ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第9節 横浜FC戦
明治安田J2
第9節
NTT東日本
2019 4/14(日) 14:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
横浜FC
横浜FC
29'フアンマ デルガド
54'フアンマ デルガド
86'戸島 章
DAZN
TV放送DAZN

フアンマが2ゴール、ホームで4連勝飾る

 開幕から5試合で1勝2分け2敗。序盤はエンジンが掛からなかったが、アウェイで長崎を下した第6節から勝利を重ね、浮上の流れはつかんだ。3連勝で迎える明治安田J2第9節は、横浜FCを迎えるホームゲームだ。

 序盤は互角だった。前線のフアンマにボールを入れてから攻撃する形は作れていたが、なかなかシュートを打たせてもらえなかった。しかし、10分が過ぎると少しずつペースを手繰り寄せ、セットプレーの好機が増加。26分には大前が左CKから直接ゴールを狙う場面もあった。

 この時間帯に注目したいのは、茨田、大山、奥井、大前らが頻繁にコミュニケーションを取っていたことだ。キックオフ前の準備は大事だが、試合中の確認や修正は、より重要になる。

 「特に右サイドで組む選手と、互いに気付いたことについて声を掛け合った。攻撃では、相手の選手が自分に寄ってきていたので、自分に引きつけることでイーニョくんは、いつもより中央寄りでパスを受けて、クロスにもシュートにも行ける形にできると思った」。茨田は、相手の動きを確認しながら攻略を図っていたという

 そうした努力が、惜しいチャンスを次の段階へ進ませた。29分、フアンマを起点にして左から右へ攻撃を移すと、ボールを持った奥井が、中央の茨田にパスを預けてスピードアップ。リターンを受けてシュートを狙った。そして、こぼれ球に飛び込んだフアンマが、相手と競り合いながらシュートを突き刺し、先制に成功した。

 後半は、反撃ムードの相手に押し込まれる展開から始まったが、見事なカウンターアタックがさく裂した。54分、相手の左FKを防いだ直後、石川が猛然とダッシュ。大前が落ち着いてパスをつなぐと、石川がドリブルでカウンターを仕掛け、呼応してかけ上がった茨田へパス。石川はさらに前に走り、右サイトで茨田のスルーパスを受けてクロスを送ると、ファーサイドへ走り込んだフアンマがGKの逆を突いて追加点を奪った。

 2点のリードが呼び込んだのは、激しい競り合いだった。相手のコンタクトが強くなり、競り合いや、それに伴う警告が増えていった。相手も簡単には勝たせてくれない。86分、クロスからのヘディングシュートで1点差に詰め寄られた。パワープレーを仕掛ける相手は、7人がペナルティーエリアに入って来るなど、目安5分のアディショナルタイムは冷や汗をかいたものの、高木監督はDF菊地を投入して守り切り、4連勝を飾った。

 次節は、町田とのアウェイゲーム。大前は「4連勝で、誰も満足していない。まだ首位にもなっていない。ホームでも勝ち続けて、NACKでやるのは嫌だと、相手に思われる雰囲気にしていきたい」と力強く語った。虎視眈々と狙うは、5連勝だ。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

高木琢也監督 会見コメント

「連戦を終えてリセットした後のゲームでした。横浜FCの映像を見ていても特に前線に個の力があって、なおかつマッチアップしたゲームになることも含めて、全体がオーガナイズした状態の中でプレーをしなればいけないと思っていました。

 このようなミラーゲームの中で大事になるのはセカンドボールや切り替えのところで、自分たちがボールを拾える時間もありましたが、ミスもありました。それでも全体を通して言えば、先制して追加点を取ってという流れの中で、ゲームをうまくコントロールしてくれました。

 ただ、最後の失点に関しては僕自身も学ばなくてはいけないですし、何かしら手を付ければクリアにできる問題だったかなと思います。選手たちは最後まで頑張ってくれましたし、勝ちたいという気持ちを出してくれました。ただ、次のゲーム、これからのゲームでまた同じ失敗をしてはいけないと思いますので、しっかりと準備をしていきたいです」

ウイニングメッセージ

選手コメント

GK1 笠原 昂史 (#1笠原)
「チームとして、2点目を奪えたことが大きかったです。押し込まれた時間帯にも、決定的な場面はほとんど作られなかったですし、良い部分を継続しながら修正していきたいです。セットプレーの守備は、試合の勝敗を分ける重要な場面です。自分がリーダーシップを取り、『絶対に弾き返すんだ』という強い気持ちを、みんなに持たせたいと思って声掛けしています。ゴール裏の熱い声援を一番近くで感じながらプレーできるのは幸せなことだと思います。皆さんの期待に応えるためにも、もっと失点を減らして勝利に貢献していきたいです」

MF20 酒井 宣福 (#20宣福)
「僕やイーニョくんが、前へ動き出して相手の背後を狙っていくことで、チャンスが広がると考えていました。全体的に選手同士の距離感が良く、出足も早かったので、セカンドボールを拾うことができていました。自分たちの時間帯があれば相手の時間帯もありますし、リードしていれば終盤に押し込まれてしまうこともあります。1失点してしまいましたが、全員で耐えて逃げ切ることができて良かったです。4連勝していますが、毎試合毎試合、気を引き締めて勝利を積み重ねていきたいと思います」

FW22 フアンマ デルガド (#22フアンマ)
「立ち上がりから良い入りをしようという意識が全員にあり、前線から良い守備ができました。前半にコンビネーションから先制でき、良い流れの中で、後半に素晴らしいカウンターから追加点。終盤に押し込まれた時間帯はありましたが、全体的にゲームコントロールができていたと思います。今日のようなゴールを決め続けたいですし、この連勝を続けていきたいです。一人ひとりが自分の役割を果たせているから、勝利につながっていると思います。4連勝に満足することなく、勝ち続けていきたいです」

Twitter

@Ardija_Official