ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第11節 磐田戦
明治安田J2
第11節
NTT東日本
2020 8/12(水) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
ジュビロ磐田
磐田
43'大山 啓輔
81'オウンゴール
60'伊藤 洋輝
90+5'ルキアン
DAZN/テレ玉/FM Haro!(浜松エフエム)
TV放送DAZN/テレ玉
ラジオ放送FM Haro!(浜松エフエム)

フォトギャラリー(8/9〜8/10)

高木琢也監督コメント

「新潟戦は良い入りができました。その良い時間を増やすためには、落ち着いて戦うだけでなく、常に攻める意識を持つことが必要です。細かい戦術はお話しできませんが、前線にボールが入ったときのシャドーの動きなどは、より質を高めていきたいと思います。ただ、このような暑い中での連戦で、次の試合から逆算してトレーニングの負荷や時間を考慮しなければならず、対戦相手の情報を含めて多くを伝えるのは難しい状況です。全てをピッチで解決するのではなく、ミーティングで映像を見せるなどして対応しています。

 磐田はフベロ監督が昨シーズン途中に就任されていることもあり、チーム戦術がしっかりしているチームだと思います。大森選手のような経験ある選手がゲームをコントロールし、2トップにも非常に良い選手がいます。我々は9試合で4失点と想定以上の出来ですが、何が起こるか分からない今シーズンは特に、得点することと同じように失点しないことも大事なポイントだと考えています。また、多くの選手が得点しているのは良い点ですが、もちろん複数得点できる選手がいることが理想です。それは、その選手が得点したりチャンスを作ったりすることによって、シャドーの選手の得点につながるからです。ですから、前線の選手には頑張ってほしいと期待しています。チームとしてチャンスは作れていますので、それを続けていくことが複数得点につながっていくと考えています」

選手コメント

MF22 翁長 聖 (#22翁長)
「この前も2点目が取れなかったですし、ゴール前で誰かが仕事をしないと、もっと上にはいけません。シュート練習でも監督は決め切ること強調していますし、普段から意識を高く臨んでいきたいです。個人個人がゴールに向かったプレーを選択することで、チャンスの数も今より増えていくと思います。体調管理については昼寝を含めて睡眠時間をしっかり確保した上で、食事や水分補給などを例年以上に意識しています。磐田は選手の質がすごく高いですし、外国籍選手の能力も高いと思います。チームとして連動してくるので、それに負けないように戦わなければ勝利は近づいてきません。スタジアムに足を運んでくださる方々がいる中、ホームゲームですから絶対に勝てるように頑張りたいと思います」

MF26 小島 幹敏 (#26幹敏)
「連戦でいつ出番が回ってくるか分かりません。ケガに気を付けて良い準備を続けることを意識しています。久々に出場した栃木戦では負けてしまい悔しかったですが、新潟戦のように短い時間だとしても、結果を残すという強い気持ちでプレーしたいと思います。今年はビルドアップのときに最終ラインに下がらず、ボランチが攻撃の軸になりながら前へ出ていくことを意識していますし、それは自分の特長でもあると思います。ホームゲームでは拍手で一つひとつのプレーを後押ししてもらい、皆さんの思いを受けて良いプレーができていると思います。リーグ戦では昨年3月からNACKで負けていませんし、ホームで皆さんからいただける力はすごく大きいなと感じています」




※ホームゲームでは、これまでプレビューページで掲載していたスタッツデータや対戦相手情報などを、試合前日掲載予定のデジタルマッチデープログラムページで公開いたします。お楽しみに!

Twitter

@Ardija_Official