ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第11節 磐田戦
明治安田J2
第11節
NTT東日本
2020 8/12(水) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
ジュビロ磐田
磐田
43'大山 啓輔
81'オウンゴール
60'伊藤 洋輝
90+5'ルキアン
DAZN/テレ玉/FM Haro!(浜松エフエム)
TV放送DAZN/テレ玉
ラジオ放送FM Haro!(浜松エフエム)

デジタルマッチデープログラム

・「見開きバージョン」を印刷する場合
PDFをダウンロードし、A3用紙に印刷してください。その際、印刷サイズは用紙に合わせてください。出力した2枚の印刷していない面を貼り合わせて二つ折りにすれば、1/2縮尺サイズのマッチデープログラムになります。

・「単ページバージョン」を印刷する場合
PDFをダウンロードし、A3用紙に印刷してください。表紙とP2、裏表紙とP3の組み合わせで印刷していない面を貼り合わせ、さらにホッチキスなどで留めれば原寸に近いサイズのマッチデープログラムになります。


大宮の核となれ

 前節終了時点のプレータイムは、チームのトップ5入りする。ダブルボランチの一角に背番号41が入る光景は、私たちにとってなじみのあるものとなってきた。
 1-1のドローに終わった前節は、後半に決定機を作り出した。力強いドリブル突破からのラストパスは「自分の武器」であり、チームにプラスしたい要素でもある。
 「中盤で前を向いてああやって仕掛けることで、前線の選手がもうちょっとゴール前へ行ける。攻撃に厚みが出ると思うんです。新潟戦に限らず、先制した後の追加点が僕たちのカギだと感じていて、これからは決めるべきところで決める勝負強さというのが、さらに大事になってくる。90分を通してチャンスを作っていきたいですし、そうすることで僕自身のパフォーマンスももっと上がるはずなので」
 第14節まで5連戦となる。中2日で次の試合を迎えることもある。「試合が終わった直後から、次の試合の準備が始まる」というスタンスで、コンディションを整えている。
 「リカバリーの後に交代浴をしたり、自分でもストレッチをやったり。やるべきことをしっかりやることを心がけています。それから、試合前に糖分を摂るようにしています。トライアスロンの選手が競技中に食べていて、素早くエネルギーになると聞いたので、僕も試しています」
 対戦相手のジュビロ磐田は、連勝で乗り込んでくる。
 「僕たちはアルビレックス新潟と引分けましたが、調子を落としているわけではない。前節の悔しさを、次のホームゲームにぶつけたい。相手は調子を上げているようですが、相手どうこうではなく、自分たちのサッカーを貫くことが大事だと思います」
 6月27日のジェフユナイテッド市原・千葉戦以来となるゴールについては、「常に狙っています」と即答する。「特に次の試合はホームですし、しっかり勝点3を取って首位に近づけるようにしたい。プレーでチームに貢献するのはもちろんですが、精神的にもチームを引っ張っていくような姿勢を見せたい」と、言葉に力が込められていった。継続的にピッチに立つことで高まる自覚が、自身をさらに成長させていく。

(戸塚 啓)

PREVIEW OMIYA


猛暑の過密日程。今こそ若手の躍動を見たい

 夏本番。連日30度を超える猛暑が続く中、中3日で迎えるホームの磐田戦となる。当日はキックオフ予定時間の19時でも相当な暑さが残っているだろう。選手一人ひとりのコンディション調整とレベルアップ、ひいてはチームの総合力が問われる一戦となるに違いない。
 前節、新潟とのアウェイゲーム。高木監督は試合前に語った「暑さも影響し、試合に出ている選手は消耗していきますから、いろいろな選手をピッチに送り出す必要があります」という言葉通りの采配を見せた。
 1トップ、2人のシャドーストライカー、ダブルボランチに至るまで、選手交代枠上限となる5人を入れ替えて(三門は前半に足を痛めて大山と交代)勝点3を目指した。両チームとも死力を尽くし、一進一退の攻防が続いたが、特に終盤は暑さからか疲労の色が目立ち、1-1のままタイムアップの笛を聞く結果となった。磐田戦も先発する11人に止まらず、ベンチを含めた総力戦となるに違いない。
 そんな中で期待したいのは、やはり若手の躍動である。「夏場、しかも過密日程のときは若い選手の力が絶対に必要になると思う」と意気込む小野をはじめ、攻撃をリードするフレッシュな面々、奥抜、黒川、小島、翁長あたりのパフォーマンスに注目したい。

(粕川 哲男)

DATA ANALYSIS

対戦成績

通算対戦成績
大宮アルディージャ ジュビロ磐田
10勝 8分 12勝

大宮勝利: 引分け: 相手勝利:

