ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
リセールサービス
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第5節 長崎戦
明治安田J2
第5節
 
2021 3/27(土) 14:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
V・ファーレン長崎
長崎
17'ネルミン ハスキッチ
32'小島 幹敏
54'小野 雅史
71'大澤 朋也

DAZN
TV放送DAZN

デジタルマッチデープログラム

・「見開きバージョン」を印刷する場合
PDFをダウンロードし、A3用紙に印刷してください。その際、印刷サイズは用紙に合わせてください。出力した2枚の印刷していない面を貼り合わせて二つ折りにすれば、1/2縮尺サイズのマッチデープログラムになります。

・「単ページバージョン」を印刷する場合
PDFをダウンロードし、A3用紙に印刷してください。表紙とP2、裏表紙とP3の組み合わせで印刷していない面を貼り合わせ、さらにホッチキスなどで留めれば原寸に近いサイズのマッチデープログラムになります。

聖地初勝利を信じて

 「ゼロで抑えられない試合が続いているので、後ろの選手として責任をすごく感じていますし、抑えたい気持ちがあります」
 開幕から4試合連続で失点している状況を受け、守備者である西村慧祐の思いは強い。大卒2年目ではあるが、そこには大宮の最終ラインを支える中心選手としての自覚が垣間見える。
 ここ2試合は、残り5分となってからの失点に泣かされている。ボールの奪いどころが定まらず、ゴール前に侵入してくる相手の自由を奪うこともできず、チームの重心が低くなる傾向が強い。西村自身も粘り強く守り切れるか、そしてボールを奪っていかに攻撃を仕掛けられるかに気を配っており、そこが課題であるのと同時に伸びしろだと感じている。
 「中央を締めてコンパクトな陣形を保ち、相手を外に追い出してスライドするという狙いを持っています。もう少しボールの奪いどころをはっきりして、自分たちがスイッチを入れるタイミングが合えば……。実際、それでうまくいっているシーンもあるので。自分たちが圧力を掛けられるシーンを増やして、日々の練習からゴールを奪う最後のところを突き詰めていければと思います」
 現在3連敗中。目標であるJ1昇格を成し遂げるためには、これ以上黒星を並べるわけにはいかない。コロナ禍において、それでもスタジアムまで足を運んでいるファン・サポーターは、ひたむきな戦いの先にある勝利を望んでいるはずだ。
 “聖地”NACK5スタジアム大宮で迎える3戦目。持ち越されている今シーズンのホーム初勝利を、必ず勝ち取りたい。
 「もちろん毎試合、絶対に勝つという気持ちで戦っていますが、結果を出せていない。それでも応援してくださる方々のためにも、ホームで勝つ姿を見せたい。中2日なので練習時間は短いですが、いい準備をして長崎に挑みたいと思います。
 自分たちが試合に勝つことが大宮のためになる。そう思っているので、ピッチに立つ選手が責任を持って、必死に戦っている姿をスタジアムに来てくれた方、そして映像で観てくれている方に届けたいです」
 23歳のディフェンスリーダーは、そんな強い覚悟と責任を胸にキックオフのホイッスルを聞く。

(粕川 哲男)

PREVIEW OMIYA


相手セットプレーに要警戒。連敗脱出を狙う

 3連敗となった京都戦後、最終ラインの中央でフル出場を果たした櫛引は「最後の5分での失点が多くなっている。集中していたつもりですけど……。今シーズン最後にしないといけないし、これ以上負けられない気持ちで練習からやっていかないといけない」と悔しさをにじませた。
 また、今シーズン、自身初ゴールを決めたハスキッチは「前半は準備してきたものを見せることができました。後半はチームとしてもっといろいろとできたと思います。後半のプレーを分析、改善して1度勝てれば、波に乗ることができるはずです」と前を向いた。
 そうした思いを実際にピッチ上で表現し、勝点3を手に入れたい。勝てないもどかしさは誰もが感じているところだ。対戦相手の長崎も4試合を終えて1勝1分2敗の15位と苦戦している。大宮との勝点差は「1」。今日の勝敗によって順位が入れ替わる。ぜひ、逆襲の契機としたい。
 岩瀬監督が「(長崎戦で)勝負を分けるポイントだと思っています」と語るのがセットプレーだ。秋野という素晴らしいキッカーを擁する長崎は今シーズンCKから2点奪っている。CKからの失点が目立つ大宮としては失点を回避し、そこからゴールへ、勝点3へと結びつけたい。
 大宮を愛する人々は、今シーズンのホーム初勝利を待ち望んでいる。

