ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第24節 山口戦
明治安田J2
第24節
武蔵野銀行
2019 7/27(土) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
レノファ山口FC
山口
68'大前 元紀

DAZN
TV放送DAZN

連敗はしない! 大前の2試合連続ゴールで勝利をつかむ

 7月最後のホームゲームとなる明治安田J2第24節は、15位の山口を迎える。前節・京都戦は終盤に猛追したが、2-3で競り負けた。連敗はできない。J2ホーム通算100勝の区切りとなる白星をつかむのだ。

 前節は4-4-2で戦ったが、今節は3-4-2-1が採用された。GKは3試合連続先発の加藤で、3バックは右から吉永、菊地、河面が構成する。ダブルボランチは大山と石川で、右ウイングバックに2試合ぶりの先発となる奥井が、左ウイングバックにはイッペイ シノヅカが起用された。前節に移籍後初出場を飾ったシノヅカは初先発だ。2シャドーは右に茨田、左に大前で、1トップはフアンマ。大前は15節・柏戦以来の先発となった。

 立ち上がりこそFKやCKを与えたが、落ち着いてゲームを進めていく。11分には両チームを通じてこの試合最初の決定機をつかむ。石川が左サイドに流れたフアンマにボールを預け、ペナルティエリア内へ走り込んでリターンパスを受ける。マイナスのクロスはDFに当たってコースが変わるものの、走り込んだ大前へ。背番号10は左足ワンタッチシュートで狙うが、相手GKのセーブに阻まれた。

 その後も相手ゴールへ迫る。奥井が右サイドに張り出し、石川が高い位置を取って攻撃に人数を割く。石川が最終ラインへ落ち、河面とシノヅカを前線へ押し出すこともある。中盤へ下がってボールを引き出す大前の動きも効果的だった。

 流動的に立ち位置を取る中で、25分にシノヅカがゴールへ迫る。左サイドからドリブルで持ち込んでカットインし、右足を振り抜く。パンチ力のあるシュートがGKを鋭く襲った。27分にはピンチを迎える。宮代に最終ラインの背後を突かれるが、冷静に間合いを詰めたGK加藤が右足でブロックする。前半は0-0で終了した。

 後半も立ち上がりは押し込まれた。GK加藤のしっかりとしたキャッチングで失点を許さず、55分に得点機をつかむ。大前の右CKが混戦を誘い、シノヅカのシュートがバーに嫌われた。直後の58分、山口の右CKからヘディングシュートを浴びるが、ここもGK加藤がセーブする。試合の流れはまだ、どちらのものとも言えない。

 交代選手の投入も視野に入る時間帯で、先に動いたのは高木監督だった。61分、茨田に代えてバブンスキーを投入する。

 NACK5スタジアム大宮に、待ち望んだ歓喜が訪れたのは68分だった。大山のパスを受けたバブンスキーのシュートはGKにはじかれるが、こぼれ球を大前が右足で蹴り込む。「こぼれ球にうまく反応してミートできた」という主将の2試合連続ゴールで、ついにリードを奪った。

 ここから先はアクシデントに見舞われた。77分、途中出場のバブンスキーがケガで交代を余儀なくされ、奥抜がピッチに送り込まれる。82分にフアンマからシモヴィッチへの交代でカードを使い切った直後には、シノヅカが足を痙攣させてしまう。シノヅカは素早くピッチへ戻るが、高木監督はシノヅカを2シャドーの右に置き、奥抜を左ウイングバックに下げる。守備のリスクを考えた手当てだ。

 後半アディショナルタイムにはゴール前で直接FKを与えるが、壁がブロックしたボールを河面がドリブルで持ち出し、CKへ結びつける。直後、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

 2試合ぶりのクリーンシートを記録したGK加藤は、「みんなが体を張ってシュートコースを限定してくれたので」と、チーム全体の頑張りを強調した。次節は中3日でのアウェイゲームとなるが、石川は「僕たちは追う立場。勝点3を取っていかないといけない。一戦一戦、全力で戦って、上位に追いついて追い越せるようにしたい」と言葉に力を込める。

 得点源となるべき大前のあげたゴールを、守備陣を中心に守り切っての勝利には、攻守が噛み合っているとの表現が当てはまるだろう。J2ホーム通算100勝目は、次節以降への期待が膨らむ一戦となった。

(総評:戸塚啓/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

高木琢也監督 会見コメント

「前節は勝てなかったですが、今節は勝つことができて良い流れになったと思います。

 試合前の予想とは内容も含め僕の中では少し違っていましたが、トレーニング自体や選手の状況としては良い週を過ごすことができました。ただ、いざ試合が始まると当然相手がある中でうまく自分たちがはまるシーンが少なかったというのは反省点です。反省できるのは内容だけで勝点は反省できないので、そういう意味で今日は元紀がスタートから出た中でよく結果を残してくれたと思っています。

 プレーの改善はもっともっとありますが、勝点を伸ばしながら取り組んでいきたいと思います」

ウイニングメッセージ

選手コメント

DF2 菊地 光将 (#2菊地)
「前半に1つ、危ない場面がありましたが、有輝に救われました。最後までみんなが体を張って、みんなが集中したことで、無失点で終えられました。だからこそ、元紀の決勝点があると思いますし、全員で取った勝点3です。個人としては、ボールの位置や相手の動きを見ながらラインコントロールをしつつ、背後のケアを意識していました。後半のピンチの場面では、飛び込まずに我慢することができました。中3日なので、まずは回復させることが大事で、その上で岐阜の対策をしたい。最近アウェイでは勝てていないので、しっかりと勝って、ホームに帰ってきたいと思います」

FW10 大前 元紀 (#10元紀)
「良い流れで啓輔からバブに渡ったとき、追い越すのは間に合わなそうだったので中央で待っていたら、こぼれ球が来ました。久しぶりの先発で、結果を残さなければいけないと思っていましたし、それが自分の得点に、そしてチームの勝利につながったことが一番です。相手のボランチの横でパスを受け、ゲームを作ることを意識していました。シーズン後半戦は難しい試合が増えますが、クラブの総力戦だと思います。ファン・サポーターの皆さんも一体となって良い結果を出せるように、一緒に頑張っていきましょう!」

DF19 奥井 諒 (#19奥井)
「チャンスよりもピンチの方が多かったのが現実で、反省点が多くあると思います。でも、シーズン前半戦で勝ち切れなかった相手に対して、勝点3を取れたことが一番の収穫です。勝つことでポジティブに修正していけると思います。山口はウイングバックが高い位置を取っていたので、奪った後のスプリントがポイントだと考えていました。勝点3を連続して取っていかなければ、順位は上がっていきません。引分けや負けでなく、何よりも勝利が大事ですし、連戦ですが連勝して、勝点を伸ばしていきたいと思います」

Twitter

@Ardija_Official