ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第8節 金沢戦
明治安田J2
第8節
 
2020 7/29(水) 19:00
石川西部
ツエーゲン金沢
金沢
大宮アルディージャ
大宮

7'翁長 聖
DAZN
TV放送DAZN

翁長が直接FKで移籍後初ゴール! アウェイで貴重な勝点3

 止まりかけていた勢いを、戸島の一撃で取り戻した。前節、2連敗後の松本戦で勝点3を獲得。中3日で金沢に乗り込んだ。

 高木監督は前節から先発を4人、入れ替えてきた。黒川は第5節・栃木戦以来3試合ぶり。マクシメンコは初先発。畑尾と吉永は、今シーズン初めての出場である。

 先制点は早い時間に生まれた。7分、奥抜の突破から好位置でFKを獲得。キッカーは右足なら翁長、左足なら小野。背番号22から放たれたボールは鮮やかな弧を描き、ゴールネットに突き刺さった。

 その後もアルディージャがボールを保持した。さらに今シーズンは、7試合を戦って失点はわずかに「3」。リーグトップの数字だ。その守備も機能した。相手のカウンターに落ち着いて対処。最終ラインに5人のブロックを築き、相手に侵入するスペースを与えない。

 ボールを奪えば翁長、吉永の両ウイングバックが大きく広がり、スペースを有効に使いながら攻撃を組み立てた。三門、小野のダブルボランチが攻守のバランスを取りながら、うまくボールをつないでいたことも見逃せない。

 1トップのハスキッチは、左右に流れて攻撃の起点になった。28分、前線で受けた翁長がスキを見てミドルシュート。32分には奥抜がドリブルで中に入り、右足を一閃する。枠をとらえていれば大きなチャンスになるシーンだった。その後も金沢の攻撃を封じ込め、1点をリードして折り返した。

 後半スタートから大山がピッチに入った。しかし、守備の時間が長くなる。49分には相手のセットプレーからピンチを招いた。51分、島津にミドルシュートを打たれるが、コースに飛んだボールをGKクリャイッチがうまく弾き出した。

 55分にはゴール前にボールを運ばれるも、畑尾が体を張ってクリア。60分にあわや失点というピンチをしのぐと、その4分後にはカウンターからルカオにフリーでヘディングシュートを許した。

 流れを変えたいアルディージャは67分、戸島と近藤を同時に投入する。しかし、我慢の時間が続く。69分には藤村のミドルシュートをGKクリャイッチがファインセーブ。70分にはCKから作田にヘディングシュートを許したが、これはポストに救われた。

 4枚目の交代カードは80分、黒川に代えて石川を投入する。試合を落ち着かせたい。前線に最小限の人数を残し、丁寧にボールをつないだ。89分、髙田を送り込んで最後のカードを切った。

 その直後、髙田がドリブルで前線までボールを運ぶと、走り込んできた戸島にスルーパス。シュートはゴールラインを割ったが、最後まで点を取りにいく姿勢を見せた。1-0のまま試合終了のホイッスル。苦しみながらも、勝点3を手に入れた。

 再開直後の第2節以来となるアウェイでの勝利だ。つかんだ手応えの大きさは計り知れない。「ここまでゴールが取れていなくて、自分としても悔しい思いをしていた。1つ、ゴールが取れたことは自信になるので、早く2つ目が取れるように頑張りたい」。殊勲の翁長は、こう気持ちを奮い立たせた。

(総評:岩本勝暁/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

高木琢也監督 会見コメント

「連戦の中日のアウェイゲームでしたが勝点3が取れたことが非常に大きかったですし、本当に頑張ってくれました。前半は比較的ボールを動かして相手の守備をはがすようなシーンを作りながらでしたが、イメージを共有して戦えたと思います。後半はリードしていたこともありますし、相手もホームゲームで点を取りに来る中で押し返すことはできなかったですが、粘りは見せられたと思います。2敗した後に2勝して盛り返すことができたので、次の福岡戦にポジティブに向かいたいと思います」

選手コメント

MF22 翁長 聖 (#22翁長)
「加入してから点が取れていなくて悔しい思いをしていましたし、流れの中ではなかったですがまずは一つ取れて自信になりました。早く2点目を取れるように頑張ります。フリーキックのシーンは、最初から蹴ることが決まっていたわけではなく雅史と相談して蹴ることになりました。メンバーを代えながら勝利できたことは良かったですが、リードしている中でもう少し自分たちの時間を作りたかったです。それができればもっと楽な展開になったと思うので、課題として取り組んでいきたいです」

FW36 吉永 昇偉 (#36吉永)
「試合に出られない時期が続いていたので、今日はチャンスだと思っていましたし、積極的に前に行きたいと考えていました。前半は何度か良いシーンを作れましたが、後半は運動量が足りず攻撃参加の回数が少なくなり、悔しさが残ります。目に見える結果を出したいという気持ちが強すぎて、『自分が、自分が』となってしまっていたので、昨年のようにチームのことを考えてプレーすることが必要だと感じました。また、自信を持っている1対1の守備で何度か抜かれてしまいました。僕が1対1でもっと止めたり、もっと積極的にプレーしたりできれば、チームの雰囲気も良くなったと思います。高木監督は選手を平等に見てくれていますし、現状で僕は1番手ではないのと思うので、練習からチャンスをつかんでいきたいです」

DF50 畑尾 大翔 (#50畑尾)
「今日は絶対に勝たなくてはいけないゲームだと思っていたので、最低限の課題はクリアできたと思います。久しぶりの出場になりましたが、外から見ていて感じることもありましたし、試合に出たら自分だからこそできるプレーを見せたいと思っていました。大まかな部分ではやるべきことをしっかりできたと思いますが、もっともっと細かい部分はゲームに出続けないと感覚も上がっていかないと思うので、トレーニングから競争して試合に出れるようにしたいです。今日はアウェイでしたが、NACKで、サポーターの皆さんの前で試合ができることはサッカー選手として一つの喜びでもあると思うので、皆さんの前でまた自分がプレーしている姿を見せられるように頑張ります」

Twitter

@Ardija_Official