ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第21節 山形戦
明治安田J2
第21節
ステラタウン
2021 7/3(土) 19:00
NACK
Premium
大宮アルディージャ
大宮
モンテディオ山形
山形
4'イバ
13'中原 輝
45+3'山田 康太
59'加藤 大樹
DAZN
TV放送DAZN

フォトギャラリー(6/29~7/1)

霜田正浩監督コメント

「山口戦では後半に少し押し込まれてしまったことは反省点としてありますが、それ以外は想定通りにプレーできていました。『どうやって点を取るか』というものの一つにショートカウンターがあり、前節は決定機を作れていたので継続していきたいです。ここ3試合、ベンチから見ていると選手たちから一体感や躍動感が伝わってきますし、目に見える変化が出てきています。初めて勝ったことで成功体験をつかめましたので、より自信を深めていくためにももっと勝っていくことが重要です。山形は戦術がしっかりしていて、連勝していることからメンタル面での充実がプレーにつながっていると思います。選手には『ホームで勝たなきゃプロじゃない』と伝えました。3か月間、勝利を待っていたサポーターに今度はホームで勝利を届けたいです」

選手コメント

DF3 河本 裕之 (#3河本)
「山口戦では攻守において狙いとしているものが出せていましたし、試合直前の円陣で『霜さんのために絶対勝とう』という三門選手の言葉もあったので、勝つことができてよかったです。途中で交代してしまったので、ベンチからずっと祈りながら試合を見ていましたし、試合終了の時はすごくうれしかったです。霜さんになってすごくチームがいい方向に向かっています。練習からチャレンジしたことを褒めてくれますし、選手はミスを怖がらず、すごくやりやすさを感じていて雰囲気は良いです。ただ、まだ順位は変わっていないので、まだまだこれから勝点を積み重ねていかなくてはいけません。ここ最近3試合はチームとしていいプレーができていますし、特にホームゲームではサポーターからの手拍子が選手に伝わってくるので、結果を出してファン・サポーターの皆さんを喜ばせたいです」

DF24 西村 慧祐 (#24西村)
「負傷からの復帰戦となった山口戦では、個人的には納得のいくものではありませんでしたが、周りとコミュニケーションをとりながら失点をせずに守り抜けたことはよかったです。試合勘はまだまだですが、90分通して戦えたことはポジティブに捉えています。チームとしては、前線の選手も前からプレッシャーをかけてくれているので後ろの選手は助けられていますし、とてもコンパクトな守備ができています。勝利したことでトレーニングもより雰囲気が良くなっているので、この勢いを継続していきたいです。山形戦も前節同様に攻守において全員で共通意識をもって戦わなくてはいけないと思いますし、自分たちが順位を上げていくためには、連勝が必要です。ホームで長い間勝利をお届けできていないので、山形戦でも勝てるようにプレーしたいです」


※ホームゲームでは、これまでプレビューページで掲載していたスタッツデータや対戦相手情報などをデジタルマッチデープログラムページで公開中です。

Twitter

@Ardija_Official