※通算対戦成績はJリーグ、JリーグYBCルヴァンカップの対戦成績となります。

通算得点
大宮アルディージャ ジュビロ磐田
32ゴール 38ゴール

※通算得点はJリーグ、JリーグYBCルヴァンカップの対戦成績となります。

直近の対戦成績
2017年明治安田生命J1
第27節
9/23(土祝) 16:00 ヤマハ
AWAY
ジュビロ磐田
磐田
大宮アルディージャ
大宮
2017年ルヴァンカップ
第7節
5/31(水) 19:00 ヤマハ
AWAY
ジュビロ磐田
磐田
大宮アルディージャ
大宮
2017年明治安田生命J1
第3節
3/11(土) 15:00 NACK
HOME
大宮アルディージャ
大宮
ジュビロ磐田
磐田

チームスタッツ

大宮アルディージャ 項目 ジュビロ磐田
1.0(13)ゴール1.3(9)
11.7(6)ドリブル10.2(9)
12.6(15)クロス18.0(2)
490.9(10)パス593.4(2)
1.8(18)インターセプト2.3(6)
26.3(3)クリア15.6(22)
19.6(4)タックル19.1(7)
9.0(12)シュート10.2(9)
2020年8月11日現在 ※試合平均値。()内はリーグ順位

得点パターン

大宮アルディージャ 項目 ジュビロ磐田
0
PKから
1
2
セットプレー直接から
1
2
セットプレーから
4
0
ドリブルから
2
1
クロスから
1
1
スルーパスから
3
1
30m未満のパスから
0
0
30m以上のパスから
0
1
こぼれ球から
1
1
その他
0
9
合計
13

ランキング

大宮アルディージャ
ゴール アシスト
奥抜 侃志 1 酒井 宣福 1
翁長 聖 1 近藤 貴司 1
戸島 章 1 翁長 聖 1
西村 慧祐 1 黒川 淳史 1
黒川 淳史 ほか3名 1 富山 貴光 1
ジュビロ磐田
ゴール アシスト
ルキアン 5 大森 晃太郎 3
小川 航基 3 櫻内 渚 1
大森 晃太郎 2 山本 康裕 1
中野 誠也 1 松本 昌也 1
上原 力也 1 ルキアン 1
大宮アルディージャ ジュビロ磐田
ゴール アシスト ゴール アシスト
奥抜 侃志 1 酒井 宣福 1 ルキアン 5 大森 晃太郎 3
翁長 聖 1 近藤 貴司 1 小川 航基 3 櫻内 渚 1
戸島 章 1 翁長 聖 1 大森 晃太郎 2 山本 康裕 1
西村 慧祐 1 黒川 淳史 1 中野 誠也 1 松本 昌也 1
黒川 淳史 ほか3名 1 富山 貴光 1 上原 力也 1 ルキアン 1
データは全て2020年8月11日現在 

PREVIEW IWATA


連勝の勢いそのままにNACKへ乗り込む

 J2開幕から10試合を終えて5勝2分3敗の磐田。1年でのJ1復帰を掲げるチームにとって最低限の成績とも言えるが、「常時勝っていなければいけないチーム」と小川航が語るように、現状には決して満足していない。
 それでも勝利を収めた前節・松本戦は、これまで達成できていなかった2つの成果をあげた。1つめは、今シーズン初の逆転勝利を収めたこと。これまで先制されると2分3敗と苦手意識を持ってきたが、2試合連続得点中の大森、バースデーゴールを挙げた小川航の活躍もあり、「これから自信になっていく」(上原)と逆転に成功。2つ目は、待望の今シーズン初の連勝を飾ったこと。これまで3度の連勝チャンスは全敗していただけに、安定しない戦いぶりにもつながってきたが、「選手の気持ち的にもここで連勝できたことは大きい」と指揮官も満足する結果を手にしている。
 今シーズン最も勢いに乗った状態で迎えることができる大宮との昇格候補直接対決。ここでライバルを撃破し、3連勝で上昇気流に乗りたいところ。「大宮は非常に良いチーム。そこに勝っていかないと(J1)昇格は難しい」と語る小川航にも開幕戦以来の得点がようやく生まれた。リーグ最少失点を誇る大宮を攻略するためには、このエースの得点が必要だ。

(エル・ゴラッソ磐田担当/森 亮太)

PICK UP PLAYER
MF8 大森 晃太郎


 今シーズンFC東京から完全移籍で新加入した大森は、 サポーターから“大森様"と崇められている。J1レベルのドリブルやパスなど個人技はもちろん、味方にも好影響を及ぼすポジショニングセンスも見逃せないストロングポイントだ。また一瞬で相手の急所を突く必殺のスルーパスは、指揮官も高く評価している点で、チーム最多の3アシストもマークし、彼なしでは攻撃が成り立たないほど絶大な影響を及ぼしている。

場内マップ

磐田戦場内マップ

リンクメニュー

NTT東日本


Twitter

@Ardija_Official