ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
選手・スタッフ
試合日程・結果
スケジュール
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
PLAYERS & STAFF
MATCH

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第12節 新潟戦
明治安田J2
第12節
 
2021 5/5(水祝) 14:00
NACK
Premium
大宮アルディージャ
大宮
アルビレックス新潟
新潟
31'中野 誠也
59'ネルミン ハスキッチ
15'早川 史哉
74'本間 至恩
81'星 雄次
DAZN
TV放送DAZN

デジタルマッチデープログラム

・「見開きバージョン」を印刷する場合
PDFをダウンロードし、A3用紙に印刷してください。その際、印刷サイズは用紙に合わせてください。出力した2枚の印刷していない面を貼り合わせて二つ折りにすれば、1/2縮尺サイズのマッチデープログラムになります。

・「単ページバージョン」を印刷する場合
PDFをダウンロードし、A3用紙に印刷してください。表紙とP2、裏表紙とP3の組み合わせで印刷していない面を貼り合わせ、さらにホッチキスなどで留めれば原寸に近いサイズのマッチデープログラムになります。

光が射すまで

 またしても勝点3に届かなかった。自らの左足で先制点を奪い、同点とされてからも闘う姿勢を失わず、試合終了の笛が鳴るまで全員でゴールを目指した。それでも、前節の東京ヴェルディ戦は引き分けに終わり勝点1。未勝利は6試合に伸びている。
 「本当に勝ちたかった。勝点3を取れるゲームでしたし、絶対に取らなきゃいけなかった。だから、ただただ悔しかったんです」
 タイムアップの瞬間、仰向けにピッチに倒れ込んで頭を抱えた小野雅史は、すぐに上体を起こし、勝てなかった悔しさをぐっと嚙みしめると、ピッチ中央に整列して深々と頭を下げた。
 「自分の形を狙い通りに出せました」という技ありのシュートで均衡を破ったが、3分後にクロスボールからネットを揺らされた。「フリーでクロスを上げさせたことにフォーカスした方がいい。サイドをやっている身としては、もっともっと厳しく行く必要があったと思いますし、責任を感じています」と小野が振り返った失点は、チームの課題があらためて浮き彫りになった格好だ。
 とはいえ、収穫がなかったわけではない。もがき苦しんでいる選手たちにはセカンドボールを拾う共通意識があり、ゴール前に侵入する積極性があり、最後まで勝利を諦めない貪欲さがあった。1-1に追いつかれて迎えた77分、小野が左足で放った思い切りのいいミドルシュートも、“勝ちたい気持ち"を表わしていた。
 「やっぱり得点が欲しかったですし、長い間ピッチに立っている選手としてチームを変えたい気持ちもありました。少し強引ではあったかもしれませんが、チームに勢いをつけるため、チームを勝たせるために必要なプレーだと思い、チャレンジしました」
 小野自身も、徐々にではあるがチームが良い方向に向かいつつあると感じている。大切なのは続けること。また、勝利をつかめば一気に状況を変えられると信じている。今シーズン、リーグ最多得点、リーグ最少失点で首位に立つアルビレックス新潟を相手に結果を残せば、長いトンネルの先に光が見えるはずだ。
 「(新潟戦を)自分たちが置かれた状況を変えるきっかけにしないといけない。ホームで首位の新潟に勝てれば、自分たちもきっと自信を得ることができる。選手全員でブレることなく、勝つための準備をしたいと思います」

(粕川 哲男)

PREVIEW OMIYA


苦境を抜けるため、今できることに全力を注ぐ

 11試合を戦い2勝3分6敗。3月末の長崎戦を最後に6試合勝利がない。19位以下の4チームがJ3リーグ降格となる今シーズンのJ2において、現在20位と苦しんでいる。
 J1残留を勝ち取り続けた勝負強さ、21戦無敗を成し遂げた日々、年間8敗での歓喜のJ2優勝、クラブ史上最高位となる5位でフィニッシュした2016シーズンなどを記憶しているファンとしては、J2で下から3番目という現状は受け入れるのが難しいほどだろう。正直、僕自身も「どうして?」という思いを拭い切れないでいる。
 しかし、それが現実である以上、向き合うほかない。東京V戦の前後に発せられた岩瀬監督の「今までの結果は変えらないものですが、自分たちが変えられるものに全力を注ぎたい」や、主将を務める渡部の「今の順位が自分たちの実力だと思いますし、それは受け入れなければいけません」といったコメントに、そのことを気づかされた。
 過去と比べて現在の状況を嘆くのではなく、できることに注力する。そうすることでしか苦境は抜け出せないだろう。
 東京V戦では、最後まで勝利を目指す姿勢が見られた。勝点3を手にすることはできなかったが、気持ちは伝わってきた。今節、首位に立つ新潟が相手でも、自分たちにできること、すべきことに変わりはない。  

(粕川 哲男)

DATA ANALYSIS

対戦成績

通算対戦成績
大宮アルディージャ アルビレックス新潟
20勝 18分 20勝

大宮勝利: 引分け: 相手勝利:

