ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第32節 横浜FC戦
明治安田J2
第32節
 
2019 9/15(日) 18:00
ニッパツ
横浜FC
横浜FC
大宮アルディージャ
大宮


DAZN
TV放送DAZN

5試合ぶりのクリーンシートも、勝点1を分け合う

 J1昇格を争う横浜FCとの直接対決は、いわゆる6ポイントゲームである。他会場の結果次第では、一気に2位に浮上する可能性もある。後半戦のヤマ場とも言える一戦で、GK笠原が16試合ぶりにピッチに戻ってきた。前回対戦の第9節で2ゴールを挙げたフアンマが先発に名を連ねたこともポジティブな要素だ。無敗記録を13に伸ばしている難敵を下し、大きく弾みをつけたい。

 立ち上がりは長いボールを左右に散らし、横浜FCの守備に揺さぶりをかけた。ウイングバックの酒井、シノヅカからたびたびクロスが供給される。守備も集中していた。ボランチの三門、石川が危険なスペースを消し、要所で相手のパスをインターセプト。13分には三門から大きく右サイドに展開。シノヅカのクロスをゴール前でフアンマが競り合うなど、チャンスを演出した。

 25分を過ぎたあたりからやや試合が落ち着いてきた。それでも、球際では絶対に引かない。相手のハイプレッシャーをしのぎ、ビルドアップしながら前へ前へとボールを運んでいく。35分以降は押し込まれる時間が続いたが、全員が体を張って粘り強くゴールを守った。前半の最後は押し込まれたが、巻き返しのチャンスは十分に残されていた。

 後半開始早々、奥抜が仕掛ける。ドリブルや相手の裏を狙う動きでゴール前に侵入。その後もセットプレーを獲得するなどチャンスを作った。50分には自陣で相手のパスをカット。カウンターでの攻撃につなげている。54分には右サイドのシノヅカのクロスを、ゴール前で相手のマークを振り切ったフアンマがヘディングシュート。決定的なシーンだったが、惜しくも枠をとらえることができなかった。

 その後は、横浜FCの波状攻撃が続いた。セカンドボールが拾えない。何度もゴール前にボールを入れられ、防戦を強いられた。フアンマも相手の徹底マークに苦しんだ。流れを変えたかった。62分、フアンマに代えてシモヴィッチを投入。69分にはビッグチャンスが生まれた。右サイドでボールを奪うと、シノヅカが逆サイドに展開。酒井がトラップで抜け出し、中央に折り返す。ゴール前に走り込んでいた奥抜が反転して右足でシュート。惜しくも相手DFにクリアされた。

 直後に奥抜に代わってバブンスキーがピッチに入る。激しい攻防が続いた。75分のピンチは、笠原がファインセーブで防いだ。スコアが動かないまま、時間だけが刻一刻と進んでいく。終了間際に戸島に許したヘディングシュートはバーに救われた。3分のアディショナルタイムも互いにゴールを割ることができず、0-0のまま試合終了のホイッスルを聞いた。

 勝つことはできなかったが、ケガから復帰した笠原を軸に無失点で終えたのは好材料だ。「復帰初戦を無失点で終われたことは次につながる。ただ、これを勝点3につなげていかないとチームとしては何の意味も持たない。シーズンが終わったときに、この勝点1が意味のあるものだったと言えるように、次の試合でしっかり勝たないといけない」と笠原も頼もしい言葉を残している。待たれるのは試合を決定づけるゴールである。

 次節の東京V戦からホームゲームが続く。今シーズンも残り10試合。歓喜のクライマックスに向けて立ち止まるわけにはいかない。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

高木琢也監督 会見コメント

「引分けという結果には納得がいかない部分ももちろんありますが、アウェイの地に多くのサポーターが駆けつけて良い雰囲気をつくってくださった中で、引分けでも点を取って引分けにしたかったというのが本音です。

 ただ、選手たちはこの試合に向けた準備を良くやってくれたと思います。相手は今一番調子が良いチームで、エリアやマッチアップするところはいろいろと考えて臨みましたが、最後まで集中を切らさずにできたことは次のゲームにもつながっていくと思います。僕自身、それほど悲観はしていませんが、この状態の中で足りない部分は得点だと思いますので、そこはチームや選手と話をしながら次のゲームに備えたいです」

選手コメント

GK1 笠原 昂史 (#1笠原)
「約3か月ぶりに出場し、あらためて充実した場所だと感じました。サポーターの皆さんが僕のチャントを何度も歌ってくれ、非常に気持ちがたかぶりました。ケガした時点で、これくらいの離脱は分かっていましたので、ケガをする前より良い状態で戻ってこられるようにトレーニングを積んできました。プレッシャーの掛かる試合でしたが、自分自身にできることは限られていますし、僕は派手な選手ではないので、やることをしっかりと整理して臨みました。チーム全員でハードワークした結果の無失点なので、これを続けて勝利の可能性を高めていきたいと思います」

MF5 石川 俊輝 (#5俊輝)
「勝っていれば順位を上げられたので、チャンスを逃したのは反省しなければいけません。僕自身にもミスがありましたし、みんなでもっと突き詰めて、勝点3につなげていきたいです。レアンドロ選手はボールを持つと怖い選手なので、まずはパスを入れさせないことを、入ってしまったら早く戻って対応することを意識しました。ここから、僕らは勝っていくしかありません。ファン・サポーターの皆さんと一体となって勝利をつかめるように頑張ります。良い準備をして臨みますので、ホームでの後押しをお願いします」

MF11 ダヴィッド バブンスキー (#11バブンスキー)
「どうすればチームに貢献できるのかを考え続けていました。良い戦いができたと思いますし、主導権を握った時間帯もありましたが、残念ながら目標を達成することができませんでした。競い合うスポーツでは、順位の上がり下がりが起こるのは必然です。素晴らしいチームが数多くいる中で、残りの全試合で勝利を目指して戦います。今日も遠く横浜まで多くの方が駆けつけてくれ、非常に良い雰囲気を作ってくれて力になりました。ホームゲームが2試合続きます。合計で勝点6をつかまなければいけない試合ですので、これからも熱い応援よろしくお願いします!」

Twitter

@Ardija_Official