも中村俊のクロスにアダイウトンが飛び込んでワンタッチシュートを打たれる危険な場面があり、加藤順のワンハンドセーブで辛くも難を逃れた。反撃のチャンスがないわけではないが、厳しい立ち上がりとなった。リードを得て余裕を持った相手を揺さぶるのは、難しい。

 渋谷監督は状況を変えるために布陣の変更を指示。横谷がトップ下に入って、大山、茨田と連係し、江坂が左、マテウスが右に開き、ペチュニクが1トップ気味になってパスワークを活性化させた。

 まだ1点差――。追いつき、勝ち越したい展開だったが、悪い時間の失点がまたも生まれてしまった。後半開始早々、最終ラインの裏にロングボールを蹴り込まれて菊地がクリアしきれず、コンタクトプレーに強い川又にボールを奪われ、再び失点。さらに53分、アダイウトンにフリーでシュートを打たれるピンチもあったが、加藤順が足で防いだ。

 加藤順は「あれ以上、やられるわけにはいかなかった」と意地のビッグセーブを振り返ったが、一方で「失点の時間帯が悪かったことが、敗因」と、昨年8月の負傷以来の先発復帰を勝利で飾れなかった悔しさをのぞかせた。

 2点を失った後はムルジャ、清水が投入され、右からの低いクロスを2人がスルーして、ポストプレーから大山がシュートを放つなど反撃。そして73分、「試合中、スロワーと中村俊選手のタイミングが合っていないと感じていたので、もしかしたらと思って狙っていた」という横谷が、右サイドで相手のスローインをインターセプト。そして、ファーサイドへ緩やかなクロスを上げた。

 ボールの落下点にいたのは、注文通りのボールを得意のジャンプで待ち受けた清水だった。「滞空時間を長く取れたのでかけ引きもできた」というヘディングは、相手GKの手をはじいてゴール。反撃の狼煙となった。終盤には岩上が投入され、ロングスローからのパワープレーなどで猛攻。88分には清水が左サイドで相手をかわして、際どいシュートを放つ場面もあった。

 しかし同点ゴールは生まれず、3連敗となってしまった。気落ちを誘う結果であることは間違いない。ただ、加藤順は「大事なことは、負けても下を向かないでやっていくこと。それは僕の役割でもあると思っているから、声を出して前向きにしていきたい。今シーズン初得点で1点を取れば勢いが出るところも見せられたと思う」と、チームの歩みを信じて初勝利にまい進する覚悟を示した。次戦は、アウェイでの甲府戦。今度こそ初勝利をつかみたい。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

渋谷 洋樹監督会見映像

選手コメント

MF7 江坂 任 (#7任)
「攻撃的なポジションなら、どこでもできるのは自分の特長の一つですが、どの位置でプレーをしても得点に絡むプレーができなければ意味がありません。昨年は良い守備が良い攻撃につながっていました。このチームのベースとなる部分ですし、与えてはいけない時間に得点を与えてしまうと厳しい展開になってしまいます。攻撃にも課題はありますが、まず守備の部分をしっかり取り組んでいきたいです」

FW14 清水 慎太郎 (#14慎太郎)
「繁くんが良いボールを上げてくれたので、自分は相手とのかけ引きをしっかりして決めるだけでした。繁くんに感謝したいです。今週一週間、良い感覚でプレーできていましたし自信がありました。もう一つチャンスがありましたが、もう少し強く蹴っていれば入ったと思います。開幕3連敗となってしまいましたが、取り返せるように頑張っていきたいです」

MF16 マテウス (#16マテウス)
「タフな相手とのタフな試合になると思っていました。監督からは相手の背後を取るプレーと、仕掛けるプレーをしてほしいと言われていましたが、相手の厳しいマークもあり、堅い守備をこじ開けることができず、パスも最後のところで合わないシーンが多くありました。今日の試合で学ばなければいけないのは失点の時間帯です。前後半の立ち上がりで取られてしまうと、相手に引かれてスペースがなくなってしまいます。先制点を取ることが今の自分たちの課題だと思います」

MF17 横谷 繁 (#17横谷)
「前半はボールがうまく回らず、もっとシンプルにプレーできればと思っていました。後半途中からボランチになったので、ボールを散らしてピッチの幅を使いながらプレーすることを心掛けました。得点シーンは、ニアがマークされていたのでファーに上げましたし、慎太郎の得意な形だったと思います。3連敗してしまいましたが、少し甘くなっている球際の部分などを見つめ直し、選手、スタッフ、サポーターが一つになって、ブレずに勝利だけを目指してやっていければと思います」

Twitter

@Ardija_Official