ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田生命J1リーグ > 第5節
明治安田生命J1
第5節
富士住建
2017 4/1(土) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
鹿島アントラーズ
鹿島

79'土居 聖真
DAZN/NHK BS1/ニッポン放送
TV放送DAZN/NHK BS1
ラジオ放送ニッポン放送

堅守の善戦報われず、終盤に先制され5連敗

 とにかく苦境を脱したい。開幕4連敗と苦しんでいる状況のまま4月を迎えた。今月からはYBCルヴァンカップも戦う、新たな戦力の台頭も期待できる。巻き返しを図る1カ月にしたいところだ。

 まずは明治安田J1第5節、ホームでの鹿島戦で連敗を止めたかった。渋谷監督はMF金澤、DF和田と守備に定評のある選手を先発に起用した。ともに今シーズン初出場だ。渋谷監督は試合後に「守備をしっかりとやってから攻撃を、と思ってやってきた」と、守備重視で臨んだことを明かした。

 前半は2人の守備力が効果を発揮した。立ち上がりはピンチが続いたが、加藤順のセーブで死守。金澤のスライディングによるインターセプトや和田のカバーリングで、シュートを打たれる前にボールを奪う場面が見られ、少しずつ反撃の機会をうかがった。

 30分、遠藤にシュートを打たれる場面があったが、直前にペドロ ジュニオールに中央でドリブル突破を許した際に和田のカバーが間に合っていなければ、もっと危険な状況に陥っていただろう。

 どれだけ苦しくても、先制点を与えずに我慢ができれば、反撃の機会は必ずやって来る。13分に奥井のクロスに金澤が飛び込んだ場面、33分にカウンターから江坂がドリブルシュートを打った場面(3Dハイライト映像[A Point of View]はこちら)、前半終了間際に右CKからムルジャがヘディングした場面と、数は少ないながら得点チャンスを作り出した。

 決して悪くない展開だった。しかし、連敗という状況がプレーバランスを揺さぶる。前半にカウンターの起点となっていた長谷川は、「守ってからカウンターを仕掛けることや、前に行かずにボールを落ち着かせることはできていた。でも、シュートで終われていなかった」と、プレーに自信を持ち切れない心境をほのめかした。

 また、長い距離をドリブルで運んだ江坂も、「ドリブルでかわしていかないとFWとの距離が縮まらないし、セカンドボールを拾われて、守っていると押し上げられない」と、反撃に出にくい時間が続く焦りを抑える苦心をにじませた。連敗中は、守備の重要性を分かっていても守ってばかりで耐え切れるのかという気持ちや、点を取って勝ちたいという気持ちが沸いてしまうのだろう。

 67分に加藤順が負傷交代するアクシデントがあったが、76分の決定的なピンチは途中出場の塩田が死守した。ただ、時間の経過とともに全体が間延びしてくると、79分に自陣でのパスミスからカウンターを受け、土居にゴールを奪われた。試合終盤までスコアレスで粘ったが、またも先制点を奪われた。

 1点を追う展開になり、最後は河本を前線に残してパワープレーを展開。目安6分と表示されたアディショナルタイムを含めて必死にゴールを狙ったが、鹿島の牙城は崩せなかった。

 開幕から5連敗。難しさが付きまとう。長谷川は「良くないボールの取られ方やミスが、この状況では響く。自信を持ってプレーするのは言うほど簡単ではないけれど、一人ひとりがそういう気持ちを持たないと状況は変わらない。もう一度、みんなで共通意識を持って戦わないといけない。早く、ファン・サポーターに喜んでもらえる姿を見せたい」と悔しさをかみ締めながら、苦境からのばん回を誓った。誰もが悔しさと責任感を抱えた状態で、次節の神戸戦を迎える。ホームでの連戦で力を集結し、連敗のトンネルから抜け出したい。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

渋谷 洋樹監督会見映像

選手コメント

FW10 大前 元紀 (#10元紀)
「押し込まれる時間が長かったですし、自分たちでボールを保持する時間が少ない中で耐えていましたが、先に失点してしまいました。ディフェンス陣はゼロで抑えて頑張ってくれていましたし、前線の選手として得点を決めたかったです。切り替えてやるしかないですし、次もホームですから絶対に連敗を止めたいです」

DF22 和田 拓也 (#22拓也)
「久しぶりの公式戦でしたので不安もありましたが、コンディションも良かったですし、準備もしてきましたので、しっかりゲームに臨めました。左サイドに流れてくるペドロ ジュニオールも含めて、アーリアと連係しながらうまく守れていたと思います。前半を0-0で折り返しましたが、後半になって徐々に押し込まれてしまい、攻めにいくことができなかったことが0-1という結果に表れています。前半以上のプレーを後半に出せるようにしていかないといけないと思います」

MF23 金澤 慎 (#23金澤)
「鹿島が相手でしたが、勝点3を目指して準備してきたので残念ですし、応援してくれたファン・サポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。戦う姿勢や守備の部分で周りの選手を助け、自分がハードワークすることで勝利に近づければと思っていましたが、途中交代となってしまい最後までチームに貢献することができませんでした。しっかりトレーニングして、最後までピッチに立ってチームの力になれるようになりたいです」

MF28 長谷川 アーリアジャスール (#28アーリア)
「これだけたくさんの人が来てくれたのに、ホームで勝つことができなくて本当に悔しいです。僕自身も久しぶりの先発で気持ちが入っていましたし、チームの勝利に貢献したかったです。終盤に決められてしまい残念ですが、下を向いても仕方がないですし、もう一度気を引き締めてしっかり戦って、ホームで勝つための準備をしていきたいと思います」

Twitter

@Ardija_Official