(粕川 哲男)

DATA ANALYSIS

対戦成績

通算対戦成績
大宮アルディージャ V・ファーレン長崎
4勝 1分 1勝

大宮勝利: 引分け: 相手勝利:

※通算対戦成績はJリーグ、JリーグYBCルヴァンカップの対戦成績となります。

通算得点
大宮アルディージャ V・ファーレン長崎
7ゴール 2ゴール

※通算得点はJリーグ、JリーグYBCルヴァンカップの対戦成績となります。

直近の対戦成績
2020年明治安田生命J2
第29節
10/25(日) 14:00 NACK
HOME
大宮アルディージャ
大宮
V・ファーレン長崎
長崎
2020年明治安田生命J2
第15節
8/29(土) 19:00 トラスタ
AWAY
V・ファーレン長崎
長崎
大宮アルディージャ
大宮
2019年明治安田生命J2
第34節
9/28(土) 19:00 NACK
HOME
大宮アルディージャ
大宮
V・ファーレン長崎
長崎

チームスタッツ

大宮アルディージャ 項目 V・ファーレン長崎
1.0(12)ゴール1.0(12)
11.0(8)ドリブル13.5(2)
14.0(13)クロス19.5(6)
442.3(12)パス611.8(2)
2.5(2)インターセプト1.3(11)
21.3(16)クリア17.3(19)
17.3(20)タックル18.0(16)
9.5(9)シュート10.3(6)
 

PREVIEW NAGASAKI


今は生みの苦しみを越える過程

 2018年以来のJ1昇格を目指す長崎は、今シーズンから吉田新監督が就任。昨シーズンはコーチという立場でチーム作りに携わっており、昇格という形となった。ボールを保持しながら試合の主導権を握り、勝利へと結びつけるという、昨年、勝点80を獲得したチームスタイルはそのままに、さらなる進化を目指すためのクラブの決断だった。
 その進化とは攻守におけるスピードアップ。守備ではアグレッシブにボールを奪いに行く姿勢をより強く持つこと。攻撃では不用意なバックパスを減らし、チャンスと見れば果敢に前へ狙いを持ったパスを供給していくこと。昨年、昇格のために足りなかった勝点4の差を埋めるために、長崎はアグレッシブさの強化に取り組んでいる。
 開幕から1勝1分2敗と結果こそ、苦しいスタートとなったが、どの試合でもゲームを支配する時間は作れており、産みの苦しみの時期を味わっていると言ったところだろう。昨年の主力のほとんどが残留しており、その顔触れはJ2でも屈指のタレント集団と言える。歯車がかみ合えば、昨年のような快進撃は十分に可能であり、大宮との一戦をその契機としたいところだ。昨年の対戦は昇格争いの最中、スコアレスドローに終わった。NACK5スタジアム大宮で味わった悔しさを晴らすため。そして、自信をつかむための勝利を目指す。

(エル・ゴラッソ長崎担当/杉山 文宣)

PICK UP PLAYER
MF17 秋野 央樹


 背番号17が最終ラインに落ち、ボールを持ったところから長崎の攻撃は始まる。左足からの正確なパスで攻撃のリズムを作り、前線の選手たちの能力を引き出す姿はまさに長崎の指揮者。また、2年連続でキャプテンを務めるなど精神面でもチームを支える頼もしい存在だ。昨シーズンは昇格の可能性が絶たれた試合で涙しただけに昇格への思いは誰よりも強い。昇格のために欠かすことのできないキーマンだ。


リンクメニュー

Twitter

@Ardija_Official