ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第3節 京都戦
明治安田J2
第3節
 
2021 3/24(水) 19:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
京都サンガF.C.
京都
44'ネルミン ハスキッチ
18'武富 孝介
85'ピーター ウタカ
DAZN/テレ玉(第2ch)
TV放送DAZN/テレ玉(第2ch)

フォトギャラリー(3/22)

岩瀬健監督コメント

「京都戦の試合の入りは良かったと思っていますが、スローインから守備を外されてしまい失点したことはもったいなかったですし、あのような失点は今後なくしていきたいです。相手は前へ前へとアグレッシブにくるので、こちらがそれを攻守において利用できるような展開で試合を進めていきたいと思います。この試合もより素早く準備をしてチームとして連動していくことが必要ですし、守備では隙をなくし、攻撃では相手の隙やズレをついていきたいです。試合が前半途中からで、スターティングメンバーも決まっているという特別な状況で始まりますが、残りの約70分間で0-1の状況から盛り返すために戦い、スタジアムへ足を運んでいただいたファン・サポーターへ勝利を届けるために全力を尽くしたいです」

選手コメント

MF7 三門雄大 (#7三門)
「今季の京都は、前からアグレッシブにくるスタイルだと分かっていたので、中断までの18分間は、僕たちも入りから逃げ腰にならず、戦えていたと思います。再開試合も立ち上がりから球際やセカンドボールの部分で上回れるようにしっかりプレーしなくてはいけないです。京都の守備にも弱点はあるので、僕たちはそこをチームで把握しながら、チャンスを作りたいと思います。再開試合というイレギュラーな展開は、横浜F・マリノス時代に経験があり、難しさは少しあるかもしれません。ただ、しっかり自分で自分のスイッチを入れて、試合再開から全力で戦えるように準備し、自分に求められているプレーをしっかり出して、逆転勝利をあげたいです」

MF48 柴山昌也 (#48柴山)
「昨日の相模原戦はプロ入り後、初スタメンで初めて90分間プレーしたなかで、得意なドリブルの形からチャンスを作れましたが、ゴールを決めきることができず課題が残りました。京都戦はルール上、相手のメンバーが変わらない分、事前の分析がしやすいと思いますので、相手のウィークポイントをしっかり把握して、試合に臨みたいです。京都は特に球際の強さがあり、アグレッシブで個の能力が高い選手が多くいますが、僕たちは試合をひっくり返すことができると思います。自分が出場した時には、積極的に相手の嫌がるドリブルをしたり、流れを変えるプレーをしたりしてゴールをとりたいです」


※ホームゲームでは、これまでプレビューページで掲載していたスタッツデータや対戦相手情報などをデジタルマッチデープログラムページで公開しています!

Twitter

@Ardija_Official