ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第25節 岐阜戦
明治安田J2
第25節
 
2019 7/31(水) 19:00
長良川
FC岐阜
岐阜
大宮アルディージャ
大宮


DAZN
TV放送DAZN

櫛引が加入後初出場を果たすも、スコアレスで勝点1を分け合う

 J2優勝、J1昇格へのラストピースとなるか。7月25日に期限付き移籍で加入した櫛引が先発で入った。札幌、名古屋と2度の昇格を経験しているセンターバックの活躍に期待がかかる。前節の山口戦から中3日。岐阜とのアウェイゲームは暑さとの戦いにもなった。

 立ち上がりは岐阜がやや優勢に試合を進めた。新加入のバホスがデ フリースとの連携を駆使して攻めてくる。それでも慌てず、セットプレーを軸にチャンスを生み出すと、早い切り替えからの攻撃で岐阜のディフェンスラインの裏を狙いにいった。

 前半の半分が過ぎたところで飲水タイムに入った。高木監督から選手へ指示が飛ぶ。徐々にボールを支配する時間が長くなってきた。左サイドの空いたスペースをシノヅカが何度も突いた。35分には後方からのパスに走り込んだシモヴィッチが、胸トラップから強烈なシュート。惜しくも相手GKに阻まれたが、そこで得たCKからさらにチャンスをつかむ。奥井、シノヅカとつないだボールを小島がゴール前へシュート性のクロスを入れる。シモヴィッチが左足で合わせるが、シュートは枠をとらえることができなかった。

 その後も長短のパスを織り交ぜて岐阜のゴール前に攻め込んだ。高い位置からプレッシャーをかけて、相手からボールを奪い取る。43分には、左サイドのスローインからフィニッシュまで持ち込んだ。シモヴィッチがゴールライン付近で受けると、反転して中央にクロス。茨田が落としたボールを大前がダイレクトで合わせるが、シュートは相手GKの正面を突いた。

 アディショナルタイムに入ったところでカウンターを展開。左サイドのシノヅカが上げたクロスは相手DFにクリアされたが、こぼれ球を小島がつなぐと大前が反応。体を反転させて強引に放ったシュートは、惜しくもゴールマウスを逸れていく。前半は0-0。それでも、シュート数で大きく上回るなど、ゲームをコントロールしていたと言っていいだろう。

 後半に入ると、前を向く時間がさらに長くなった。櫛引も積極的にオーバーラップ。奥井とのコンビネーションも機能し、ボールを前に運んだ。セットプレーのチャンスも作った。ピンチもあったが、GKの加藤を軸に耐えしのいだ。58分、シモヴィッチに代えてフアンマを投入。さらに飲水タイム後の73分、大前に代えて小野をピッチに送り出した。

 互いが前に出て攻め合うオープンな展開に。暑さで疲労が溜まる中でも、足を止める者はいなかった。全員が懸命にボールを追い続ける。3枚目のカードは奥抜。攻撃に厚みを加えたが、ゴールは生まれない。スコアレスのままアディショナルタイムに突入した。2分が過ぎたところでカウンターからゴール前までボールを運んだが、奥抜のシュートは相手GKに抑えられた。最後まで攻めた。しかし、試合終了のホイッスル。勝点1を分け合う結果となった。

 終盤は守る時間が長くなった。ギアを上げてきた岐阜からペースを取り戻すことができなかった。しかし、全員が走り切った。ゴールを死守した。新加入の櫛引もクリーンシートに貢献した。下を向いている時間はない。次節は中3日で行われる山形戦だ。ホームゲームで勝点3をもぎ取り、歓喜の歌を歌いたい。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

高木琢也監督 会見コメント

「暑い中、大宮からもたくさんのサポーターが来てくれたのですが、勝点3が取れなかったことは、ありきたりな言葉ですが非常に残念です。

 理由としては、この世界でこういったゲームをやってきた中でもたくさんありましたが、決定機で点が取れなかったこと、またシュートに関してもズシッとくるようなシュートが打てなかったなと感じます。

 相手が通常は4-4-2を使う中で、今日は4-1-4-1で臨んできました。相手の監督らしいなというのは見て一瞬で分かりましたが、そこに対しての対応も悪くなかったものの、どうしても最後に行き着くところは決定力だと思います。

 それに加えて、僕のジャッジがもう少しよければ、チームを活性化させることもできたゲームだったと思います。少し僕の中では不満な選手がいました。そこに関しては僕も許せないし、他の選手に対しても非常に失礼なプレーをしていたと思っています。僕のジャッジのミスでこういった結果になってしまったことは選手たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

選手コメント

MF26 小島 幹敏 (#26幹敏)
「相手が引いてカウンターを狙っていたので、自分たちがボールを持つ時間が長い試合でした。守備の時間を完全になくすことはできませんが、相手が出てきたところで奪い返して、すぐに2次攻撃ができれば良かったです。特に前半はチャンスがあり、決めておければと悔やまれます。相手は中央に3人の選手がいましたが、アンカーの横にパスを受けられるスペースがありましたし、前に当ててサポートして前線に入っていこうと意識していました。上位は混戦状態ですし、次はホームで大事な試合になるので、良い準備をしたいと思います」

MF41 小野 雅史 (#41小野)
「チームを勝たせるためにピッチに入るんだ、と考えていました。監督からも『積極的に仕掛けていけ。前でボールを受けろ』と言われていましたし、まずはゴールを目指す意識を持っていました。シュートに関しては練習から意識しているので、今日の試合で打てなかったのは課題です。もっともっとチームを引っ張るような気持ちを出していきたいですし、途中出場なら献身的なプレーも含めて、流れを変えるような役割も果たしたいです。今日の試合を無駄にせず、次に生かして、もっと良いプレーができるように頑張りたいです」

DF45 櫛引 一紀 (#45櫛引)
「もちろん勝ちたかったですが、勝点1を積み上げられたのは良かったです。久しぶりの試合で、自分としては、まだまだです。まずは90分間できたことは大きな収穫だと思います。今日はみんながサポートしてくれましたし、自分からも声を出して、カバーリングや1対1の強さなど、自分の良さを発揮していきたいです。昇格するには一試合一試合、大事に戦っていくことが重要です。今日も多くの方が応援に来てくださいました。連戦で勝って勢いを出したいですし、大事な試合なので、ホームでも一緒に戦いましょう!」

Twitter

@Ardija_Official