※通算対戦成績はJリーグ、JリーグYBCルヴァンカップの対戦成績となります。

通算得点
大宮アルディージャ アルビレックス新潟
72ゴール 76ゴール

※通算得点はJリーグ、JリーグYBCルヴァンカップの対戦成績となります。

直近の対戦成績
2020年明治安田生命J2
第42節
12/20(日) 14:00 NACK
HOME
大宮アルディージャ
大宮
アルビレックス新潟
新潟
2020年明治安田生命J2
第10節
8/8(土) 18:00 デンカS
AWAY
アルビレックス新潟
新潟
大宮アルディージャ
大宮
2019年明治安田生命J2
第41節
11/16(土) 14:00 NACK
HOME
大宮アルディージャ
大宮
アルビレックス新潟
新潟

チームスタッツ

大宮アルディージャ 項目 アルビレックス新潟
1.0(13)ゴール2.5(1)
9.2(11)ドリブル10.7(9)
14.2(15)クロス13.1(16)
569.2(4)パス630.3(1)
1.3(8)インターセプト1.8(2)
19.7(19)クリア19.5(21)
16.5(18)タックル20.5(5)
8.4(15)シュート9.5(9)
2021年5月4日現在 ※試合平均値。()内はリーグ順位

得点パターン

大宮アルディージャ 項目 アルビレックス新潟
0
PKから
1
0
セットプレー直接から
1
1
セットプレーから
8
2
ドリブルから
2
3
クロスから
8
1
スルーパスから
3
0
30m未満のパスから
2
0
30m以上のパスから
1
4
こぼれ球から
1
0
その他
1
11
合計
28

ランキング

大宮アルディージャ
ゴール アシスト
ネルミン ハスキッチ 3 馬渡 和彰 3
小野 雅史 2 小野 雅史 1
小島 幹敏 1 松田 詠太郎 1
奥抜 侃志 1 矢島 輝一 1
柴山 昌也 ほか3名 1 中野 誠也 1
アルビレックス新潟
ゴール アシスト
高木 善朗 6 高木 善朗 7
鈴木 孝司 4 本間 至恩 4
本間 至恩 3 島田 譲 3
谷口 海斗 3 堀米 悠斗 2
千葉 和彦 ほか2名 2 星 雄次 2
大宮アルディージャ アルビレックス新潟
ゴール アシスト ゴール アシスト
ネルミン ハスキッチ 3 馬渡 和彰 3 高木 善朗 6 高木 善朗 7
小野 雅史 2 小野 雅史 1 鈴木 孝司 4 本間 至恩 4
小島 幹敏 1 松田 詠太郎 1 本間 至恩 3 島田 譲 3
奥抜 侃志 1 矢島 輝一 1 谷口 海斗 3 堀米 悠斗 2
柴山 昌也 ほか3名 1 中野 誠也 1 千葉 和彦 ほか2名 2 星 雄次 2
データは全て2021年5月4日現在 

PREVIEW NIIGATA


開幕から無敗を継続。首位に立つ要因とは

 アルベルト監督体制2年目も「ボールを保持して試合を支配するサッカー」を継続。そのスタイルは成熟度を増し、開幕戦から11試合負けなしだ。全試合で先制点を挙げて多くの時間で主導権を握り、苦しい展開になっても勝点1をもぎ取ってきた。現在、得点はリーグ最多の「28」で、失点はリーグ最小の「7」。首位を走り続けている。
 新潟が進化したのは、新加入の千葉の存在が大きい。相手のプレッシャーに動じることなくボールを保持し、ハーフウェーライン付近まで持ち運べる。そのため、攻撃の選手がボールを受けに降りる必要がなくなり、ボランチの一人も攻撃参加できるようになった。出場した3列目以前の全員が得点しているのは、その象徴だ。ボールを保持していれば守備の時間も減る。ピンチの芽はボランチの島田と高が摘み取り、ゴール前で守備する時間を作らないからこそ、失点も少ないのだ。
 ただ前節・千葉戦は今シーズン、最も押し込まれた。パスをつなぐことにこだわり、足もとばかりになったところを狙われて、相手のプレスにハマったのが原因だ。徐々に分析と対策をされてくるなかで、それを上回ることが今後の課題となる。
 今節は今シーズン2度目の3連戦の2戦目。前回は先発3名を入れ替えた。誰が出ても勝点を奪えることを証明し、開幕不敗記録を「12」に更新したい。

(エル・ゴラッソ新潟担当/野本 桂子)

PICK UP PLAYER
FW7 谷口 海斗


 昨シーズンのJ3得点王が、J2の舞台で輝き出した。第10節・愛媛戦(2-0)で初ゴールを決めると、自身のJ通算100試合出場を迎えた第11節・千葉戦(2-0)でメモリアルゴールを2発。CKに合わせた正確なヘディングと、カットインからニア上をぶち抜く大胆なシュートでサポーターを魅了し、苦しい試合を勝利に導いた。「チームを勝たせる得点をこれからもしていきたい」。今節は3試合連続ゴールを狙う。

リンクメニュー

Twitter

@Ardija_Official