ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第16節 千葉戦
明治安田J2
第16節
 
2021 5/29(土) 14:00
NACK
Premium
大宮アルディージャ
大宮
ジェフユナイテッド市原・千葉
千葉

40'見木 友哉
52'サウダーニャ
DAZN
TV放送DAZN

監督交代初戦は完敗、後半のサイド攻撃も実らず

 さあ、逆襲だ。J3降格圏の21位で監督交代の大ナタを振るわなければならなかったのは痛恨の極みだが、前を向いて進むしかない。

 明治安田J2第16節は、千葉を相手に迎えるホームゲーム。前節の敗戦後に岩瀬前監督が解任となり、2011年に日本女子代表なでしこジャパンをFIFA女子ワールドカップ優勝に導いた佐々木則夫トータルアドバイザーが指揮を執る。

 変化は、メンバー起用にも表れていた。最終ラインには、ベテランの河本を起用。また、これまで途中出場が多かった翁長を左サイドハーフで起用し、小野が右に回る布陣となった。攻守のシステムは、前節の北九州戦と大きくは変わらない。黒川が攻撃ではトップ下で中盤に加わり、守備では2トップの一角として相手にプレッシャーをかける。中盤では、小島が低い位置で攻撃のかじ取り役を務めた。
 
 試合序盤、互いに激しいコンタクトプレーを見せる展開となった。相手の5バックは容易には崩せないが、ボールを奪われても黒川がすぐさま前線でしつこくプレッシャーをかけ、前線あるいは中盤でボールを回収。連続攻撃につなげ、試合をやや優位に進めた。

 ただし、敵陣でボールを回す時間こそ長いものの、決定機が作れない。そのため、カウンター気味にサイド攻撃を受け、笠原がスピードのあるクロスをパンチングで防ぐなど危険な場面が訪れた。そして40分、低いクロスを弾き返せずに中央で決められ、先制を許した。

 前半の終盤は、連続コーナーキックで相手ゴールに迫り、河本の強さで勝負。最後は櫛引が右コーナーキックに合わせてヘディングシュートを放ったが、ゴールの枠を捉えられず。

 1点ビハインドで迎えた後半、両サイドバックがポジションを入れ替え、右に渡部、左に馬渡となった。

 51分、相手のバックパスに黒川がプレッシャーをかけると、連動して前に出た翁長がボールを奪取。こぼれ球を拾った黒川がGKと1対1になりシュートを放つ決定機が訪れたが、シュートはゴール右に外れた。

 その1分後、サイドから攻め立てられると、中央の密集地帯を巧みにかわされ、ラストパスをFWサウダーニャに押し込まれて追加点を奪われた。

 ベンチが動いたのは、56分。イバ、柴山、山田の3人を一気に投入し、流れを変えにいく。黒川に代わって入ったイバが、ハスキッチと2トップを組み、先発より定位置が明確な4-4-2となった。

 終盤は、翁長のロングスローを含め、サイド攻撃に活路を見出した。右サイドバックに入った山田は「セットプレーでの高さ、守備の部分でタイトにいってから素早く攻撃に転じるところ。前線に高い選手がいるので積極的にクロスを供給する狙いがあった」と交代時に託されたタスクを明かした。

 佐々木監督は、外国籍2トップでのアタック、ロングスローを含めたセットプレーでの高さ勝負といったプランを事前に練っていたという。試合の流れに関わらずチャンスを作れるパワープレー、セットプレーを想定していたあたりは、特に終盤はチャンスとなった。

 73分、山田のクロスをイバがヘディングシュート。続けて74分には、ロングスローの二次攻撃から、翁長のクロスをハスキッチが左足でシュートする好機が生まれたが、GKの好守に阻まれた。

 獲得したコーナーキックは10本。強引でもゴールに迫る形は作れたが、無得点のままタイムアップ。0-2で逃げ切られた。

 試合後、翁長は「アタッキングサードに入る回数は増えたと思いますが、決めきるところが課題たと思います。自分のプレーに関しても、ゴールを狙っていましたが、それができなかった。後半のパワープレーも同じく、決められなかったことがすべてだと思います」と言葉少なに語り、ゴールを奪えなかった悔しさをにじませた。

 11試合未勝利のトンネルから抜け出す1勝を求め、次節は金沢とのアウェイゲームに挑む。

(総評:平野貴也/写真:早草紀子)

フォトギャラリー

マッチハイライト映像

佐々木則夫監督 会見コメント

「今日は必ず勝点3を取ろうという意識で、スタートから全開でいこうと試合に入りました。ハイプレスも含めて、今週のミーティングやトレーニングでやってきたことを100%ではないですがやってくれました。我々にも好機はありましたが、これまで同様に勝利の女神が少し遠ざかっている傾向があると感じました。ケガ人も多いですがなんとか勝たせようと、状況に合わせたゲームプランを立てて試合に臨んだのですが、負けてしまったことをしっかり反省して、次の金沢戦に向けて準備したいです。新しく監督になったばかりの自分が下を向いてしまってはしょうがないので、前を向いて、選手を鼓舞して、次の試合で勝利できるように、チームを引っ張っていきたいです」

選手コメント

MF22 翁長 聖 (#22翁長)
「アタッキングサードに入る回数は増えたと思いますが、最後に決め切ることが課題だと思います。前のポジションで出場したので当然ゴールを狙っていたのですが、それができずすごく悔しいです。ロングスローなど終盤に押し込んだ時間帯もありましたが、ゴールを決めないと勝てないですし、それがすべてだと思います。手応えがあった点としては、前から守備にいけてその中で大きなチャンスを作れたことは良かったですし、チームとしての形が出たと思います。ただ僕らはゴールを取るため、勝つためにサッカーをしているので、そこはしっかりゴールを決められるようにならないといけないと思います」

DF43 山田 将之 (#43山田)
「セットプレーで高さを出すこと、タイトな守備から攻撃に素早く転じること、前線に高い選手がいるのでクロスを積極的に供給するという狙いを持って試合に入りました。セットプレーが多かったなかで点が取れなかったことは新たな課題です。攻撃面の狙いは共有できているので、そこの精度をもっともっと上げられれば得点につながると思いますし、個人としては少ない時間でも結果を残さないと上のレベルにはいけないと思うので、反省して次に向けてやっていきたいです。一人ひとりがどれだけ結果を求めて練習から取り組めるか、気持ちの部分はもちろんですがスキルで上回らないと勝てないので、両方を突き詰めていきたいです」

MF48 柴山 昌也 (#48柴山)
「0-2という状況からの出場でしたので、得点をあげて逆転させるために変化を与えようとプレーしましたが、無得点に終わってしまったので、反省しています。ハスカとイバのツートップは背も大きくヘディングも得意で、クロスから点をとれる選手ですので、うまくチャンスを作りたかったですが、少し2人のイメージと僕のイメージがあわずなかなかチャンスを作れませんでした。チームがこういう状況でも、今日は4000人を越えるサポーターがスタジアムに駆けつけてくれて、そのなかで試合ができるということは、サッカー選手として幸せなことです。応援してくれる皆さんのために、結果で恩返しすることが自分たちの宿命だと思います。次の試合にむけてしっかり準備したいと思いますので、次節も応援よろしくお願いします」

Twitter

@Ardija_Official