ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第33節 東京V戦
明治安田J2
第33節
UMCエレクトロニクス
2019 9/22(日) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
東京ヴェルディ
東京V
22'イッペイ シノヅカ
76'酒井 宣福

DAZN
TV放送DAZN

セットプレーから2発! 5試合ぶりの勝利をクリーンシートで飾る

 今シーズンも残り10試合になった。一つひとつの勝点が、これまで以上に重要な意味を持つ。明治安田J2第33節・東京V戦は、2週間ぶりのホームゲームである。勝点3を勝ち取って、今後の戦いにはずみをつけたい。それが、全員に共通する思いだ。

 試合が始まる直前からNACK5スタジアム大宮に雨が落ち始めた。ゴール裏のサポーターがオレンジのポンチョに装いを変える。19時3分、試合開始を告げるホイッスルが鳴らされた。

 最初のチャンスは4分、右サイドで小島が粘りFKを獲得した。キッカーはシノヅカ。ゴール前に上がったボールにシモヴィッチが頭で合わせる。相手GKに防がれたが、こぼれ球に河本が反応した。しかし、ゴールはならず。その後のCKも、シモヴィッチが放ったヘディングシュートは相手GKに止められた。

 雨が降り続いた。スリッピーな状況では何が起こるか分からない。その点では、セットプレーが及ぼす影響が大きくなると予想された。16分、ショートコーナーの折り返しを受けたシノヅカがゴール前にクロス。シモヴィッチのヘディングシュートが決まったかに思われた。しかし、直前にオフサイドがありノーゴール。その後もチャンスは続いた。

 左サイドからボールを持ち込み、三門が地を這うようなミドルシュートを放った。ここで得たCKから先制点が生まれる。シノヅカが蹴ったボールが、そのままゴールネットを揺らした。1-0、アルディージャが先制点を奪った。

 その後はボールを持たれる時間が長くなった。個人技を駆使してボールを動かす相手に対して、ブロックを作って応戦する。1トップのシモヴィッチも自陣に戻り、相手を挟み撃ちにしてボールを奪いにいった。27分には笠原のビッグセーブがチームを救った。カウンターからチャンスをつかむも、相手ゴールを脅かすには至らない。長い我慢の時間をしのぎ切り、1点のリードで前半を終えた。

 後半もシノヅカにボールが集まった。右サイドで攻撃の起点になり、チャンスを演出。球際の勝負強さも光った。ボランチの小島も攻守にわたって効いていた。60分にはカウンターからボールを運び、奥抜のシュートをお膳立て。ボールは枠を外したが、大きなチャンスだった。

 63分にもカウンターからチャンスをつかむ。奥抜がドリブルで中央を突破すると、外を走り込んできた河面にスルーパス。決定的な場面だったが、シュートは惜しくも相手GKにはじかれた。

 雨が強くなってきた。追加点もセットプレーから生まれた。76分のCK。河本と酒井がニアサイドで競り合った。途中出場のフアンマが粘ってつないだこぼれ球を酒井が蹴り込んだ。2-0、リードを広げた。

 78分、奥抜に代えてフレッシュな石川を投入した。最後まで高い集中力を見せた。4分のアディショナルタイムも我慢の時間が続いたが、2点のリードを守り切って試合終了。貴重な勝点3を獲得した。

 5試合ぶりの勝利をホームゲームでつかんだ。セットプレーから2ゴール。状況に応じて攻め方を変えた選手、コーチ陣の取り組みが成功したと言える。大混戦の上位争いを考えても、クリーンシートを達成できたことは明るい材料だ。

 「これからも負けられない試合が続く。今日の勝利はいい流れを作る第一歩。これからも頑張っていきたい」とシノヅカ。残り9試合。緊張感のある試合が続く。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

高木 琢也監督 会見コメント

「まずは、天候が非常に悪い中で来てくださったファン・サポーターの皆さんに感謝したいと思います。ここ数試合は勝つゲームを見せられていなかった中で、良い内容とは言いづらいですが勝点3以上はないですし、残り試合や今の状況も考えると、今日は本当に粘り強く戦ってくれたと思います」

ウイニングメッセージ

選手コメント

DF3 河本 裕之 (#3河本)
「相手がボールを持つ時間が長かったですが、焦れずに我慢することを意識していました。バランスを崩して追うこともなく、みんなが連動して対応できていました。僕らの前でパスを回させていたので、危険な場面は少なかったと思います。全体として良い対応ができたからこその無失点です。セットプレーのチャンスを決めていれば、もっと早い時間に先制できたので、みんなに申し訳ないです。残り9試合、周りを気にしても仕方がないので、目の前の試合を勝っていくだけです。次も頑張ります。ホームで、応援よろしくお願いします」

MF20 酒井 宣福 (#20宣福)
「シーズン初得点が取れてホッとしています。自分の得点かすぐに分からなかったので、あまり喜ぶことができませんでした。正直、今日のプレーは良くありませんでした。個人的に反省すべき部分が多いですが、結果を出せたことが全てだと思います。失点しなければ、負けることは絶対にありません。勝利の可能性を高めるために継続したいと思います。残り9試合を全て勝たないと、目標である優勝は達成できません。他力の部分もありますが、僕たちは一つずつ勝って勝点を重ね、絶対に昇格をつかみ取りたいと思います」

MF26 小島 幹敏 (#26幹敏)
「自分たちがボールを保持するのが理想ですが、今日はブロックを組んで対応できました。相手にボールを持たれても、0-0の時間帯からカウンターなどで仕留めることを意識していました。カウンターやゴール前での精度を上げていければ、もっと楽な戦いができたと思います。前半にセットプレーで先制し、試合終盤に入る時間で追加点が取れるのは強いチームですし、結果的には良い展開だったと言えると思います。自分たちは勝ち続けるしかありません。周りを気にすることなく、昇格に向けて一試合一試合、集中して戦いたいです」

Twitter

@Ardija_Official