ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第4節 東京V戦
明治安田J2
第4節
 
2020 7/11(土) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
東京ヴェルディ
東京V
1'渡部 大輔

DAZN
TV放送DAZN

渡部が開始1分で先制。初の開幕4連勝!

 今シーズン初めて、NACK5スタジアム大宮にファン・サポーターの拍手が鳴り響いた。明治安田J2第4節は東京Vを迎えてのホームゲーム。新型コロナウイルスの影響で第2節と第3節はリモートマッチ(無観客試合)だったが、今節から人数を制限した上で、来場に長距離移動を伴わないホーム側の観客を入れて試合が行われた。

 開幕3連勝中だが、高木監督はメンバーを大きく入れ替えてきた。GKクリャイッチ、MF酒井、FW戸島は今シーズン初先発。控えにも加入直後のGK松本が名を連ねた。そして、チームは連勝の勢いをピッチ上でもすぐに見せつけた。

 左サイドの高い位置でスローインを投げた酒井が、戸島からリターンを受けてクロス。ニアサイドで相手がクリアミスしてボールが逆サイドまですり抜けると、すかさず反応した渡部が豪快にシュートをたたき込み、先制に成功した。試合開始わずか50秒ほどの早業だった。

 その後はボールを保持して押し込んでくる相手に対し、堅実な守備から逆襲を狙った。11分、低い位置から酒井がショートパスをつなぎ、小野のミドルパスを受けた黒川からカウンター。21分には黒川が高い位置でボールを奪い、単独でシュートまで持ち込んだ。高い位置を取る相手の背後を狙う攻撃は効果的だった。

 中央でマークがずれてミドルシュートを打たれる場面はあったが、相手が最終ラインを上げるタイミングで、ボールから遠いサイドのウイングバックが相手の背後を狙うパターンも多く見られ、28分に西村のロングパスで酒井が抜け出してGKと1対1になったり、40分には河本のロングパスで渡部が抜け出して小野の惜しいミドルシュートへとつなげるなどした。

 しかし、後半に入ると守備の時間が長くなり、押し込まれる展開となった。高木監督は62分に黒川に代えてシノヅカを投入。すると73分にシノヅカがドリブルから逆サイドへ展開し、翁長のパスに近藤が飛び込む好機が生まれた。

 続けて75分、シノヅカが右寄りの位置で相手の中間に立って縦パスを呼び込み、鋭いターンを仕掛けた。慌ててボールに寄ろうとする相手の逆を突いて縦パスを送ると、後ろから走り込んだ渡部がクロス。ゴール前に飛び込んだ近藤のシュートはゴールの枠を捉えられなかったが、鋭い攻撃で相手に脅威を与えた。

 81分に石川と富山を同時投入すると、シノヅカが1トップに入り、富山と石川が右サイドで守備を務める配置で、人数を掛けてサイド攻撃を仕掛ける東京 Vに対応。ボールを奪うと、小野を中心としたポゼッションで相手を引き付けながらパスを展開した。残念ながら追加点は取れなかったが、最後までチーム全員が体を張り、約5分の長いアディショナルタイムをしのいで勝利。クラブ初の開幕4連勝を飾った。

 スピードのあるCKなどのハイボールに対して、積極的に飛び出したクリャイッチは「自分の武器である高さを生かしてアタックしていった。自分のエリアを守ることと、良いポジションを取り続けることを意識した」と、Jリーグデビュー戦を振り返った。

 人数制限の関係もあり2,271人と入場者数は多くなかったものの、試合終了を待つ時間帯にスピーカーから流れる「無敵大宮」に合わせた拍手が起こり、試合後には「寝ても大宮」でファン・サポーターと喜びを分かち合った。

 高木監督は押し込まれる時間が多かった展開を次への課題としながらも、「ファン・サポーターが足を運んでくださった試合、リモートマッチ(の条件)が解けた中での最初のホームゲームで勝てて良かった」と、勝つ姿を見せられた価値を強調した。

 コロナ禍で試合開催や観戦の環境が変わっても、クラブ一丸でJ2優勝を目指す気持ちは変わらない。次節は栃木とのアウェイゲーム。狙うのはもちろん、開幕5連勝だ。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像


高木琢也監督 会見コメント

「リモートマッチ2試合を経て、今日はファン・サポーターの皆さんが足を運んでくださった中で勝利できたことは非常に良かったです。相手に押し込まれる流れはありましたが、結果として2点目、3点目を取れていればまた違った展開になったかと思います。有観客での最初のホームゲームで勝利できたことは良かったですし、今日は選手が本当に頑張ってくれたゲームでした」

選手コメント

DF13 渡部 大輔 (#13渡部)
「ゴールシーンはスローインの時に逆サイドの選手も中に入っていこうと話をしていたので、それが結果につながりました。内容はもう少し高めていく必要がありますが、結果が出ていること、失点を抑えられていることは自信にして次につなげていきたいです。今日は喪章をつけてプレーしましたが、チームの立ち上げから協力してくださった方に対して良い試合ができたと思います。また、試合前にゴール裏に挨拶に行ったときにはサポーターの方とサポーターパネルが奇麗に並んでいてとても良い雰囲気だなと感じましたし、試合中の拍手など応援されていることを感じながらプレーできました」

MF14 近藤 貴司 (#14貴司)
「先制後は難しい時間が長くなりましたが、自分自身もカウンターのチャンスがあり、そこでしっかり決めていればゲームをより有利に進められたと思うので課題として取り組んでいきたいです。相手は常に間を狙いながら立ち位置を取ってきましたが、チーム全体でオーガナイズができた中で、サイドに追い込んでボールを奪う、クロスをしっかり跳ね返すなど、90分間を通して粘り強く対応ができました。サポーターの皆さんの声や拍手が力になって、最後まで守り切ることができたと思います。次節はアウェイで大宮のサポーターはスタジアムには入れませんが、ぜひDAZNで応援していただき力を送ってください」

GK40 フィリップ クリャイッチ (#40クリャイッチ)
「デビューまで時間がかかってしまい申し訳なかったですが、チームが勝利できたことが一番嬉しいです。立ち上がりに先制することができましたし、守備面でもしっかりコントロールできたゲームでした。相手がボールを持ち自分たちが守備に回る時間が多くなることはスカウティング通りでしたし、しっかりとリードを守れました。上に行くチームは勝ち続けることが大事だと思います。まだ日本語は不十分ですが、ディフェンス陣からも歩み寄ってくれますしコミュニケーション面でも問題ありません」

Twitter

@Ardija_Official