ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 > 第15節
明治安田J2
第15節
アルネットホーム
2018 5/19(土) 16:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
FC岐阜
岐阜

24'古橋 亨梧
53'竹田 忠嗣
DAZN
TV放送DAZN

劣勢の前半に課題。終盤の猛攻も及ばず敗戦

 5月も半ばを迎え、「暑い」という言葉が口を突く季節になった。シーズンは中盤戦に入り、試合は厳しさを増す。明治安田J2第15節は、岐阜を迎え撃つホームゲームだ。試合前の順位は14位。前節・山形戦は先制に成功したが、セットプレーで失点を喫して引分けた。勝利を逃した印象があるものの、連敗は避けられた。夏場は勝点を着実に積み上げながら、シーズン終盤で総力戦に挑めるチームに磨き上げていくことが肝心だ。

 試合序盤は、互いがパスを丁寧につなぎながら攻め合う展開で、決して悪くなかった。ただ、攻守ともに迫力や脅威を欠いた。前線のシモヴィッチにパスを入れて押し込む形はあったが、公式記録では前半のシュート数はゼロだった。

 大前との連係が噛み合わなかった嶋田は、「距離感は悪くなかったと思うけど、相手が前から奪いに来ていたので、もっとシンプルにロビンを生かしたり、スペースに飛び出したりした方が良かったのかもしれない。前半は相手の圧力に圧倒された」と悔しがった。

 守備でも気迫を欠き、次第に試合のペースを奪われた。ボランチが最終ラインに下がり、数的優位を作る岐阜のパス回しは巧みだった。ボールを奪い切れず後手を踏んだ。そして24分、スローインから自陣右サイドをコンビネーションで崩され、先制点を奪われた。

 後半に入ると、大前がハイプレスを掛けてボールを奪うなど、ようやく勢いが出た。51分には、三門が相手の隙を突いて高い位置でボールを奪いクロス。大前が飛び込んでチャンスとなった。ところが、53分にセットプレーで追加点を奪われた。58分、石井監督は富山とマテウスを同時に投入。85分には最終ラインの河本に代え、マルセロを前線に投入した後は猛攻を見せた。

 89分、マテウスのクロスに大前が飛び込むもゴール左に外れた。アディショナルタイムにも、大前のボレーや右CKからの富山のヘディングでゴールを狙い続けた。マルセロも短時間で活躍。マテウスのクロスに飛び込んだ場面や、左足の低いシュートをゴール左に飛ばした場面は惜しかった。

 しかし、得点は最後まで奪えなかった。試合後はファン・サポーターからブーイングを浴びた。思い当たるところがあるから一層、悔しいのだろう。試合後の三門の言葉は、自責と憤慨に満ちていた。

 「相手の戦術にはまったとか、そういう話じゃない。外されたら相手を2度追うとか、互角のボールに飛び込んで自分や味方の前に必ず転がすという気持ちでプレーするとか。そうやって一生懸命にプレーした後なら、サポーターの方からああいう声は出ないと思う。非常に申し訳ない気持ち。前半に戦う姿勢が足りなかったことが悔やまれる。自分も周りをそうさせられなかった。こういう試合の後でポジティブになるのは難しいけど、『頑張れ』と言ってくれたり、拍手をしてくれたりした方々もいる。とにかく、少しでも良くなるように練習から全力を尽くすだけです」

 次戦は、栃木とのアウェイゲーム。試合の立ち上がりから、アグレッシブに戦う姿を期待したい。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

石井正忠監督 会見コメント

「今日の試合は前半のプレーがポイントになりました。後半のような戦い方を前半の頭からできていればこのような展開にはならなかったと感じています。試合後、サポーターへの挨拶のときに選手がブーイングを受けていましたが、それは私自身が受けるべきだったと思います。選手は最後の最後まで戦ってくれましたし、試合の立ち上がりに戦う姿勢という意味でのスイッチを入れられなかったのは私の責任だと思っています」

選手コメント

MF7 三門 雄大 (#7三門)
「暑い中でパスを回されましたが、もっと我慢強く戦えれば良かったです。劣勢だった時間帯の戦い方に課題が残りました。ボールを握って勝つのが理想ですが、時には割り切ることも必要ですし、細かな部分での対応を間違えなければ、その積み重ねで結果も違うものになっていたと思います。プロである以上、厳しい声も受け止めないといけませんが、誰か一人が悪いわけではありません。チームとして結果を出しながら、皆さんに応援してもらえるプレーにこだわっていきますので、引き続きサポー卜をお願いします」

GK22 笠原 昂史 (#22笠原)
「岐阜は出足が早かったですし、そこで負けていました。確かに相手に勢いはありましたが、自分たちも相手が嫌がることを前半からできていれば結果は違ったと思います。風が強く守るのが難しい場面もありましたが、やられてはいけませんし勇気をもって判断しないといけません。全員が歯を食いしばってひたむきにやるしかありません。プレーできる喜び、原点に立ち返って、来週からトレーニングをしていきたいです」

FW28 富山 貴光 (#28富山)
「サポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。前線でボールを収めて、裏へのランニングをしてほしいという指示を受けてピッチに入りました。2枚替えでしたが、一緒に入ったマテウスも仕掛けてから早めにクロスを上げると言っていたのでそれに合わせられればと思っていました。全体的に運動量が少なかったですし、もっと勝利への執念をみせないといけません。J2は甘くないですし、自分たちを見つめ直してやっていきたいです」

MF33 奥抜 侃志 (#33奥抜)
「相手が前から早いプレスをかけてくるのはわかっていましたが、はまってしまうことが多かったです。プレスを外すためにも、自分も含めて前線の選手がもっと駆け引きをしたりすることが足りなかったと思います。試合に出始めた頃は、シュートを打てていましたが、最近はシュートを打てていませんし、もっと攻撃に絡まないといけません。次こそは勝点3を取れるよう戦いますので、応援よろしくお願いします」

Twitter

@Ardija_Official